プレミア価格だった「超合金ぐるぐるドラえもん」が再販されていた

2017/8/14記事:数年後は定価超え確実「超合金ぐるぐるドラえもん」をそろそろ予約する
昨年バンダイから発売された3代目超合金ぐるぐるドラえもんは、その後発売から2ヶ月ほどで店頭から消え、18年3月頃から定価の2倍となる12000円程度まで、マーケットプレースではプレミア価格となっていました。



Amazon:超合金 ぐるぐるドラえもん 約125mm ABS&タイキャスト&PVC製 塗装済み可動フィギュア

今日たまたま検索すると、ほぼ定価価格でプライム発送となっており、どうやら最近再販されたようです。
※最安値はフィギュアショップで有名な「あみあみ」で7300円

kakau.jpg

Amazonでの価格推移では、発売前の予約は6783円でしたので、ほぼ発売当時の定価価格となっています。

2代目超合金ドラえもんも数年後にプレミア価格となりましたが売却しました。
しかし3代目は、パーツとなるひみつ道具はすべてドラえもん体内に収納できるしマグネット式で手にくっつく、目の部分は今作パーツでは無くなり、手をを押すたびに目がくるくる変わる仕様になったので、非常に完成度が高いものとなっています。

再販分といっても、ネットのみの小規模販売だといずれ終了となるので、昨年買い逃した人は買っておくべきです。
もちろん暫くしたら再びプレミア価格は必至でしょう。

dora (2)
dora (1)
商品パッケージはゆうパック60サイズで発送できる程度の大きさ。

<関連記事>
【再掲】絶版だったじゃりン子チエの小鉄&アントニオJrとアントン剥製が7月末に再販!

[ 2018/08/26 10:23 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

REGZA最上位「Z720X」はBS/CS4Kチューナー内蔵のハイスペック全部入りモデル

東芝REGZAの最上位Zシリーズの最新作「Z720」が9月下旬より発売の発表がありました。

regza.jpg

55型と49型の2モデル。
55型が24万円前後、49型が20万円前後が店頭予想価格なので、ポイント還元を考慮すると-1~2万円ぐらいが発売直後の価格となりそう。

SENKO.jpg

また各モデル50名に新商品モニター販売の募集も8月22日~9月11日の期間で受付しています。
入札下限価格なら安いと思いますが、18万円半ば以上で入札は標準的な価格になるのでお得感はなさそう。

Z720XはBS4K+直下LED+新IPS+バズーカ+全録のREGZA機能全部入り。
4Kチューナーは先に発売された、M520シリーズと同じく10月後半に提供される4K視聴チップで対応。
時期的には発売1ヶ月後なので、これならチップが正式提供され同梱されるようになってからの購入でもいいかも。

唯一残念な点は映像配信サービスにAbemaTVが非対応なところですが、BRAVIAよりREGZA(特にZシリーズ)のほうが好みなので、今使っているBRAVIAフルHDTVを買い換える時はZ720Xの49型を検討したい。


[ 2018/08/22 21:41 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

【再掲】MonoMax7月号付録の「ビームスライツ多機能バッグ」小物収納に最適

発売日が近づいてきたので再掲。

6月9日に発売される「MonoMax(モノマックス) 2018年7月号」には、ビームスライツ多機能バッグが付録に付くみたい。



890円の書籍付録なので、これを手に下げて街中をぶらつくには安っぽすぎますが、旅行かばんに入れる小物入れ、自宅の小物入れとして保管する用途には非常に向きます。

というのも、1年半前に発売されたMonoMasterの付録とブランド名が違うだけで作りは一緒だから。
■【実物追記】雑誌MonoMasterの付録ハミルトン多機能バッグが収納性良さそう

MONOMAX (2)MONOMAX (1)

商品説明に仕切りは取り外して自由に動かせるとあり、確かに自由に間切はできますがマジックテープ式の布状で強度が無いため、沢山収納して手に下げて持ち運ぶとぐちゃぐちゃっとなってしまうかもしれないので、そのへんは付録レベルの作り。

しかし、ちょっとしたおもちゃなどホコリが被らないように入れておくケースとして考えると、ちょうど具合が良く使い捨て感覚で使えればいいと思いつつ、未だに小物入れとして使ってます。

[ 2018/06/06 20:17 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

3000円引きの「PlayStation4 Days of Play Limited Edition」はある意味レア商品

「Days of Playキャンペーンサイト:http://www.jp.playstation.com/psblog/pickup/daysofplay2018/

6月8日~6月18日までDays of Playキャンペーンが開始され、本体の販売や人気ゲームソフトのダウンロード版が最大88%OFFセールをするみたい。

その中で特に目を引く商品が、定価から3000円安い26980円(税別)で発売される「PlayStation 4 Days of Play Limited Edition」という限定本体

PS4HO.png

通常本体ならスルーするところですが数量限定な上、万人受けするデザイン(ゲーム同梱限定本体は個人の好みの差が出る)なので、これは後々定価超えで多少レア化する可能性もあるため、3000円引き価格なら新品で保存しておく価値はあるかも。

この商品が量販店でも並ぶのか、それともソニーストア専売なのかは不明。
ただ6月8日からということなら、春のスーパーチャンスのdポイントが6月上旬から順次入ってくるので、ソニーストアでd払いでの消化にはもってこいの商品。
ネックは8日が金曜日の平日なので、日中に販売されると社会人には厳しい。

追記
楽天ブックスAmazonで予約受付してました。
どうやら量販店でも販売されるということは、そこそこ数が出回りそうなので、ポイント還元をうまく狙って2万円前半で購入できれば元以上は取れそう。

[ 2018/05/29 23:51 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

ドコモ専売の全画面フルクリアガラスフィルム「DOME GLASS」が夏モデル発表で一番気になった商品

先週ドコモ夏モデルの発表がありましたが、HUAWEI P20 Proが一番の目玉商品といった感じで、Galaxy S9は進化に乏しく、Xperiaに至ってはウリだったカメラまでが最上位機種でも初デュアルカメラ搭載止まりということで、もう完全に終わってしまったブランド感出まくりだった。
Huaweiは3キャリアから発売されることになり、これまでショップの機種変更でしか購入しなかった利用者の獲得が得られるので、今後は一気にシェアを伸ばしてくると予想される。
サービス系では、dポイント投資できるTHEO+docomoも目についたが、通常ポイントのみ使用可能では大した魅力ではない。

その中で地味ながら目を引いたのがドコモ専売の全画面フルクリアガラスフィルム「DOME GLASS」という商品。



[ 2018/05/20 23:25 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)