【株】太陽誘電が13日連続陰線でアノマリー的にはそろそろ陽線反発期待もある

鎌倉先生推奨銘柄の太陽誘電を多めに保有していますが、本日でついに相場転換の最終局面とも言える日足13日連続陰線となりました。

※こうした記録は「銘柄いろいろベスト100!」というサイトで見れます。
太陽誘電は堂々の単独トップ!

TAIYO3.jpg

相場の転換となったのは、通期上方修正が発表された11月9日を天井に下落し、本日までの本数は陽線3本に対し陰線20本と滅多に拝めないチャート。
しかしここ4日ほどは下ヒゲ陰線2本と出来高半減での小院線2本で、そろそろ売り枯れを感じられる形になっています。


[ 2017/12/12 22:52 ] | TB(0) | CM(0)

【株】11月も前月から+45万円、ウェーブロックHD、太陽誘電、ビーグリー保有中

KABU11.jpg

11月は半年間保有したNEWARTを29円で損切りし約75万円の損失となったものの、中間決算持ち越し銘柄の大半が好決算で翌日大幅高になったため、前月から更に年間収支は約45万円ほど増加した。
特にムトー精工、エンビプロ、日本一ソフトウェアの持ち越しが大きかった。

NEWARTについてはニューアートフィンテックのHPが未だに動きが無く、この時期まで稼働しないということはアート事業の売上は期待できないので、今期中に上げ材料となるIRは期待薄。
3度目でも損切りとなったのでNEWARTは相性が悪いということなのでもう買わないつもり。(JAMといい発行枚数が多い低位株は不人気だと全く上がる気配がない)

KABU11A.jpg

11月は前半が非常に調子よく、後半は失速気味になり持ち株の動きは悪くなってきた。
12月は四季報が出るので当面は3銘柄に絞る感じ。

ウェーブロックHD
→中間の上方修正&1円増配で材料出尽くしとなり1200円まで下落。
ようやく陽線も出始め下げ止まり感が出てきた。今日は下ヒゲ陽線でかなりいいチャートに。
今期の業績はある程度折り込んだが、来期減益予想とならない場合、現在のPER8倍は超割安ということになるため、1200円台にまだもたつくようだと買い増しもアリ。
四季報の来期予想は要注目。

[ 2017/11/30 20:50 ] | TB(0) | CM(0)

【更新】【株】Twitterでフォローしている個人投資家アカウント

Twitterは株情報の閲覧のみで利用していますが、フォローしている個人投資家アカウントは以下の方たち

5月22日:初回記事作成
11月23日:新たに追加した人のアカウント、ツイートがなくなった人の削除などを追記


TUITA.jpg

シャーク麗子(釈麗子):https://twitter.com/syakureiko

フォローしている個人投資家の中でも一番お気に入りのシャーク麗子さん。
一見すると保有株の煽りツイートに見えるが、シャークさん自身が人気投資家のツイートを吟味して銘柄を選別している感じなので、マネーゲーム化している銘柄でも高い確率でその後も高値を更新し続けることが多い。
今はシャークさんがツイートした銘柄はウォッチリストに入れるようにしている。

11月時点の現状→9月以降ツイートが激減しているものの、直近ではアルテックの相乗りで儲けさせてもらったので相変わらずヒット率高め

[ 2017/11/23 21:02 ] | TB(0) | CM(0)

NEWART下方修正でアート事業次第。ポンイチとJAMを今後の強気銘柄として勝負する

13日更新:NEWARTは損切り
20171113094610906.jpg

ニューアートフィンテックの動きが無いので、今期は期待できる上げ材料がなさそうに思う。
先日の仮想通貨IRで31円で結構買われたのでシコリも多そう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NEW ARTの第2四半期決算は予想にやや足りずの下方修正だった。

予想:7100/600/600/350
結果:7067/535/511/242

ジュエリー事業は好調ながらエステ事業が構造改革推進により売上微減が続き、鍵を握っているアート事業は未だ立ち上げ準備中で売上に貢献していない。
またプロモーション費用が想定より増加したことが響いた。

1Q→2Q各事業の売上推移は(百万)
ジュエリー:2,305 → 4,663 (+2,358)
エステ:819 → 1,562 (+743)
アート:387 → 619 (+232)
その他:108 → 221 (+113)

エステの微減続きは今期に関してはある程度折り込み済みなので仕方ない。
問題はアートでいつ事業が本格的に稼働するのかで大きく変わってくる。
2Qではまた商品及び在庫が増えて約65億もの商品を抱えている。

説明には「新規事業の立ち上げ準備を進めており、在庫商品の充実を図るため販売を抑制」という一文がすでに1年も続いており、今期及び来期以降の売上に関してはもはやアート事業一つにかかっているといってもいいぐらい。
当初は3Q期間から動き出すと予想していたけど、すでに11月で動きなしとなると気になってくる。
(現状ニューアートフィンテックのHPは5/1の公開から動きが無く、既存のギャラリー・ミュージアム運営だけの売上と思われる)

キャプチャ

抑制前のアート事業は2017年1Qで売上8.3億あるので、これを目安に考えるなら稼働さえすれば年間33億程度の売上は可能ということになる。

第2四半期の決算説明資料がまだ公開されていないので何とも言えないが、先日の仮想通貨参入IRで30円~31円ホルダー組が相当いるので、このホルダーの投げが一巡するまではまた安定の29円を挟んだ±1円の攻防が続きそうな予感。

[ 2017/11/10 17:06 ] | TB(0) | CM(0)

NEW ART仮想通貨事業参入IRでPTSが大幅高

本日NEWARTが自社HP上で仮想通貨関連事業参入のIRを発表した。
(適時開示情報閲覧サービスにはアップされていない)

新規事業(仮想通貨関連事業)参入に関するお知らせ

すでにアート事業はニューアートフィンテックが立ち上がっておりここが運営するのかと思いきや、連結子会社であるニューアートコインが運営するとのこと。
1Qの決算説明資料には書かれておらずいつの間に立ち上げたのかと思ったら、本文に平成29年10月13日にニューアートウェディングから商号変更したとのこと。

つい最近ウェディング事業として始まった会社がいきなり金融事業に変わって、軽井沢を含めた5つのサロン経営はどうするのか、なぜニューアートフィンテックが運営しないのか謎だらけだが、PTSでは旬な仮想通貨絡みということで、20時現在33円(+13.79%)出来高56,300株と大きく反応してる。

NEWART (1)
NEWART (2)

日足・週足は煮詰まっており、特にここ1ヶ月半は9割方29円のみの売買だったことは、これまでの記事で書いてる通りで、1~2年前と違って注目してたホルダーは殆ど撤退してしまって閑散とした状態。
直近の節目は34~35円で、ここを明確に抜けるとソコソコ人気化していた2年前の平均的な株価水準に戻ることになる。
(当時とは違い、すでに株主還元は実施されている。)

[ 2017/11/02 20:30 ] | TB(0) | CM(2)