【株】コメダHDの3Q決算数字の見解と今後の株価予想

63dO6lID-1.jpg

保有株のコメダホールディングスの3Q決算発表が出たけど、月次開示してる安定の飲食業銘柄とあって予想通りの数字だった。
同日に12月の月次も発表されたが全店で前年比118%と好調維持

過去の四半期ごとの売上結果と月次の数字を比較すると

[ 2019/01/09 23:19 ] | TB(0) | CM(0)

【株】コメダ買い増し、日経は短期底入れで20800円程度までリバる可能性あり

68Ar52m_-1.jpg

大発会は暴落スタートとなったものの、値下がり率ランキングでは2桁%下落銘柄が意外と少なく、個別株は昨年末で下がり尽くしたと判断して、2100円台でもコメダを買い増し合計1800株。
日経先物は20000円を超えているので、週明けはかなりの銘柄で特買い気配になりそう。
コメダも30円程度は高く寄り付くはず。
(ドトール、サンマルク辺りが金曜底堅かったのでコメダが巻き返しそう)

IKEI.jpg

日経は12月27日に続き再び窓開けGUになりそうで、いずれも前日に下ヒゲ線が出ているので、短期的な底入れ示唆が出た。
NYダウに比べ長期線との乖離が広がっているので、20800円程度までの反発が期待できる。
NYダウが下落しても、個別株の底堅さが維持されるはずなので、少なくとも3Q決算が出始める1月末までは買い優勢の流れとなりそう。

但し米中90日協議期間が意識される2月は戻りの天井が意識されるので要警戒。
昨年同様1月安泰、2月暴落となることを想定しつつ、短期的には買いの強気で見ていきたいところ。

<追記>
コメダについて詳しく解説されている記事が見つかったので一読。
有利子負債の多さが少し気になっていたが、やはり長期金利リスクが高いと記述されていた。とは言え、10年金利は再びマイナス金利に沈んでいるし、1%にすら遠いので心配無用か。
会計ステーション:理論株価は現在の1.6倍!? 隠れ優良企業コメダコーヒーの企業分析と株価分析

[ 2019/01/06 11:04 ] | TB(0) | CM(0)

【株】今年前半の本命はコメダHD 円高リスク無く営業利益率24%台は驚異的

KOMEDA.jpg
他、SBI証券のNISA枠でコメダ500株保有

年明け早々Appleの下方修正で、ドル円が一時104円台タッチと大発会も荒れそうな気配。
今年は日経16000円、ドル円100~105円と予想しているものの、1本調子な下げでは無く大きく上下に揺さぶりつつだと感じるので、買いなら短期リバ狙いで長期間持ちすぎないよう割り切って売買したいところ。

なので、円高不況に強い内需系優待銘柄を昨年末から選別してたけど、その中で業績絶好調に見えたのがコメダホールディングス
コメダ珈琲は京都でもチラホラ店舗があるし、スタバのようなチャラい感じではなく昔ながらの喫茶店雰囲気が良い。

[ 2019/01/03 11:04 ] | TB(0) | CM(0)

【株・FX・投信】18年の年間トータル収支は辛勝、19年の相場見通し予想

25日が2018年売買最終で年間収支が確定しました。最終日に節税売りしたのでかなりスッキリした収支になった。
そのほかFX、投信なども合わせた年間トータルは・・・

2018.jpg

2018年月末時の収支

1月:+972,598円 太陽誘電、イソライトが主
2月:-903,294円 まさかの逆噴射で赤字転落 森六1点張りが裏目
3月:-1,464,773円 2度目の下落にも見事被弾で更に50万の赤字上乗せ
4月:-1,536,578円 一時-180万まで赤字拡大で年間の底
5月:-840,365円 決算に自信あったプレサンス、MCJで巻き返す
6月:-30,357円 がっちりマンデー作成とプレサンスが成功
7月:+782,736円 楽天1点張りが成功
8月:+1,044,785円 プレサンス、サンフロンティア、フージャース、サムティの決算跨ぎ成功
9月:+455,475円 TATERUせいでプレサンスがとばっちり マンション購入確定で以降投資資金を抑える
10月:+124,772円 相場観が色々噛み合わず情緒不安定
11月:+437,718円 ゲオの決算読みが完璧に当たる
12月:+114,580円でフィニッシュ 


SBI証券(IPOやクリックで買えない銘柄売買)
KABU12SBI.jpg

1月~12月:+15,567円
個別株の売買は殆しておらず、IPO当選のマリオンで+になったものの、ソフトバンクが-で、トータルギリギリ+で終了となった。
とにかくTATERUのせいで、久々A級当選だったのに初値が付かなかったのが痛い。

[ 2018/12/26 21:26 ] | TB(0) | CM(0)

【株】1ヶ月で2000円下落し窓4空発生した「くらコーポ」の短期リバ狙い作戦

KABU12_201812231342265ab.jpg

今週1週間の暴落は凄まじく、特に木・金曜日は相当な個人投げが発生した感じ。
暴落初動はノーポジだったものの、そろそろかと思って週末に少しだけ短期狙いで買った銘柄が更に下がってわずか1日でもこの含み損。
(通勤途中で買って含み益だったが、仕事中に更に暴落してたいつものパターン)
夏頃みたく1000万円近くで投資してたら、少なくとも100万円は損してたと思うのでゾッとします。
日経先物は19790円と更に下落していて、週明け火曜日は追証投げ・節税売りが重なりダメ押しの気配となりそうですが、2018年分最終取引となるので後場から大納会にかけて多少反発すると見てます。

VALUENEXは完全に値動きだけで適当に入って失敗だったので損切り覚悟ですが、「くら寿司」のほうはチャートが行き過ぎているので週明け短期リバ狙いをするつもり。

pbvV2tlF-1.jpg

12月頭の高値7240円から連日下げまくり1ヶ月で2000円近い下落。窓は4空開いてRSIは長短期ともにほぼ0に達した。
週明け更に窓を開けて5100円以下で寄付くようだと5空となるため、節目の5000円近辺は絶好の買い場。
反発後は1つ目の窓は確実に埋めるはずで5500円までのリバ狙いを取りたい。
飲食系の優待銘柄でもあるので、一定ラインまで下げきった後は再び優待狙いの買いが入りそう。

NYダウは2ヶ月前に予想してたように、月足のヘッドアンドショルダーが天井圏で完成してしまい、上昇相場の終了が確定的となった。
サポートラインとして機能していた23000~24000円が、今度は強力なネックラインに変わったので、短期反発があっても戻り売りで来年以降下落していくはずです。
ただ予想はできていたのに、売り豚として入ることができませんでした。。。

12月のクロス取引の優待狙いは、ひとまずGMOインターネット、楽天は100%安全そうなので獲得します。
楽天ポイント2500円分がもらえるJトラスト300株はやや微妙なので回避するかも。

[ 2018/12/23 14:23 ] | TB(0) | CM(0)