MNO楽天モバイル動作検証:GMS導入済Mate30Pro受話不能/SMS認証不安定、北米版GalaxyNote10は問題なし

MNO楽天モバイルSIMが届きましたが、ちょっと誤算があり今後の回線運用が難しくなってきました。
というのも、GMS導入済の中華版HUAWEI Mate30Proの動作が非常に不安定で、まともに使えないような感じ。

まず、SIMを入れて起動すると、APNは設定で自動的認識されるので、データ通信回線としては問題なく即使用できます。
しかし、電波は良いはずなんですが、頻繁に回線マークが×に切り替わってしまいその間は通信不能。
その後、20秒~30秒ほど立つと繋がるものの、また暫くすると×になるという繰り返し。
速度自体に問題はないけど相性に問題がありそう。
また職場付近は楽天回線エリアのはずなんだけど、パートナー回線エリアしか繋がらない。
接続中のLTEバンドがわかるアプリ「LTE Discovery」もバンド18を掴んでいた(たまに3も掴む)
電波の強い方を優先して掴んでいるのだとしたら、無制限の楽天回線は使えない?

新規でワイモバイル音声回線契約 キャッシュバックは1万円弱の見込みで実質ほぼタダ運用

1年無料のRakuten UN-LIMITが、楽天回線地域から微妙に外れているため、安定して使えるようになるまでは、DSDVスマホでワイモバイルとセットで使うことにしました。
現在契約中の楽天モバイルからMNPを検討するも、MNP手数料と違約金を考慮すると5のつく日キャッシュバックがあっても微妙なラインだったので、メイン電話番号は捨てることになるけど、お得さ優先で新規キャンペーンのほうを使って申し込みました。

3月31日まで実施しているワイモバイルキャッシュバックキャンペーンは、ちょっとややこしいのですが、PayPayでの還元では嬉しく無い人は無難に、3月31日までならいつ申し込んでも大丈夫な「ワイモバイルオンラインストア」がいいです。

楽天モバイルに新規申し込み、1年間は楽天MVNO+MNOでお試し

MNO楽天モバイルに新規で申し込み完了。
★現在は申込みページが代わり、下記の楽天モバイル楽天市場店からカートに入れて申し込みに変更されました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイルSIM)
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/3/4時点)




Screenshot_20200303_200334.jpg

19:20分頃からアクセスし、申し込みページに入ってからもページが重く、入力に手間取り完了したのが19:47。
メールで届いた申込み番号は38×××××
通し番号順だとしたらすでに300万人超えているのだけど大丈夫なのだろうか。(カートに入れた段階では無料金額を確認できていた)

申込みの流れは
本人確認書類アップロード→住所等入力→楽天アカウントにログイン→3つの電話番号から1つ選択→クレジットカード番号入力→申し込み完了だった気がする。
※楽天のMVNO契約してますが新規で申込可能みたいだった

対応エリアみたら自宅から職場まで、全てパートナーエリアだったので、auローミング2GBまでしか使えないので、エリア範囲が広がるまでは、メインでは使えないのであくまでサブ用途。
楽天回線はBand3で、auローミングはBand18だと思うけど、海外SIMフリースマホでもBand18が非対応な場合があるので、楽天回線のみの運用は1年後でも厳しい感じがする。

1年後に解約して、その時に楽天回線エリアに対応して使い勝手が良ければ、現在の楽天MVNO(ドコモ)からMNOに乗り換えようと考えてます。

追記
Twitterでは380万以下の申し込み番号は無いみたいなツイートもあるので、ページさえ繋がれば全然余裕なのかも。
1年間タダで電話番号1つ入手できて、SPUもクリアできるのだから、申し込んでも全く損はしないです。

楽天スーパーセールまとめはいつものように4日18時にアップします。
iPad狙いが基本ですが、久しぶりにMTGのReFaが高還元。
美容系はにわか転売ヤーが疎いジャンルなので楽勝見込み。

【滑り込みセーフ】0SIMが2月17日で突然新規受付終了し8月末で強制解約へ

「0 SIM」サービス提供終了のお知らせ

0sima.png

一昨日サブauPAY作成のためSMS付き月額150円データ回線を申し込んだばかりですが、今日2月17日に突然サービス終了のお知らせがリリースされ、しかも当日16:30を持って新規申込受付がストップ。
サービス終了は20年8月31日ですが、既存契約者はNuroモバイルへの変更手続きをしないと、自動的に強制解約になるとのこと。

nuromo.png
Nuroモバイルは、お試しプランでも、データ通信のみで300円、SMS付きで450円、ハッキリ言って0SIMの劣化版なので、利用者の殆どは契約変更しないはず。
滑り込みセーフで運が良かったと思いたいけど、のこり半年だけの使用のために事務手数料3400円取られたのは勿体ないような。。。

安いSMS付きデータ回線については
b-mobile:SMS付き320円
ロケットモバイル:398円+150円
があるので今後SMS目当てに作るなら、このどちらかを利用することになりそう。

デジモノステーションの付録で初登場し、品薄でプレミア価格にもなった0SIMが無くなってしまいすごく残念。

auPAY複垢作成用途に月額150円維持の0SIM SMS付きデータ回線を申し込む

au PAY20%還元キャンペーンは2/17に再開されますが、
ステージ1:2/10~3/1
ステージ2:3/2~3/22
ステージ3:3/23~3/29
なので、先週時点でほぼ枠を使ってしまったので、次回3/2まで2回分のチャンスを待ってるのは勿体ない気がして、初めてSMS認証の為だけに、サブ回線を作ることにしました。
※ネットで調べる限りauPAYはauWALLETカード作成も含め複垢は問題無いみたい

費用は極限まで抑えたいので、昔デジモノステーションの付録で契約中の0SIMデータ回線をSMS付きに契約変更できないか見ましたが、残念ながら契約変更できずだったので、新たにデータ回線+SMS付きで申し込むことにしました。
※0SIMはデータのみ、データ+SMS、音声を1人1回線ずつ契約可能で、SMS付きだけを大量に作成はできない模様

0SIM Nuroモバイル:http://mobile.nuro.jp/0sim/


Nuroはエントリーパッケージも販売してますが、0SIM用じゃ無いと思うので、HPから直接申し込みしか対応しておらず、登録事務手数料3000円とSIMカード準備料400円かかってしまうのが勿体ないけど仕方なし

0SIMSMS.png

データのみは月500MB以下なら完全0円で維持できていましたが、SMS使用量150円がかかるので、500MB以下で最低月150円の維持費が発生。
150円×12ヶ月=1800円なので無駄な出費にならないし、どうせなら2つ目のLINEアカウントも作って、LINEポイントのミッションをチマチマすれば月50Pぐらいにはなるので、auPAYキャンペーン終了後も当面は契約しておこうかと考えてます。

SIMカードは7日前後で届くと明記されているので、ギリギリ祝日開催の2/24に間に合うはず。

2月17日追記
僅か2日でSIMカードが届き、SMS認証でauPAYコードが使えるようになりました。
ただじぶん銀行との連携は1つのアカウントのみだったようで、サブ用に作ったauPAYではauWALLETカードを作ることができなかった。

還元ポイントの消化をどうするかだけど、5月にauWALLETポイントはPontaポイントに変わるので、しばらく使って無かった、「おさいふポンタカード」にポイントチャージできるかもしれない。
おさポンにチャージできれば、Amazonギフトチャージで使い切れるので、auWALLETカードが作れなくても大丈夫そう。

再追記

【滑り込みセーフ】0SIMが2月17日で突然新規受付終了し8月末で強制解約へ
びっくり仰天0SIMが2月17日16:30を持って新規受付終了とのこと。