【株】TATERUショック沈静化でプレサンスも早期1500円台に回復しそう

gmSn7hKF-1.jpg

プレサンスは1427円×2700株で損切り後、底打ちを見極めつつ少しづつ買い戻し、1382円×2200株となった。
TATERUが先週末に再発防止策を発表したことでストップ高し、ひとまず融資改ざんの一見は沈静化した模様で、不動産銘柄は全面高だった。
明日はサムティショックがあるけど、不祥事ではなく希薄化を伴う悪材料なので他の銘柄には影響しない。

シノケンは深く下げてからのリバウンド。
サンフロンティア、スター・マイカはほぼ全戻し。
プレサンスはシノケンほど深くないけど、サンフロほど戻しておらず、相変わらず不人気株っぽい動き方で出遅れ気味。
しかし、節目の1500円から下は足場がない真空地帯な上に、業績に問題が無ければ1400円台は絶好の割安価格なので、日経が節目の23000円を突破してムードが良く、今週中の1500円台回復は十分ありそう。
ここは上下3円ぐらいに3桁株で、その上に4桁・5桁株の見せ板で誘導する癖があるので、買われて上がったあとに間髪入れず1万株の見せ板が下に並ぶような時はジリジリ上がり続ける傾向がある。下がる時はその逆。

来週の9月優待は安全そうなところをクロス取引で狙いたいので一時的に入金するかも。(プレサンスは権利日も保有のまままたぐ予定)


[ 2018/09/18 23:24 ] | TB(0) | CM(0)

【株】プレサンス損切り見誤り森六以来の6桁含み損→全株損切り

Itx5gOQo-1.jpg

TATERUの融資改ざんニュースが、自分が想像していたより不動産銘柄に逆風で、日経の下落も相まって全く想像していなかった株価水準にまで下がってしまい、今年2月に森六HDで勝負していたとき並の含み損になってしまった。
(資金の大半を出金していたので、下手なナンピンしなかったのが救い)

普通だったら2番底を付けた1550円を切る水準(1525円ぐらい)で逆指値を置いて損切っているところなのだけど、先週IPOのマリオンが当選したことで、20万円ぐらいはそちらで利益が出ると余裕があったため、底抜け後に潔く切ることができなくなってしまった。

見通しとしては、週末にスルガ銀行の調査報告が公開されたことで、一先ず一連の融資改ざん問題の件は出尽くしの方向で期待したいところ。
プレサンスは週足で大陰線となり、昨年のボックス圏水準の株価となったが、ここから下は19年、20年度の業績が大きく下方修正されない限り行き過ぎとなるので、今週はリバウンドで1500円台には戻るはず。
ただ、チャートは完全に崩れてしまっているので、中間決算で相当なポジティブサプライズが無い限り1700円台回復は難しいかもしれない。
あとはマリオンがIPO予想通り5000円程度で初値が付いてくれれば安心できる。

9月12日追記

kabu_20180912234048767.jpg

11日に1428円で全株損切り。約65万円の損失で年間収支は35万円程度のプラスまで減った。現在ノーポジ。
シノケンは1000円割れ寸前で、サムティは利回り4.8%付近まで下落。
反発水準まできているが、ここまで売り込まれるとどこで反発するかわからない。プレサンスの週足では1313円に窓が開いているので埋める可能性もある。

日経はさほど崩れないのに、個別株は色々とチャート崩壊している銘柄が多く、勝てる相場ではなくなってきたので、ノーポジ維持で買うとしても少額ですぐ利確する感じがよさそうかも。

9月13日追記
マリオン3410円で利確。プレサンス1370円×500株 買い戻し

逆境の不動産なので、予想より低めの4300円に指値してたけど、遥かに低い価格で寄り付いた上に、高値が出なかったので、昼休みに確認後潔く利確。久々のIPO当選だったのに運がない。
プレサンスは損切りから60円ほど下で買い直したのに、それでも反発が弱い。
しかし短期的にはここから下はテクニカル的にも考えづらいのでリスクなし。四季報に期待。

[ 2018/09/12 23:51 ] | TB(0) | CM(0)

【2年ぶり2回目】SBIのIPOで226P使用して「マリオン」当選

SBI証券では毎回IPO申し込みしているのですが、初めて当たったのが
12年目でSBI証券IPO初当選「AWSホールディングス」
16年6月にプラチナ銘柄と言われた、AWSがIPOチャレンジ132P使って当選しました。

あれから2年ぶりに2回目のIPO「マリオン」が当選しました。

mariom.jpg

チャレンジポイントは前回より多く226Pでした。
良さそうな銘柄は手持ちポイントを毎回全額入れて申し込んでいたのですが、なかなか当たってくれなかったので、前回の132Pはよほど運が良かったのかも。

IPO解説サイトではマリオンは需給面も良く2倍程度で初値が付くと予想されています。

しかし、タイミング悪くTATERUが融資残高改ざんを行ったニュースがあり、不動産全体が大きく下落しました。
(関連性は薄めなのに、相変わらずプレサンスは業績が良すぎて怪しいと思われているのか過敏に反応して大幅下落してる)

マリオンの事業も不動産賃貸サービス、不動産証券化サービス。
9月13日上場なので、それまでにタテルの件が落ち着いてくれればいいのだけど。

今日はIPOが当たってプレサンスが↓↓で、果たして運気がピークなのか、まだ上向いているのかどっちなんだろう。

[ 2018/09/03 21:40 ] | TB(0) | CM(2)

【株】年間利益100万突破。8月は購入を控えたことが好調に繋がった

kabu8.jpg

8月末時点で年間利益は104万円(前月から+26万円)となった。
主に上旬の決算跨ぎで、プレサンス、サンフロンティア、フージャースの不動産銘柄が全て読みどおりだった。
その後買い戻したプレサンスが想定外の下落で、20万円近い含み損まで拡大したが、損切りを免れプラス圏に回復。
月末はサムティの増配IRで飛び乗り売買も成功。

8月は殆の銘柄で上旬ピーク、中旬まで大幅下落、下旬に急回復と夏相場らしい薄商いでの乱高下となり、新興株中心にしてる個人がだいぶやられたみたいだが、資金投入を抑え手堅くいったことが功を奏して良い成績だった。

kabu8hoy.jpg

サムティも予想通り2300円台まで、一瞬で上がったので程々に利確。
現在は再びプレサンスのみ。
チャートは5日~200日線が1630円~1700円に密集して乖離が無くなっているので、この2ヶ月イマイチな動きだったが、調整十分な形となり再度25日線と75日線がGCとなれば安定した力強いチャートに変化しそう。

[ 2018/08/31 15:21 ] | TB(0) | CM(0)

【株】サムティ買い!増配96円で利回り4.3% 少なくともあと100円は上がる

前場終了後サムティにサプライズIRが発表され、特に期末一括配当が52円→96円に大幅増配されたので買った。

KABU829.jpg

本日の終値は+270高の2209円。
しかしこれでも利回りは4.3%もある。2400円で4%となるため、少なくとも2300円台までは余裕で達成できるとみる。
貸借倍率も良好なので上値の重たさも感じない。

通期も上方修正され今期PERは6.9倍まで低下。
サムティもここ数年増収増益で勝ち組不動産。投資用マンション、賃貸を取り扱っているのでスルガショックの煽りを受けたが、チャートは底値サポートラインの1800円で綺麗に反発しているので、4月・6月高値付近まで上がりそうな気配。

SAMU_20180829194327184.jpg

購入資金を制限しているのであまり買っていないけど、制限していないときであれば少なくとも2000株は一気買いしてたと思う。(京三は代わりに利確)
11月の期末一括配なので、それまでは利回り4%が意識されそう。
移動平均線との乖離が広がっているので、2100円半ばに下押しが入るかもしれないが、そこは絶好の買い場となる。
※ヤフーファイナンスはまだ利回り2.35%のままで増配後の数字に修正されていないため、引け後にIRを知った個人が明日買ってきそうなので寄り直後は動きが派手になりそう。

プレサンスは一先ず25日線上キープしているので、1700円(75日線)を乗せてくれば、2ヶ月近く1600円台をウロウロしているだけに中間発表まで手堅くジリ上げしてくるはず。
プレサンスの業績が良くても地味なのは利回りが2%と低いせいなのかも。(100株で2000円のVISAギフト優待はある)
今後5年間で配当性向13%→20%に引き上げされるがそれでも低い。

[ 2018/08/29 19:58 ] | TB(0) | CM(0)