2017年1月からセルフメディケーション税制が施行され市販薬も控除対象に

2017年の1月からセルフメディケーション税制が始まりました。

seruhu2.jpg

厚生労働省:セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について
タケダ健康サイト:セルフメディケーション税制
国税庁:所得税の税率
個人住民税率の調べ方:検索で「個人住民税率 自分が住んでいる○○市」で見つかるはず

タケダ健康サイトの制度説明がわかりやすいと思います。

sel.jpg

市販薬のパッケージにこのマークが入っているものが対象商品です。
対象商品を年間合計で12000円を超えた分が、控除対象となるのですが申告にはレシート(領収書)が必要となります。

超えた金額は所得税分、翌年度の住民税分の2つで計算するみたい。
所得税率は、年収195万までが5%、330万までが10%、700万までが20%。
以降は23%、33%、40%、最大45%となりますが、高年収の人がこの制度のために申告することは無いかも。

市販薬を年間12000円以上も購入するというのは一人暮らしの人では考えづらいので、家族分でまとめると超えるかもしれないといったところかもしれません。
それにレシートなんかだと氏名記載なんかも無いわけで、他の人が購入したものを手当たり次第集めて申告とかも有り得そうな感じもしますが、そういった不正対策はできているのか気になるところです。

たぶん1年間に12000円以上も市販薬を買わないと思いますが、念のためレシートの保存は忘れずしとこうと思います。
[ 2017/01/01 13:29 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)

今年買ったデジタル・生活家電の本当に良かったもの総まとめ

今年も年末記事ネタ恒例の今年買ったデジタル・生活家電の本当に良かったものをまとめます。

2016年は前年に株の損失が大きかったので、お買い物は少し控えめにしようと考えていましたが、年間通して楽天・ヤフーの還元キャンペーンがお得感満載だったため、今年も結構な数の家電を購入しました。

購入その後の簡単な感想と、特に良かったものを順位別にしてまとめます。
[ 2016/12/30 15:37 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)

3月16日からヤフオクかんたん決済仕様変更で出品者側は少し改悪となる

ヤフオク:Yahoo!かんたん決済の仕様変更および落札システム利用料の一部値下げについて
12月21日に案内されていた内容ですが、また出品者側にとっては少し改悪となる内容でした。
内容は3点で

1.出品時にYahoo!かんたん決済の設定が必須となります

→これは特に問題なし。最近は落札者の9割ぐらいがヤフオクかんたん決済で支払いで連絡が来る感じです。

2. 落札システム利用料のお支払い方法が変更となります(かんたん決済支払いの場合)

→これが改悪。早い話システム手数料のクレジット引き落としで1%還元節約ができなくなります。
落札者が銀行振込を指定すれば従来通りの請求ですが、殆どかんたん決済で支払われるので落札価格から8.64%のシステム手数料を差し引いて振り込まれるようになる。

3. 落札システム利用料(落札価格624円以下)を値下げします

→一律54円だったのが、8.64%に変更されるだけで少額出品メインユーザー以外はどうでもいい内容


現在はヤフオクとフリルを使い分けていますが、フリルのほうは17年1月以降も手数料無料の継続が決定。
親会社の楽天も9月の子会社化した時の発表で、楽天IDでログイン可能・楽天ポイントを活用したキャンペーンい楽天経済圏を拡大させると言っているので、17年中にはラクマ並に使いやすくなるはず。
ただフリマ系は女性・若年層の割合が高いので、高価格商品は適正相場での出品でも買い渋る(値引き要求)傾向があります。

フリル実践:高額商品は売れず、しかしポイントプレゼントで金券が買いやすい
手数料無料のラクマをヤフオク歴16年のベテランが利用した使い方の解説
[ 2016/12/23 14:25 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)

Viber無料通話サービス終了でLine Out Freeへの乗り換えを準備する

固定電話・携帯電話へ完全無料で通話できた、楽天のViberですが12月20日で無料トライアル期間終了とのアナウンスがありました。

Viber Facebook12月14日の投稿:https://www.facebook.com/viberjapan/?brand_redir=121349544572559

固定電話への無料はかなり前から実施していたので、夏頃にアナウンスされたトライアル期間も数年は続くと思っていたので残念です。
ViberはSNSアプリとしてはLINEに到底及ばないので、これからは友達にスタンプを1日1回送って毎日楽天ポイント1P(最大3P)貰うぐらいしか使い道が無さそう。

Viberが終了したということで、これからの固定・携帯電話への完全無料通話はLine Out Freeのみとなりました。
こちらは通話前に広告動画を15秒再生させた後、携帯電話へは1分間、固定電話へは3分間の無料通話が行なえ、制限時間がきたら自動的に通話終了となるサービス。

Line Out公式ページ:https://line.me/ja/call

使い方の流れを簡単に書くと
[ 2016/12/18 23:52 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)

ヤマト宅急便の送り状を自宅で入手する方法は「C2」と「印字サービス」

ヤマト運輸のクロネコ宅急便はコンビニでも発送できるし、クロネコポイントも貯まるので便利。
たまに送り状が無くなってしまうことがあるのですが、営業所に貰いに行くには面倒な時、自宅のみで手に入れる方法が2つあり「送り状発行システムC2」と「宅急便送り状印字サービス」があります。


クロネコメンバーズに入会


クロネコメンバーズ:https://cmypage.kuronekoyamato.co.jp/portal/entrance

まずは、無料で入会できるクロネコメンバーズに登録します。
Amazon、Yahoo、楽天アカウントでもログインIDとして登録できるので簡単に申し込めます。

入会すると、送り状を手に入れたり、クロネコポイントを貯めてオリジナルグッズなどを貰ったり、出荷依頼をして自宅まで荷物を取りに来てもらったりと、ほぼ何でもできるようになります。
[ 2016/12/18 11:36 ] 生活役立ち情報 | TB(0) | CM(0)