VAIO Z Canvas売却、VAIO Z(2016)とGPD Pocketの2台持ちで無駄を無くす

昨年はたまたまヤフオクで安く入手できたVAIO Z(2016)とGPD Pocketをクラウドファウンディングのマクアケで購入したけど、3年前に購入したVAIO Z Canvasも含めると3台となり、流石に普段メインのCanvasしか使っていないとかなり無駄となってしまうので、熟考した末Canvasを売り、メインZで予備(旅行用)にGPDの2台保有としました。

CANBAS.png

当時ソニーストアでカスタマイズし34万円ぐらいの上位構成だったけど、売却価格は14万円でヤフー側の手数料引くと約128000円程度。
過去の相場的にはやや低めながら、3年間ずっとメインで使ってきたしWin8.1モデルということもあるので、まずまずの価格で良かった。

2016年モデルVAIO Zレビュー|新品より10万円近く安く購入、Z Canvasより性能アップしてる

VAIO Zは始めて中古品を購入しましたが、状態はかなり新品に近く届いてから改めてカスタマイズ構成を確認すると、現在でもその構成でソニストで注文すると約30万円なので、これが14万円で買えたのは本当にラッキーだった。

ここ数年発売されたカスタマイズモデルのVAIOを見ると、ストア価格より2/3~半額程度で落札されているので、やっぱりカスタマイズPCは趣味向けということもあって値幅に相当ブレがあります。

レビューでも書いてますが、16年VAIO Zのほうがドラクエ10ベンチマークでも高い数字だったので高性能。
ただ、エンコードなどするとCanvasではファンの音は相当静かで過去のVAIOシリーズで最も廃熱処理に優れていましたが、Zでは甲高い音でファンが回るのでそこは劣る感じ(でも排熱処理はよくできている)

あとZをクラムシェルモデルにした理由は、Canvasでペン認識をONにしているとカーソルが右上に飛んで固定されてしまう謎の現象が頻繁に起こるから。
この現象はCanvasユーザーから結構報告されていて、ペン認識OFFにすると発生はしなくなるものの、公式回答にある静電気関係やキャリブレーションの初期化をしても改善されないので、かなりネックな問題だった。



GPD Pocketは7インチPCで、VAIO Type-PみたいなモバイルPCで予備に持っておくには最適だけど、中国製なので突然相性が悪くなったりするので、BIOS更新で文鎮化することもあるし気軽にアップデートすることができないところがネック。
でも、WUXGAのメモリ8GBでWin10がサクサク動くことを考えれば、唯一無二のUMPCとして価値が高い。
今はAmazonでだいぶ安くなっており、ヤフオク新品相場も5万円なので価格乖離が無く入手・売却がしやすい。

A-PRICE楽天市場店のほうが送料込み58800円でポイント還元もあるので、こっちのほうが安かった。
但し、液晶フィルムやUSB変換Hubのおまけは付かないみたい。
13日9:59まで臨時全ショップ3倍還元キャンペーンしていて、丁度還元上限ぐらいの価格です。

[ 2018/02/12 11:13 ] VAIO Z / Pro/canvas | TB(0) | CM(0)

ラストSONYのVAIO Pro11カスタマイズモデルのヤフオク売却価格は

先月ヤフオクでカスタマイズ版VAIO Z(16年モデル)が思いのほか安くで落札出来てしまったことで、14年にSONYから発売された最後のVAIO Pro11をヤフオクに出品しました。

VAIO Pro 11(SVP1122A1J)購入
ソニーストアのカスタマイズでSSD256GB以外は最高のスペックにして当時165710円で購入しています。

VAIO Zがかなり高スペックモデルで14万円購入だったので、半分の7万円をスタート価格にしました。

PRO11.jpg

結果は85000円でした。(62500円分の手数料はTポイント還元で戻る)
出品日数7日でアクセス総数が1065、ウォッチリストが33でスマホ同様に閲覧数は多かった。
しかし入札は3人のみで、ラスト10分から2人の釣り上げで予定終了から1時間ほど延長で落札となった。

金額としてはVAIO Zとの比較で想定より高い結果で満足ですが、新品iPhone7 PlusのSIMフリーと同じぐらいの価格評価というのがPC不人気を表しているようで少し残念。

2016年モデルVAIO Zレビュー|新品より10万円近く安く購入、Z Canvasより性能アップしてる
SONYブランドは無くなってしまったけど、SONY時代Zと変わらずカッコよく高性能を追求したPCなのでこれからもずっとVAIO信者を続けます。

[ 2017/08/07 17:48 ] VAIO Z / Pro/canvas | TB(0) | CM(0)

2016年モデルVAIO Zレビュー|新品より10万円近く安く購入、Z Canvasより性能アップしてる

第1弾ドコモ夏のスーパーチャンスで、ソニーストアがdケータイ払い+10倍還元だったので、VAIO Zクラムシェルモデルが安くで買えないかと検討したが、最小限に近い構成でも17万円近い価格でこれなら次の新型が発表されるまで待ったほうがよいと思った。

しかし、ヤフオクで検索すると「クイックドゥ」という評価数の多いオークション代行ストアの中古出品があり、これがほぼ最上位クラスの構成ながらかなり安い価格で出品されていたので、最初の入札だけして競合相手がいたら降りようと考えていたけど、誰も現れずそのまま落札出来てしまいました。

VAIO一筋カスタマイズモデルの新品購入をし続け、今回始めて中古品となりましたが思いのほか状態が良く(新古品かと思うぐらい)VAIO Pro11との買い替えとしては非常にお得だと感じた。

落札価格やVAIO Z Canvasと比較したベンチマーク結果を紹介。

[ 2017/07/23 23:02 ] VAIO Z / Pro/canvas | TB(0) | CM(0)

Bluetoothマウスのカーソルが画面右上に飛び操作できない現象発生

Windows10のVAIO Z Canvasは購入から1年弱経ち、これまで8.1→10へのアップグレードも問題無く動作していましたが、7月半ばのWindows updateを行った辺りから以下のような現象が発生しました。

Bluetooth接続されたマウスカーソルが突然画面右上に飛び、そこで殆ど動かなくなりキーボードのタッチパッドでも動かせなくなる。
(液晶のタッチ操作は可能なのでシャットダウンとかはできる)

1週間ほどは簡易対処法として
一旦スリープして再度開始するとカーソルは動くようになるが、調子が悪いと数分後に右上に飛んでしまう。
(PC/マウスのBluetoothの電源ON/OFFでは治らない)

先日新しくMSのBluetoothマウスに買い換えましたが、それでも改善せずマウスが原因ではなかったので、画面側のタッチパネルか通信環境に問題があると判断。

[ 2016/07/23 23:44 ] VAIO Z / Pro/canvas | TB(0) | CM(2)

SONY製のVAIO Pro11が公式にWindows10に対応したので一からアップグレード

SONY製のVAIO(Windows8.1プリインストールモデル)が公式にWindows10に対応していました。
ソニーHP→Windows 10情報

VAIO Z Canvasは購入して間が短かったので公式発表を待たずにアップグレードしましたが、VAIO Pro11は万が一の予備PCで最近はあまり使用していなかったこともあり、初期化してキレイな状態からSONYの手順通りアップグレードしてみました。

[ 2015/10/21 23:00 ] VAIO Z / Pro/canvas | TB(0) | CM(0)