NEWART3Q決算:営業利益以下は通期予想数字超過 保有銘柄決算の一言コメントも

保有株の本命NEW ARTの3Q決算が発表された。

第3四半期:10,225 1,270 1,265 1,003
通期予想:13,272 1,226 1,193 938
配当:無配
利益剰余金2Q→3Q:1,671,632→1,912,230
商品及び製品2Q→3Q:3,365,744→4,849,653

3Qは秋頃放送されたCM宣伝費用で利益下押しが心配されたけど、結果は営業利益以下通期予想を超過しており、上方修正は無いにしろ今期の数字はクリアでき買い安心感が出た。

上方修正が無かったことで、もしかすると4Qは昨年同様何らかの減損処理を行って通期予想通りに着させるのか。
特損も膿出しでプラス要因なのでそれはそれで良し。
仮に上方修正があったとしても次の焦点は来期予想で、昨年のように保守的過ぎる予想だけはやめてほしい。

利益剰余金も19億に膨らみ、出そうと思えば1円の復配は可能な金額。
因みに今の業績は配当出してた頃よりいいぐらい。

商品及び製品が期首から増加傾向にあり、決算説明書には主にアート事業の在庫増加とある。
売れたらいいのだけど、流動資産で現金より商品の金額が多いというのは少し不安も感じる所。
(3Qのアート事業は大きな取引が無かったとのこと)
[ 2017/02/10 16:16 ] | TB(0) | CM(0)

【確定申告】株とFXとCFDの損失繰越控除(特定口座・前年譲渡損失あり)の書き方

2015年に続き2016年も株とFXで損失が出たので2年連続で確定申告での損失繰越控除をすることになりました。

昨年書いた記事
株・FX・CFDの損失繰越控除(特定口座源泉徴収有り&複数口座)書き方手順メモ

で、税務署から国税還付金振込通知書が届き銀行に還付されたことまで確認できたので、書き方の記事は上記で完成されています。

今年の記事は2015年分の損失と合算して手続きを行うぐらいで内容は一緒ですが、作成コーナーのフォーマットが一部変更(わかりやすくなった)されたので、改めて2017年用として書き残しておきます。
[ 2017/01/28 16:01 ] | TB(0) | CM(2)

米国10年債利回りチャートも見れる海外指数に強いアプリ「Investing.com」

株・FXも中級者以上となると、夜間でも先物指数や米国10年債利回りも気になってしまいますが、海外の指標も見れる株アプリは殆ど無く、定番のYahooファイナンスはリアルタイムで数値の確認はできるもののチャートが見れないし、検索で海外指数を見つけるのも不慣れだと難しい。

そこで便利なのが、Investing.comが提供する専用アプリ。

SnapCrab_NoName_2017-1-14_16-1-33_No-00.jpg

日本用PCサイト:https://jp.investing.com/
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fusionmedia.investing
iOSアプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/financial-markets-stocks-forex/id909998122
[ 2017/01/17 21:50 ] | TB(0) | CM(0)

日本アセットは一旦利確 17年は好スタート発進 NEWARTは月末期待

昨年から、かなり大きく保有していた8922日本アセットマーケティングは一旦@171円で逆指値にかかって全株利確となった。

SnapCrab_NoName_2017-1-10_21-34-10_No-00.jpg

平均単価は@140円で約90万円ほどのプラスとなり、今年は一先ず好スタート発進で気分が楽になった。
コバンザメ買いで参考にした有名個人投資家の、かぶ1000さんは恐らくまだ保有していると思うので、チキン売りとなってしまった可能性もあるかも。

SnapCrab_NoName_2017-1-10_21-42-44_No-00.jpg

日足、週足ともに25日線をかなり乖離しているので、チャート的にはもう少し調整しそうな雰囲気だし、節目200円以上からの青天井はサプライズIR待ち。
掲示板では復配期待の声が非常に大きいので、仮に無かった場合のダメージは相当大きいのでそこは要注意となる。(昨年のシーマ決算持ち越しがいい例)

昨年末書いたように
160円~180円で揉み合いそうな感じで、180~200円は動きが激しくなり、200円以上で吹っ飛ぶ。
この見方に変わらないので、買い戻す場合は160円台・150円台の2回分け。

SnapCrab_NoName_2017-1-10_21-50-21_No-00.jpg

残りの保有株。SBI証券に丸八HD2300株@847円、GMOクリックHD100株@909円

最近NEWARTの値動きが31円に限定されていて、頻繁に31円に大きめの売り玉をぶつけても30円狼狽売りはあまりなく、引けにかけて31円が買い戻されるという展開になっていて、一部の大口投資家と長期ホルダーだけで短期参加のホルダーは皆無の状況。

このところUNDERとOVERの枚数が拮抗しているので、30円以下の下押しは考えにくい。
すでに6ヶ月近くチャートに動きが無く煮詰まっているので、タイミング的にはもうすぐ反応がありそう。
昨年は1月26日に上方修正発表。今期の進捗も上方修正が濃厚なだけに再来週あたりは期待大。
[ 2017/01/10 22:05 ] | TB(0) | CM(0)

2016年の株・FX年間収支結果と来年に持ち越した期待の保有株

2016年の株とFXの年間収支結果。

まずは株から

クリック証券
SnapCrab_NoName_2016-12-27_19-46-20_No-00.jpg

SBI証券(今年はNISA枠のみの売買)
SnapCrab_NoName_2016-12-27_19-54-8_No-00.jpg

-490,923円 + 579,700円 = 88,770円
2年ぶりにギリギリ年間黒字化達成しました。
[ 2016/12/27 20:57 ] | TB(0) | CM(5)