【株】MCJ全株利確、プレサンスは更に買い増してガチホ継続(目標2000円)

uBy1g00D-1.jpg

日足ボリンジャーバンド3σ付近に指値しておいた1823円が午前中に約定したようで全株利確となり、購入から1週間弱の保有で約90万円のプラスとなった。
今期通期予想も良かったが、ここまで一気に上昇した要因は間違いなく株式分割のおかげだろう。
6月末分割後900円台と予想していたので、1800円~1900円が当面の高値ではなかろうか。
期末一括配で優待も3月なので、そこから上の4桁チャレンジは今後の進捗次第。

プレサンスは更に800株買い増してガチホ継続。
4月時点での売上確保率77.9%に加え、19年~21年の中期経営計画予想数字を見るとこんな所では利確できない。

JPX.png

決算後上昇したにも関わらずJPX日経400採用銘柄の低PERランキングは6.6倍の2位まで浮上。(前期はPER7.2倍程度だった)
低PERが多い不動産業の中でも未だトップクラスの割安で、今後の成長性も加味すると1位だろう。
配当利回りは1.9%だが優待利回りでは3%となり、こちらも中々の高配当。

PURE.png

この月足チャートを見ても、ようやく1400円~1600円ボックスを上放れ。
派手に上がっていくタイプでは無いが、少なくとも1900円~2000円までは数ヶ月で狙えそう。

気持ち的には6年前再起をかけ信用で数ヶ月握り続けたサイバーエージェント以来、成長性に期待を持って握れると感じている。

[ 2018/05/15 23:21 ] | TB(0) | CM(2)

【株】プレサンス好決算&中期経営計画発表、MCJ上方&増配&分割、GMOインターネット1Q好進捗

KWnMX_xc-1.jpg

4月末からの保有株は、NISA枠で持っていたGMOフィナンシャル1900株は4月の月次がやや落ち込んだこともあり、翌日寄付860円で全数利確。
プレサンスと豆蔵は枚数変わらず保有。
GW明けに、2月から業績期待をかけていたMCJを再度買い直し。
GMOインターネットはグループの業績が良いことと、マイニング売上期待も兼ねて決算跨ぎ狙いで購入。

今日は、プレサンスとGMOインターネットの決算日。MCJも突然前場終了後に業績発表があり、いずれも好結果だった。

[ 2018/05/10 21:48 ] | TB(0) | CM(0)

【株】4月は年間損失150万円、GMO高値更新、プレサンス足場固めジリ高で含み益増

kabu4.png

4月末時点の年間損失は約150万円。
一番失敗したのが伊豆シャボ(4/4の記事)で、ユネスコ認定1週間ほど前に一時的なふるい落としがあり、見事に底値付近で逆指値を狩られてしまい数十万の大損失。
その後、すぐに急回復して認定前日には買値よりかなり上まで上がったので、狙いは良かったけど中途半端な逆指値が災いした。

最大で180万円程度の年間損失となったが、その後はスイングトレードで割り切った銘柄の売買で取り戻し、3月時点の損失とほぼ変わらないところまで回復できた。


x61yhk4q-1.jpg

一方で大口保有の銘柄は安定した動きで含み益が増えてきている。

プレサンス → 相変わらず地味な動きで1630~1650円の強固な足場固めが続いたが、今週水曜から陽線3本出現しようやく上場来高値更新の気配が出てきた。
2月に高値をつけた時と違い、移動平均線の乖離が無くなって調整十分の状態。5/10決算

[ 2018/04/27 21:17 ] | TB(0) | CM(0)

【株】DeNA4400株購入、ポケ森待望の課金家具ガチャ実装でセルラン急上昇狙い

4月18日20:00追記
→早めに4400株全て利確。
セルランが0時39位、3時10位、8時20位と予想していた一桁に届いてないことと、深夜確認が寝ぼけていなければだが朝の時点でセルランが下降していた点が非常に気になったため。
19日の0時頃にセルランが再び更新されだすが、20位台をキープしきれずダウンしているようだと相当厳しいと思う。
(5chやTwitterも開始直後だけ勢いはあったが、高額課金投稿はあまり見かけずユーザーの質に難がありそう)

来週の材料で、セルラン一桁或いはこの材料でGW中に新規獲得・離脱ユーザーが復帰し20位台を常時キープできるようであれば見どころがあるが、失敗に終わるようだと今後ポケ森がヒットする余地は一切無くなる。

KABU4.jpg

週明けから少しずつ様子見で買い、今日の引成でラスト2000株買い合計4400株の勝負をしたDeNA。
すでに投資家からは見放された「どうぶつの森ポケットキャンプ」だが、先日アップデート予告があった待望の課金ガチャが今日の15:30から実装された。
3種類の家具シリーズガチャが用意され、1回50リーフチケット。合わせて1段階上の高額課金チケット販売も開始されている。

pokmo.png

過去のセルランは、配信直後の3位が最高で今年に入ってからは、ガーデンイベントが始まった直後は60位前後に上がるが、すぐに垂れて200位以下の圏外に落ち込む散々たる成績。
※17日20時現在でセルラン200位以下でこれから集計される
しかし、これだけ売上が悪いとゲームに興味の無い投資家は完全にポケ森は失敗作として考えているはずなので、突然セルラン一桁に登場すれば何事かと買いに走る可能性十分。


[ 2018/04/17 20:23 ] | TB(0) | CM(0)

【株】世界ジオパーク伊豆半島認定期待で「伊豆シャボテンリゾート」を狙う

先日のホームインスペクション説明義務化狙いでのERIホールディングがうまく上昇してくれたので(一部利確)、次の思惑狙いで「伊豆シャボテンリゾート」を購入した。
※伊豆シャボテン動物公園、ランプミュージアム&フラワーガーデンなど伊豆に5つの施設を運営。

301tfBCO-1.jpg

3月7日:世界ジオパーク ユネスコ、伊豆を認定勧告 毎日新聞
4月3日:「世界認定」判断の時 伊豆半島ジオパーク再挑戦 静岡新聞

最初に報道のあった毎日新聞で株価130円から大きく反応し3月19日の高値269円まで上昇。
その後は調整し、ここ1週間弱は200円~220円台のボックス圏で、本当に認定されるかどうかの判定待ちとなっている。

昨日静岡新聞の記事では、予定は以下の通り
4月4日~17日までユネスコ執行委員会がフランス・パリで開催
4月11日~12日に世界ジオパークの審議が行われ、伊豆半島含む世界13地域が対象
4月16日~17日に本会議があり最終判断が行われる

これを元に予測すると来週半ば頃に再度認定思惑で買われだし、16~17日の決定次第では前回思惑高値となった269円を更新し300円ぐらいまでは行くのでは無いかと予想。
逆に認定されなければ150円までの急落覚悟がいる。

しかしながら認定可能性のほうが高く、2015年9月に一度認定挑戦し「保留」となった経緯がある。
この時はイルカ追い込み漁が問題となったようで、16年11月に申請書を出して以来、指摘・質問は受けてないという。
問題が払拭された状態では無いが、2度目の挑戦ということで認定の可能性に分があると感じた。

四季報を見ると17年度に業績急回復した後、18年、19年は若干の減益予想で横ばい。
しかしPER14.8倍、PBR3.69倍、配当は無配と指標は異常値を示しておらず、時価総額も約60億、信用銘柄で買残も最近の出来高と同じぐらいなので、低位株にありがちな重さは感じない。

もう一度200円付近まで下落した時が仕込みのラストチャンスだと思う。結果はどうなるか。

[ 2018/04/04 21:39 ] | TB(0) | CM(0)