日本語対応した「Poweramp Music Player」の使い方をおさらい

Androidのミュージックプレイヤーといえば「Poweramp Music Player」が大定番ですが、
2月12日のアップデートでついに念願の日本語対応となり、設定方法がわかりやすく扱いやすくなりました。

以前も紹介記事を書いていますが、改めて始めて使う人向けにここだけは押さえておきたい基本設定を紹介します。


2012y02m14d_213809105.jpg

タイトル:Poweramp Music Player (Trial) マーケットへ
価格:無料
その他:使用期限はあるものの期限後も使用は可能



ステップ0【無料版と有料版の違いについて】

FZ84.jpg

15日間(起動しなかった日はノーカウント)起動したあとは、画像ように期限切れメッセージが表示されます。
しかし機能に制限がかかることなく「キャンセル」をタッチすればそのまま使用可能。
※但し曲を再生した時などに毎回メッセージが表示されるので、煩わしいと感じる場合は有料版にする必要があります。
また削除して再インストールしてもメッセージは必ず表示されます。

Poweramp Full Version Unlocker マーケットへ
有料版に切り替える上記の解除キーを422円で購入。 無料版のほうが本体となるのでそちらも削除はしません。





ステップ1【音楽ファイルの準備】

<音楽ファイルに歌詞・アルバムアートを埋め込む>

2011y09m10d_153635533a.jpg「PowerAMP Music Player」で歌詞・ジャケットを埋め込む方法

以前書いた記事の【歌詞・ジャケットデータを音楽ファイルに埋め込む】をご覧下さい。
iTunesとフリーソフトのLyrics Masterの2つPCにインストールする必要があります。


<SDカードに音楽ファイルを入れる>
「music(フォルダ名任意)」フォルダを作成しその中にファイルを入れる。
musicフォルダ内にサブフォルダを入れても認識します。




ステップ2【抑えるべき基本設定】
重要度の高い設定のみピックアップしています。
以下、全て設定の入り方は端末メニューボタン→「メニュー拡大」→「設定」


【スタートアップとUI】

<スタートアップスクリーン>
起動時の表示画面を選べます。フォルダもしくはライブラリがオススメ

<テーマ>
再生ボタン周りの色が変化します。
初期設定のDefaultは見にくいのでAluminumがオススメ

<アルバムアート>
ステップ1で自分でアルバムアートを指定した場合は以下の設定にしておく
①:「フォルダ内イメージを優先」にチェック入れる
②:「アルバムアートのダウンロード」と「ダウンロード済アルバムアートを優先」のチェックを外す
その他の項目は初期状態のまま

※もしPoweramp Music Playerの自動的にアルバムアートを取得する機能を使いたい場合は②の2つにチェック入れ、①のチェックを外す。
必ずしも最適なアルバムアートが見つかるわけではないので、やはり自分で埋め込んだほうがいいです。
気に入らないアルバムアートをこのアプリでダウンロードした場合は一番下の「アルバムアートキャッシュの消去」で消せます。

<ルックandフィール>

・スクリーン常時ONにチェック入れる。
※ARROWS Zではチェック入れても一定時間でスリープ状態になるので不明。

・歌詞→「タグから」
※埋め込んだ歌詞がワンタッチで表示されるようになる。表示のさせかたは後述


【フォルダ/ライブラリ】

<再スキャン>
SDカードに新しく音楽ファイルを入れた場合、再スキャンすると反映される

<音楽フォルダ>
初期状態ではSDカード内全てがスキャン対象となっているので、音楽ファイルを入れてるフォルダのみチェック入れる。

<高度な設定>
★日本語の文字化け防止設定★← 一番重要な設定

「高度な設定」→「フォルダ/ライブラリ/スキャナ」→「タグエンコーディング」→Japanes(Shift_JIS)にチェック入れて「フル再スキャン」
初期起動では日本語が文字化けしていますが、この方法で正常表示になります。





ステップ3【音楽再生機能】

<歌詞を表示する>
音楽再生中に、「端末メニューボタン」→「歌詞」

<プレイリスト作成>
「フォルダ」から任意の音楽フォルダを選択
「端末メニューボタン」→「プレイリスト追加」→プレイリストに入れたい音楽をタッチして選択
→「追加」→「新規プレイリストを作成」もしくは作成済みの所をタッチして完了

FZ85.jpgFZ86.jpg
プレイリストは「ライブラリ」→「プレイリスト」から見ることができます。

<ファイル情報を修正>
音楽再生中に「端末メニューボタン」→「メニュー拡大」→「情報/タグ」→「タグの編集」
※ここで修正した場合SDカード内のファイルにも情報が上書きされます。

<着信音に設定>
音楽再生中に「端末メニューボタン」→「メニュー拡大」→「着信音」→「OK」
※着信音設定するとAndroid側の着信音リストからファイルを削除することがアプリからでは行えません。
リストから削除したい場合はAirDroidというアプリを使う方法が最も簡単です。
2012y01m12d_220009759.jpgブラウザを使って簡単にファイル送受信・編集できる「AirDroid」の使い方



以上が使い方の説明になります。
イコライザー機能などは上級者向けで私もよくわからないのでいじっていませんが、初期状態もままでも十分音質が綺麗です。
これから始めて使う人はここまでの設定と使い方を覚えていれば十分です。


[ 2012/02/14 23:02 ] Android(アプリ) | TB(0) | CM(1)


ここで文字化け解消できました!!ありがとうございました!
[ 2013/06/17 21:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/466-70e371b6







QLOOKアクセス解析