オススメの株アプリ「TDnetView」と「FISCO」

証券会社以外のおすすめの株アプリ2つを紹介します。

TDnetView (適時開示情報ビューワ):Android版 iOS版
FISCO:Android版 iOS版


TDnetViewはアプリ上から適時開示情報(IR)が見れるアプリ。

swQdtx9u-1.jpg

UIは非常にシンプル。メニューは5つあります。

Todey・・当日に発表された適時開示
Yesterday・・昨日に発表された適時開示
Incentive・・株主優待IRだけを直近から表示
Mark・・ブックマークした銘柄だけを表示
Seach・・任意の銘柄を検索する(2日以上前のIRを見たい時に使う)
[ 2016/11/26 20:47 ] | TB(0) | CM(0)

シストレ24のオリジナルフルオートのバックテスト検証が面白い

FXは株のようにうまく行かず今年も年初にドカンとやられ、その後は恐る恐る小幅利益を出しつつ、たまに小ドカンを食らうと言う感じで、何年たっても損大利小の初心者投資が治りません。
じっくり相場を見る時間が無いのにやたら短期目線で売買して、ドカンが来た時に下手なナンピンをして結局損切りがほとんど。

なので、下手に自分で売買せず自動売買に頼ってみるかということで、トラリピにするかシストレにするか迷いましたが(一応どちらも口座開設)、最近インヴァスト証券がフルオート機能を実装したみたいなのでシストレ24をやってみようかと思いました。

まだ実際にはフルオート稼働していないのですが、オリジナルフルオート作成機能のバックテストが結構面白く色々な組み合わせをみて楽しんでいます。
[ 2016/11/15 23:29 ] | TB(0) | CM(0)

クリック証券 即日満額成立したmaneoのローンファンドに初投資(CB2000円付き)

10月24日からクリック証券でmaneoローンファンドへの投資サービスが開始されました。

ほぼ100%元本割れがない上に年率5%~8%の分配金があることが特徴なのですが、想像以上に人気があるようで現在までに4つのローンファンドが募集されましたが、いずれも半日~1日ほどで満額成立となっています。

SnapCrab_NoName_2016-10-26_20-32-20_No-00.png

下2つが初日募集案件で、上2つが本日26日に募集開始されたもの。
お昼休みの13時頃に覗いて、7ヶ月物が60%成立まで申し込まれていたので、スマホから10万分初申し込み。
その後13時30分ぐらいに確認すると、満額成立となっていたのでもしかすると半日どころか数時間で終了したのかもしれません。

せっかくなのでmaneoサービスの特徴などを紹介しておきます。
[ 2016/10/26 22:42 ] | TB(0) | CM(0)

GMOインターネットの時価総額だけ見ると伸びしろがありそうに見える

ミクシィやサイバーエージェントで一山当てたように、どちらかというとIT系企業との相性が良く事業内容もある程度理解できやすいのですが、最近時価総額を比較してもGMOインターネットだけがライバル達に遅れをとっているのが気になっています。

楽天・・約1兆8100億 
サイバーエージェント・・約3800億
GMOインターネット・・約1600億

DeNA・・約4980億
グリー・・約1390億
ミクシィ・・約3070億
LINE・・約1兆円
[ 2016/10/23 22:46 ] | TB(0) | CM(0)

GMOクリック証券の「貸株サービス」と「maneo」が新規登場

株・FX売買はGMOクリック証券メインで行っているのですが、10月からとても興味を惹く新サービスが2つ登場するみたい。

SnapCrab_NoName_2016-10-4_22-56-43_No-00.png

貸株サービスの特長:https://www.click-sec.com/corp/guide/kabu/stock_lending/?bxslider

一つ目が待望の貸株サービス。
サブで使っているSBI証券はIPOとたまにPTS購入するだけなので、貸株サービスの恩恵を受けることが出来ませんでしたが、これで長期で塩漬けになってしまった株でも、貸株で金利が入る場合もあるので多少はお得になりそう。
[ 2016/10/04 23:31 ] | TB(0) | CM(0)