【株】NEW ART中間上方修正&増配発表でクズ株イメージ脱却か

今日はNEW ARTの決算発表日。
予定の15:10に発表されず、17:00を過ぎても公開されずで、不穏な空気が漂ったが17:55に出た内容は中間上方修正&まさかの増配サプライズ発表だった。

NERART.jpg

9,000/1,250/1,230/800

9,634/1,917/1,855/1000

9月に上海、台湾・香港の出店があったことに加え、このところの四半期売上を見ても2Qが上振れることは予測できていたので、さほどサプライズ感はなし。(ただ株価はダダ下がりだったので見直されやすい)

また
現時点では、不確定要素もあるため、前回予想を据え置いております。今後修正が必要となった場合には、速やかにお知らせいたします。
記載があり、こういう書き方をする場合は高い確率で通期上方修正が行われやすいので、海外の出店分がフル寄与する下期は更に売上が伸びやすいと見る。

そして完全に予測していなかったのが、20円→30円への増配発表。
期末決算で数字が良ければ増配の可能性もあったが、まさか自社株買いがまだ残っているこの時期に増配発表するとは思わなかったので相当のサプライズ。

SsYlPN8z-1.jpg

ここ1ヶ月の大幅下落が不可解だったので手を出さず、今日もスルーしようかと思ったが、結構長い間追いかけている銘柄でもあるので500株だけ購入。
結果はこれまで予想してきたとおりの好決算だったので、結局クズ株シーマのイメージが最後まで頭に残ってこの会社を信じきれなかった。

配当利回りは1000円でも3%。
1Q決算発表後(株式併合前)に1000円は一時的に超えており、2Qで改めて数字が本物とわかったことで、1000円前後までの急回復は十分ありえそう。
PTSは22:00時点で905円(+66円)

[ 2019/11/11 22:24 ] | TB(0) | CM(0)

【株】プレサンス第2四半期は上振れ着地、今期売上確保率95.4%で安泰だが・・・

今日は追いかけ続ける保有株プレサンスの第2四半期決算。
先週は強制捜査IR(シロ)が出るも、強い動きで高値圏推移だった。

中間:125,383(3.3)/ 23,669 (△8.2)/ 23,398 (△8.5)/ 15,660 (△10.0)
通期予想:209,219 (30.3)/ 32,531 (20.0)/ 31,429 (18.5)/ 21,520 (17.6)

1Q:68,240/14,066/13,926/9,603
2Q:57,143/9,603/9,472/6,057

中間は前年同期比で増収減益で予定通りだが、むしろ予想よりも大幅に
上振れた。

TAISIHANKI.jpg

1Qは前年同四半期で2桁の減益だったが、前年の大型物件プレサンスレジェンド琵琶湖の引き渡しの反動減だったので、翌日は短期組の投げが出たが寄り底上昇だった。
反面2Qは前年同四半期で2桁の増収増益となり、株探の数字だけ抜き出したニュースを見ての狼狽売りは無さそう。

前年は上期集中で、下期に売上が殆ど無かったが、今期は偏りが無いので下期も前年同四半期の数字は見栄えが良くなる。(今期も3Qより4Q引き渡し物件がやや多め)

[ 2019/11/06 20:49 ] | TB(0) | CM(0)

【株】ライブスター手数料安くても使いにくい、SBIかクリックに移行を考える

Screenshot_20191011-150041_livestar S2

米中貿易協議と台風で予期せぬ災害リスクもあるので寄りの成売で持ち株は全て利確し、台風関連銘柄だけ少し購入。
この2銘柄は火曜日にクローズする予定。

今年から手数料の安さ優先でライブスター証券に移行したけど、とにかくスマホアプリもPCも使いにくすぎて限界。
一番ひどいのはタスクに残しておいても、別アプリから戻ってくると必ず2~3秒の読み込みがあるのが致命的。(iOSだと少しマシ)
チャートや株価は楽天証券アプリで確認してライブスターで注文するので、どうしてもこのラグが気になってしまう。

移行候補はSBI、クリック、楽天だけど、楽天も使いにくいので外す。

楽天は情報量は豊富でいいんだけど、PCサイトなんかメニューがごちゃごちゃで資産状況すら把握しにくい。
あと預り金を信用保証金に手動振替するのもややこしい。
普通は口座に入金すれば、その資金内で信用&現物注文できるが、楽天は別枠?として信用保証金に入れないとだめで、9月の優待取りでも投入資金の70%ぐらいで、現金が足らず注文できないみたいなエラーが出てしまって、この辺の仕組みがよくわからなかった。

SBIはハイブリット預金からの振替も簡単だし、一般信用の在庫も豊富でクロス取りしやすい、IPO、PTSもあるので、多少手数料がかかっても一番売買に向いている。
クリックは長年使ってきたら操作には一番慣れているし、こちらはFXとCFDも資金投入しやすい。
でも、FXに手を出すとまた損しそうな気もするのでSBIがいいかな。

NEW ARTは今日やや大きめに下落したので、いいタイミングで利確するキッカケになってよかった。
900円ぐらいで買い戻せたら最高。

[ 2019/10/11 15:29 ] | TB(0) | CM(0)

【株】プレサンス利確してウェーブロックHDに乗り換え

プレサンスの残り500株も利確。
1ヶ月ほど1700円半ばで横横の動きで押し目も無く強い感じだけど、週足は一目の転換線との乖離も広がっているので、そろそろ大きく下がりそうな気もした。

vj7mWPOX-1.jpg

変わって購入したのがウェーブロックHD。
2年前1300円台で一時期5000株保有していた銘柄で、現在の株価はピークから半値となり、PER6.18倍、PBR0.64倍、配当3.86%のバリュー株に。
チャートは底打ちで、7/31の1Q決算が想定以上に強く、翌日は797円のストップ高。
そこから上下100円ほど波があるものの、814円と811円のダブルトップを付けて、ここ4日ほど調整して現在の株価。
セオリー通りなら3回目のアタックで上抜いて高値更新となるはず。
月足も1000円までは軽そう。

ULEB.jpg

過去2年の四半期データだと1Qが一番良くて、2Qは売上が8億程度低下する感じになっていて、今年もその程度だとしても会社の中間予想は上振れそうなので上方修正の可能性が非常に高い。
ナフサ価格も7月、8月は更に下がっているし、円高もウェーブロックにはメリットになる。

2年前はTwitterで有名株垢が煽っていたので、2Qの上方修正が出尽くしとなって下落したが、現在は忘れられた割安株となり出来高も少ないので、2Q上方修正がでたら素直に上にぶっ飛ぶはず。
同じく2年前トレードに大成功した昭和真空とよく似た感じをイメージしてる。

10/10の米中貿易協議があるので今週は様子見だけど、当たればプレサンスより値上がり益を望めそう。
ここ4~5ヶ月購入額は150万円ぐらいに留めていたけど、生活資金に余裕を感じてきたので、100万円追加し300万円ぐらいまで投入する予定。

NEW ARTは今日9月の自己株取得状況が発表され、取得価額の進捗率は33.65%。
毎月コンスタントに買われているし、来年5月までの自社株買い枠は十分残っているので、これから1000円超えを目指せるはず。

[ 2019/10/08 00:00 ] | TB(0) | CM(0)

【株】株式併合で身軽になったNEW ARTをもう一度だけ

9月末の権利日で20株/1株の株式併合を行ったNEW ARTを購入。もう一度だけ青天井相場の夢をかけてみることに。

oGNrFI8k-1.jpg

併合前45円前後だった株価は、今日の時点で934円に変わり株価だけ見ると、シーマ=クズ株のイメージは脱却。
発行済株式数は約1660万株に圧縮され身軽に。
万年重かった信用買残もスッキリ。
併合前は1000株単位で、100株以下の単位は端数株式になるので、併合前後は処分売りの心配もあったが、むしろ上昇した。
9月時点の自社株買い取得価額総額の進捗率は25%で、来年5月までにまだ75%も残しているのが強み。
それでいて1Qは高進捗で、更に9月には台湾・上海・香港に新規出店で、業績だけは120%通期上方修正が見込める。
今まではクズ株で、決算よくてもすぐに定位置に戻ってしまったが、身軽になったので次の好決算では素直な株価反応が出るはず。
チャートも月足以外は、乖離もなくキレイな上昇ラインを維持。
明確に1000円以上となれば青天井相場になる。

Screenshot_20191002-212313_livestar S2

そろそろ日経も調整しそうだけど、クズ株時代のNEW ARTは暴落時には動きなしである意味強かったので、併合後でもその強さが発揮できるか。
11月の中間決算で早めに通期上方修正が出れば今度こそいけるはず。

[ 2019/10/02 21:40 ] | TB(0) | CM(0)