【更新】楽天市場の新SPU最大14倍のルールを解説

SPU(スーパーポイントアッププログラム)概要ページ

SPU7.jpg

2018年3月1日から楽天市場でSPU最大11倍にルール変更されました。(その後追加され現在最大14倍)

上級者御用達のポンカンキャンペーン、あす楽キャンペーンが廃止されたことで、SPUに何らかの追加施策が行われると予想されていましたが、改善・改悪どちらもあるルール変更だと感じます。

新しくなったSPUルールを確認します。

18年4月1日更新
・4月1日から新規追加された楽天トラベル、対象拡大された楽天Kobo、楽天TVを追記
18年5月12日更新
・新たに追加された楽天ビューティーを追記
18年7月1日更新
・新たに追加された楽天銀行を追記
・楽天ブックス/Kobo、アプリから当月1回購入の条件が変更されたので追記

「楽天チェック」抽選方式からチェックイン2倍チケットに仕様変更され良くなった

Joshinなど対応しているお店にチェックインするだけで、楽天ポイントが貯まるアプリ「楽天チェック
これまでは毎日1日1回起動すると抽選チケットが配布され、チェックイン後に応募する仕組みでしたが中々当たらず。
しかし、最近チケットの仕様が変わり、特定の時間に貰える2倍チケットに変更されました。

tileku.jpg

ホーム中程に「リマインダー」項目があり、ここで毎日午前10時~午後20時まで30分おきにチケットが20枚程度先着順で配布されます。
最近は利用者もチケット変更に気づき始めたので、開始後10秒も持たずに終了となってしまいますが、楽天スーパーセールのタイムセールみたいなスクリプトを使ったインチキ者はいないので、操作のコツさえ掴めれば比較的容易に獲得できます。
(休日で入手できているので、平日だともっと楽に入手できるのかも)

楽天のメールdeポイントは超お得な広告メールで利用すれば高還元

me-rude.jpg

楽天市場のキャンペーンをエントリーすると色々なメルマガが登録されますが、その中でも特に常時登録しておきたいのが「メールdeポイント

このメルマガは、特にお買い物マラソンやスーパーセールなど大型イベント開催中に多く届くのですが、このメルマガに掲載されているショップの全商品が高還元対象となります。

1月からの楽天ポイント→Edy交換2%増量は仕様変更に要注意

1/16からいつもの「楽天ポイントからのチャージでチャージ額の2%分プレゼント!」キャンペーンが開催されますが、2018年1月から注意事項が変更されていて達成条件が変わっているみたいなので要注意となります。


edy.jpg

1つ目
※2018年1月1日より開催している「はじめてのポイントチャージでもれなく30円分のEdyプレゼント!」にエントリー頂き、特典の対象となった場合、本CPNの特典の対象外となります。

→一番上に赤字で書かれていますが、このキャンペーンは常連が多いので余り気にしなくても良いかと。
もっと重要なのが中段ぐらいにひっそりと記載されている2つ目です。

2つ目
※1月1日から本キャンペーンの特典付与(2月中旬)までの間に、Edyから楽天スーパーポイントへの交換された場合、キャンペーンの対象外となります。

→Edyが最大5万円まで保持ということもあり、今までは楽天ポイント→Edyに移した後、すぐにEdy→期間限定楽天ポイントに戻すこともありましたが、記載内容を見る限り期間中に戻すと対象外になるようです。
また、文面を見る限りキャンペーン前からあるEdy残高でも期間中に楽天ポイントに交換すると対象外というふうに受け取ることもできます。
ただ、この場合だと上限2000P(10万円分)が楽天カードのみで行えず、Edyモバイルと併用が条件となってくるので判断が難しいです。

この条件気になったので過去分を調べてみたのですが、11月までは記載が無く12月のキャンペーンでも同じ条件が記載されていました。
11月分はいつもの方法でEdy受け取り確認済みですが、12月はまだEdy付与がされていないので、もしかすると対象外となっている可能性があるようです。

以上のようにかなりシビアな条件が加わってしまったので、確実に2%増量を貰うなら1月はEdy交換、2月に特典を貰った後楽天ポイント交換、3月Edy交換という感じで隔月にするほうがよさそうです。

<関連記事>
次回の楽天ポイント→Edy交換3%増量キャンペーン開催日の調べ方

楽天市場でお金をあまり消費せず最速でダイヤモンド会員になる方法

楽天市場では利用状況による会員ランクシステムがあり、最もキャンペーンやポイント付与の恩恵があるのは最上位となるダイヤモンド会員。
一般的にはダイヤモンド会員になり維持するには、楽天市場を日常的に利用してお金を一杯使う上級者しかなれないと思いがちですが、それは間違いでランクアップ&キープシステムをしっかり理解しておけば、大してお金も消費せず短期間で簡単にダイヤモンド会員を維持することが可能なのです。

その辺の仕組みを説明します。