【更新】ワイモバから楽天モバイルのスパホにSIM単体MNP契約 最大割引恩恵に加え多少のキャッシュバックもあり

3月で2年契約満了となったワイモバイル。
ワイモバイルを2年間使った感想と次のMNP先は楽天モバイル
この間、書いたようにコスパに見合ったサービスでほぼ不満点は無しでしたが、今は新規契約でのキャッシュバックが弱いこともあって、解約→新規ワイモバ契約はしませんでした。
今度は回線速度は多少犠牲になってもコスパ重視でいきたいので、最大割引属性を持っている楽天モバイルにMNPしました。

先日のスーパーセールは還元枠が一杯になってしまったので端末セット購入せず、音声通話SIM単体契約しました。
多少ながらお得なキャッシュバック施策もあります。

3月15日更新
回線速度とヤフオク出品後にプレミアム会員が未加入になった際の手数料について追記

ワイモバイルを2年間使った感想と次のMNP先は楽天モバイル

2017年:ワイモバイル契約:初期登録~enjoyパック適用~Myページログイン~速度レビュー
2016年:IIJからDMMmobileに変更して1ヶ月の評価|体感的な通信速度は全く変わりなく安定
2014年:IIJMIO運用レポート「体感速度は一緒」「抜群のコスパ」「設定周りが良好」

キャリアを捨て格安SIM回線契約はIIJmio→DMMモバイル→ワイモバイルと変えてきましたが、3月で2年間の満了月を迎えることになるので、MNPで楽天モバイルに移行することにしています。

ワイモバイルは速度、価格、特典いずれも高パフォーマンスでしたが、一つだけデメリットがあり屋内など遮蔽物のある特定の場所で電波が非常に悪くなる点です。


格安SIM着信転送→IP-Phone SMARTで無料留守番電話代わりはならないかも

今まで重要な電話がかかってくることも無かったけど、マンション契約後は度々平日に電話がかかってきてて留守番電話に残っているのだけど、ワイモバイルだと録音料20円+再生料20円(アクセス10円+10円/30秒)=40円がかかってしまうので、すごくもったいなく感じる。

ワイモバイル:ご利用方法(お預かり・再生・お知らせ・確認)

キャリア販売のスマホだと端末機能として伝言メモがあって、キャリアの留守電契約無しに完全無料で録音できるのだけど、最新端末をいち早く使いたい私は毎年SIMフリー海外端末で買い換えるので伝言メモ機能がない。
※国内スマホだと、設定-通話-伝言メモ設定 或いは 電話アプリ-設定-伝言メモ設定があるはず。

そこで、ネットでもよく紹介されている、格安SIM契約の着信転送電話サービスを使い、一定時間呼出音経過後にIP-Phone SMARTに転送し、即時に留守電代わりにする方法にするか考えたのだけど、これもやっぱり完全無料にはならないし、留守電最大のデメリットも発生してしまう。

スーパーセールで楽天モバイル契約、SPU+2倍権利タダ取り、ベーシックプラン通信速度について

楽天スーパーセール開始と同時に販売されたHuawei Mate10 Proを購入し初の楽天モバイル契約となりました。
メイン回線はワイモバイルなので、あくまでSPU+2倍権利獲得が目当てで、購入した端末の売却+還元-1年間の回線費用=トントンを想定して契約しています。

結果とベーシックプランの回線速度について。

月額無料の0SIM久しぶりに速度テストしたら21時で下り8MBで意外と速く利用者減った?

2015年12月に発売されたデジモノステーションで、500MBまで月額0円で使える0SIMが付録に付き、一時はちょっとしたプレミア価格になった格安回線SIMですが、2年近く立った現在もサブスマホ用に持っているiPhoneに挿しっぱなしで、ずっと無料のまま契約が続いています。
※数ヶ月通信が0だと自動的に解約されるらしい

0sim2.jpg

0SIMは、殆どNEARLYのようなチェックインアプリで少し通信する程度なので、月に100MBも使いません。