OPPO公式楽天市場ならReno Aはキャッシュレス5%還元のはず(但し発売後)

ハイスペック機しか興味が無いですが、10/18に発売される「OPPO Reno A」は
・SIMフリー機でもおサイフケータイ付き
・ディスプレイ指紋認証
・アウトカメラ1600万画素、インカメラ2500万画素
・RAM6GB、 Snapdragon710で性能ソコソコ
これで、定価39380円は中々のコスパで、形状・デザインともイケてる。

OPPO.jpg

goosimsellerは22000円で売ってるけどOCNの音声契約が必須。Joshinとかは定価で人気のため次回入荷11月上旬分となっている。
でも、「OPPO公式楽天市場店」はキャッシュレス5%還元対象店なので安く買える。
※現在予約商品となっていて5%還元マークが入ってないけど、発売後は恐らくマークが付くはず。

OPPO Reno Aは現時点でブラックしか在庫が無く、10月21日出荷予定で販売中。
狙うとしたら、10/23から始まるイーグルス感謝祭で5%還元+買い周り倍率+SPUでお得に購入できそう。
何よりSIMフリーでおサイフケータイ付きは魅力的。

ファーウェイの影に隠れていたけど、改めて見るとReno 10x ZoomはMateシリーズと違ったカッコよさを感じる。
レビューみるとカメラは夜間撮影で、まだまだ見劣りするようですが、今後は期待できそうなのでこれからはOPPOも購入候補メーカーに加えます。中華スマホは魅力的な端末が多い。

[ 2019/10/16 20:18 ] スマホ端末情報 | TB(0) | CM(0)

キャリア毎の対応バンド、キャリア販売スマホの対応バンド

9月1日から中古スマホのSIMロック解除義務化されるということで、白ロムでau版のXperia 1(SOV40)を解除したら、楽天モバイル(ドコモ系)で使えるのかなと思って、色々調べてみたらどうも国内のキャリア端末は、他社のプラチナバンドに対応していないらしく、使えることは出来ても地方とかでは繋がりにくくなるかもしれなかった。

海外SIMフリーを使っているので、購入時その都度対応バンドを調べていましたが、面倒なので自分のメモ用に対応バンド表を作ってみた。
(ネット情報の寄せ集めなので、勘違いしてる記述もあるかも)

[ 2019/08/29 20:40 ] スマホ端末情報 | TB(0) | CM(0)

ZenFone6は還元施策が被り初動買いしやすい、P30Proもやっと販売、初心者向けのLINE証券開始

ドコモ HUAWEI P30Pro

p30pro.jpg

やっと販売確定しても9月発売は長い。しかも詫びキャッシュバックキャンペーンも無し?
89,424円なので、白ロムが出ても直後は9万円半ばぐらいかな。
白ロム(ブラック)が即放出されるようなら、Mate20ProとNote9を売って1台持ちにして、Mate30Proが発売され次第そっちも買ってHUAWEI2台持ちにしようかな。(小型化されるXperia 2も気になるけど)
3~4ヶ月間だけの繋ぎになるかもしれないけど、キャッシュレス施策がほかにも来るかもしれないので、おサイフケータイスマホを確保しておきたい。

[ 2019/08/20 23:04 ] スマホ端末情報 | TB(0) | CM(0)

マイナーチェンジでも買い替えたいGalaxyNote9の7つの新機能

発表前から事前リークされていたGalaxyNote9は、Note8のイマイチだった点を改善させたマイナーチェンジモデルで、来年のNote10がディスプレイ埋込み型指紋認証、5G対応といった次世代機となる見込みですが、それでもNote9の価格が10万円程度なら、買い替え費用は5~6万円で済みそうなので今年も海外版をいち早く購入してしまいそう。

Note9で気になった特徴は合計7つあった。

◎指紋認証センサーが背面中央に変わった

NOTE9.jpg

→Note8で最大ネックがカメラの右に配置された指紋センサーで、これが手探りだとまず一発で成功することは無く、結局目視で指を置き直すはめになるので、1年使い込んだ今でも使いづらいと感じる。
センサー位置はGalaxyS9と同じなので、店頭モックで感触を確かめたが、この配置なら左右どちらの手でもセンサーに触れることが出来たのでネックは解消された。
Galaxy標準ブラウザには、指紋認証で各サイトのID・パスワードが自動入力でログインできる機能があるので、スリープロック解除以外にも指紋認証の利用価値が高いのです。

[ 2018/08/10 22:10 ] スマホ端末情報 | TB(0) | CM(2)

スマホでIPv6の設定と確認方法、ドコモ・au・ソフトバンク回線の対応状況、ワイモバイルでのIPv6設定方法

最近の光回線はIPv4だと、昼を過ぎると下り10MB前後、夜間になると1MB以下で、ワイモバイルのLTE回線をテザリングしたほうが速度が速いぐらいですが、モバイル回線でもIPv6に対応している所があるみたいで少し調べてみました。

スマホでIPv6の設定方法


Android端末だとAPN設定で項目がありました。

ANDIPV6.jpg

設定-モバイルネットワーク-APN-指定しているAPNの編集-APNプロトコル-「IPv4/IPv6」
これで、サイトに併せてIPv4/IPv6で接続してくれるらしい。
ワイモバイルでもIPv6接続確認できたので後述。

iOSはこうした設定項目は無いみたいで、MVNOだと構成プロファイルでIPv6対応のほうをインストールすればいいらいしい。
ドコモやau回線だと自動的にIPv6に繋がるかはよくわからない。

[ 2018/01/08 17:13 ] スマホ端末情報 | TB(0) | CM(0)