【株】10月前半はウェーブロックHDのナンピンで5000株まで増加し強気維持

10月も折り返しということで現状の保有株は

KABU10.jpg

9月末から変わらず2銘柄のみ保有で、短期売買は相性の良いアイスタイルなどを少しやったぐらいで、数万円のプラスといった具合。

ウェーブロックHDが1400円前後の揉み合いの後、日経上昇とは裏腹に徐々下げで75日線を下回る1310円まで下落。
ヨコヨコが長く続いた局面ではよく上下どちらかに一度振った後、大きく動き出すことが多いので、ここは想定内で更に買い増し、月末3000株→5000株に増やした。(これ以上は買い増さない予定)

中間発表は10月31日で1Qの上方修正が7月18日だったことから、来週辺りから徐々に再上方修正の期待がかかりそう。
現状でもPER10倍割れで割安感十分だが、Twitter界隈では依然として長期保有を決め込むホルダーが多いので、中間が予定通りの着地だった場合、期待はずれの投げが出る可能性も高いので、ここのリスクは有名投資家に乗って購入してる個人投資家もかなり多い所が最大のリスク。

すでにチャートは煮詰まっており、一目雲下限と100日線が重なる1300円が最終防衛ライン。
ここを長期間下回るようだとかなり苦しい形になるので、現在の水準でも売り仕掛けが続くようだと厳しくなる。

[ 2017/10/15 11:09 ] | TB(0) | CM(0)

楽天証券「iSPEED」アプリが待望の10分足~60分足チャートに対応

楽天証券の株アプリ「iSPEED」がver6.0.0にアップデートされ待望の10分~60分足チャートに対応してくれました。

Android版 iPhone版 iPad専用版

全体的なUIは大きく変更されていません。
大きな変更が入った直後のアップデートは、どんなアプリでも低レビュー評価が付きやすいことは昔からのお決まりですが、殆どの人は機能が増えて使いやすくなったと感じるはずなので、アップデートして問題ないでしょう。

※フォントは変わったのではなく、端末のフォント・文字サイズに準拠したからだと思われる。
端末設定で文字サイズやフォントを変更するとiSPEEDにも反映されたので、フォントが気になる場合は端末側を見直せば自分好みの文字にすることができる。

Dy8Jyh5A-1.jpg

個人的に最も嬉しい追加が10分・15分・30分・60分チャートが追加されたこと。
複数証券口座を持っている人なら、株アプリでは意外と30分・60分チャートに対応していないと感じている人が多いはず。
今まではPCサイトのSBI証券をブラウザで開いて15分と60分足を見ていて、凄く面倒だったのでこれからはアプリだけで確認できるようになってチェックがはかどります。

[ 2017/10/12 23:47 ] | TB(0) | CM(0)

相場 師朗さんの新刊「一生モノの株のトリセツ」が10月5日に発売

ブログのサイドバーにもチャート指南本の良書として「株は技術だ」を常時表示していますが、その著者である相場 師朗さんの新刊「一生モノの株のトリセツが10月5日に発売されることを今日知ったので、早速楽天ブックスで予約しました。



予約受付中:Amazon 楽天ブックス 1490円(税込み)
※Amazon全体ランキング26位、株式投資ジャンル1位になってます

商品説明に目次が無いので読むまではわかりませんが、
「株で儲けるチャートの見方」と「相場流うねり取りの奥義」を明かす本。
と紹介されているので、基本的な事は前作と同じ内容かもしれないが、実践練習用100銘柄付きとあるので実例チャートが多めに掲載されているのかも。

著者のうねり取りは買い・売りを併用したテクニックで、これはマネしていませんがチャートを予測する解説は非常に参考になるので新作も読んでみます。

[ 2017/10/03 22:35 ] | TB(0) | CM(0)

【株】昭和真空の次は再び割安のウェーブロックHDを大きめに仕込む

週明け窓を開けて寄り付いた昭和真空は1880円付近で逆指値にかかってしまい全株利確。
140万近い利益となったものの、握力があれば2100円付近ではいつでも売れただけの勢いがあったので勿体無かった。

アイスタイルも再上昇したので3回転目も大半は利確。
明確に25線を抜いたので、次は50日・75日線を目処に25線をサポートにする動きかも。
9月配当が無いので今月はもう買わないつもり。

9GATU.jpg

次に狙っているのが春先に少し儲けることができたウェーブロックHDを一番に狙う。
7月ですでに中間・通期の上方修正をしており、修正も控えめで9月の四季報では通期は会社予想より高く1株当たり156円の予想で、現時点の株価1404円に対するPERは9倍。
決算説明資料では、インテリア事業の販売・生産が第4四半期に多くなる傾向ありとのこと。
ナフサ価格にも影響するが7月時点では価格上昇は見られず、ただ最近価格上昇してきているとの情報もあるのでそこは注意点。

[ 2017/09/21 21:23 ] | TB(0) | CM(0)

【株】昭和真空ストップ高張り付きでもPER8.4倍と割安で2000円超えもあり得る

9月14日の上方修正発表で持ち株の昭和真空が、日中寄り付かずのストップ高となった。
ある程度仕込んでいた銘柄が寄らずに張り付いたのは、14年間株をしてきて初めてのことかもしれない。

通期上方修正の数値は
期首会社通期予想:10,700/940/930/770/ 1株当たり125.03円
今回修正通期予想:11,630/1,476/1,470/1,127/ 1株当たり183,06円

これが特別利益での上方修正なら今期限りということで、一時的な株価暴騰になるのだけど、修正理由が

・期初受注残に加え受注が堅調に推移
・生産面で量産効果や工場の稼働率向上によるコストダウンで原価低減が見込まれる

ということで、利益率向上が当面続きそうな感じで来期以降も今期と同等の数字が見込めそうで大幅な業績改善と見て良さそう。
昨年の夏頃に有機EL関連銘柄として1500円近くまで上昇したが、それから1年1100円~1200円で揉み合っていたので、材料株が業績の裏付けがされたことで、1550円は通過点で青天井コースに突入したと見る。

PERで見ても上はまだまだ割安。
1700円・・9.2倍、 1800円・・9.8倍、 1900円・・10.3倍、 2000円・・10.9倍
2500円・・13.6倍、 3000円・・16.3倍

KABU9.png

週明け火曜日は1700円ぐらいで一旦寄り付きそうで、週足窓開けとなるがPERを考えると下押しも考えにくいわけで、一旦利確をすると一瞬の下押し後買い戻せないまま買い上げられる可能性も高いので、利確は1900円半ばぐらいまで欲を出そうかと考えている。

その他の持ち株では、アイスタイルは今週の上昇で2回目の利確をし、再び650円以下で買い戻して3回転目。
25日線は平行になりつつあるのでそろそろ底打ちは近いと思う。
NEWARTは9割方29円の売買。売りも買いもしにくい状況でIRのキッカケ待ち。昭和真空のおかげで売り焦りせず持ってられそう。

[ 2017/09/16 22:31 ] | TB(0) | CM(3)