Android Studio 3.3.2インストールして日本語化させる方法

かつてこのブログでは「Android版 パズドラを機種変更でバックアップ&データ移行方法」記事が大ヒットし、ピーク時は1日PV1万超え、雑誌週刊アスキーからブログ掲載連絡を受けたこともありました。
(雑誌掲載数日前にGoogleアカウントバックアップ機能が追加され、掲載恩恵は全く無かった・・・)

それ以降AndroidSDKを使うことは全く無くなってしまいましたが、久しぶりに入れてみることにしました。

当時は結構ややこしく、Java Platform (JDK)を別途インストールしたり、PATH設定したりと面倒でしたが、今はAndroid Studio名称に変わり、インストールするだけなら簡単に最初の画面まで開くことができるようになっていました。(そこから先は敷居高いけど)

というわけで、とりあえず日本語化させるところまでメモがてら記事にしました。

[ 2019/04/13 16:57 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(0)

Androidエミュレーター「Nox Player」はOS非対応となった起動不可アプリも動作

最近のPC用Androidエミュレーターで最も評価が高い、完全日本語対応の「Nox Player
特にゲームアプリの動作が非常に優秀で、Android端末を持っていない人でもGooglePlayストアから自由にダウンロードして遊べます。

また昔購入した「マジカペ」という羽根物パチンコアプリは、AndroidOS4辺りで全く動作しなくなってしまいましたが、Nox Playerでは動作させることができました。

使い方は初心者でも簡単で上記サイトからソフトをダウンロードしてインストールするだけで即ホーム画面が立ち上がります。
(AndroidSDKの構築も不要)

[ 2017/08/18 14:20 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(0)

SDK環境無しで全てのAndroid端末にADBドライバをインストールできる「15 seconds ADB」の使い方

Heliumアプリを使ったデータバックアップ&復元、MoreLocale2アプリで海外端末の日本語化をするためにADBドライバをインストールすることがあるかと思いますが、一部メーカーのAndroid端末はADBドライバーがどこで公開されているのかわからないことも多々あります。

現在使用しているHuawei Mate9も、PC向けに公開されているHiSuiteを使っても自動的にADBドライバはインストールされず、ドライバのみ公開されているページも見つかりませんでした。

そこでAndroidSDK環境を構築していなくてもPCにUSB接続するだけで、(多分)どんなAndroid端末でもADBドライバをインストールできるフリーソフト「15secondsADB」を使って見ました。

[ 2017/05/19 15:35 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(0)

GenymotionをインストールしPCでXperia Tablet Zをエミュレートする

Android SDKを使わずにPC上でエミュレートするフリーソフトは「BlueStacks」が有名ですが、もうひとつ「Genymotion」もあるようです。

2015y04m19d_135349819.png

このソフトの特徴はNexusやXperiaなど実機と同様の物がエミュレートできてしまいます。

このソフトの使い方、設定手順は色んなサイトで紹介されていましたが、いくつかエラーなども発生し動作させるまでに時間がかかったので、その辺りを自分なりに手順をまとめておきました。

[ 2015/04/19 15:08 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(1)

2015年 1月最新版 Android SDKインストール手順(Windows8対応)

2015年1月時点での最新版AndroidSDKインストール手順。
Windows8及び8.1向けですが、Vista・7でも同様の方法で大丈夫だと思います。

なお私自身プログラム等の知識は皆無で、ネットの情報を元に自分で試した結果を細かい手順を省かず初心者向けにまとめたものですので、この手順以外での不明点などはお応えできない可能性が高いのでご了承ください。

STEP1:必要なソフトをダウンロード


AndroidSDK本体
Java Platform (JDK)

SDKのダウンロードはリンク先の、SDK Tools Onlyの項目(ページ下段辺り)にある「android-sdk_r24.0.2-windows.zip」をダウンロード

JAVAのダウンロードはリンク先から
Accept License Agreementにチェックを先に入れておき、PCが64bit機なら「jdk-7u71-windows-x64.exe」32bit機なら「jdk-7u71-windows-i586.exe」をダウンロード。

※上記は記事作成日時点でのverですので最新版が出ていればそちらを使います。
なお後述の項目でも現verでのファイル名表記となっていますので、そこは最新版のファイル名に当てはめて行ってください。

[ 2015/01/04 18:11 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(9)