東芝REGZA「Z730X」6月発売 ダブル4Kチューナー内蔵で43型も初登場

2019年モデルの東芝REGZA「Z730X」が6月上旬に発売される模様

z730x.jpg

最上位モデルで待望の43型が出てくれたので、新居ではこれが第1候補になりそう。
今年2月にパナソニックも4K上位機種で43型が出たけど、重量が17kgもあるしパナのTVはどうかと感じていたのでスルーだった。

Z730Xは総合出力80W重低音バズーカスピーカー(前モデルは66W)採用されているが、43型の重量はスタンド込みで13.5kgと軽量で、これなら一人でも設置や持ち運びはできそう。(49型でも16.5kgなのでギリギリいけるか)
今使っている7年前発売のBRAVIA KDL-32HX750が10.2kgなので、画面サイズ考えるとだいぶ軽く感じる。

画質もレグザエンジンEvolutionPROからレグザエンジンPROFESSIONALに変わっていて、AI技術を駆使した高画質化処理「AI超解像技術 深層学習超解像」「AI超解像技術 バリアブルフレーム超解像」という名称だけで購入意欲がそそられる。
昨年のM520Xから早めに買っておこうか迷った末、様子見していたけど大正解だった。

あとは未だ4Kチューナー内蔵モデルが発表されていないBRAVIAも、現行モデルが昨年5月発売だったから、もう間もなく発表がありそうなので、SONY側の新作(特にX9000Fの次モデル)も見極めた上で購入を確定させます。

[ 2019/04/16 22:47 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

レトロアーケード「マッピー」購入 筐体デザインは良いけど中身はファミコン版で×

予約していたレトロアーケードの「マッピーが届きました。


mapi (1)

ネオジオミニと比較すると大体同じサイズ。
外箱もやや小さいぐらいなので、全部集めようとすると意外と場所を取るので邪魔になりがち。
ゲームは残念ながらファミコン版を移植したようで5段しかない。

[ 2019/03/27 23:18 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

絶版だった「大人の科学マガジン 二眼レフカメラ」が復刻販売で予約開始

2009年に発売されシリーズの中でも高評価だった大人の科学マガジン 二眼レフカメラが、昨年のプラネタリウムに続き6月に復刻販売されるようです。



楽天ブックスでもポイント還元ありで予約受付中

当時のものは2017年末頃から絶版となり、現在は新品が定価から2.5倍近い6000円水準のプレミア価格になっていました。
復刻版は一部改定されていて、内部シャッター機構が組立済となって、より作りやすくなっていて、実際に35mmフィルムを使って撮影できるみたい。

プラネタリウムは小さな活版印刷機のようにすぐ品切れにならなかったので、二眼レフカメラも当面はいつでも予約できそうなので、還元率のいい時に注文しても間に合うはずです。

第3弾があるとしたら、4ビットマイコン電子ブロックminiシンセサイザー、この辺りが高評価で在庫切れしているので復刻してくれそうな予感。

[ 2019/03/14 20:31 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

レトロアーケード第2弾が登場|バブルボブルの筐体が良いので購入する

レトロアーケード(海外ではMicro Player)第2弾が早くも6月30日に登場するみたいで、Amazonや楽天ブックスなどで予約できるようになっていました。



Amazon:バブルボブル ローリングサンダー エレベーターアクション
楽天ブックス:バブルボブル エレベーターアクション ローリングサンダー

第1弾はマッピーを予約したけど、第2弾はバブルボブルを予約したい。
やっぱりキャラクターが描かれた筐体デザインはコレクションしたくなります。(インストカード付きなら最高なんだけど)
第2弾でタイトーゲームも発売されたのでまだシリーズが続いていくのかも。タイトーならレインボーアイランドや奇々怪々も筐体で欲しい。

第1弾(3月24日発売)については以下の記事で
レトロアーケード筐体Micro Playerシリーズ 大人買いでコンプすべきか(マッピーだけ欲しいけど)

[ 2019/03/02 23:25 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)

Switchゲーム「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」がオホーツクに消ゆっぽい感じでいいかも

Switchダウンロード専売ソフト「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠

ituwa.jpg
ITUWA1.jpg

先日スマートニュースで、オホーツクに消ゆっぽいファミコン時代のアドベンチャーゲームの画像を見て、こんなタイトルFCであったかなと思って記事を見ると、何とSwitch新作ゲームとして1月24日に配信にされるとのこと。

シュン、まきこ みたいな絵柄だと感じたが記事を読むと、どうやらオホーツクに消ゆをデザインした人と一緒みたい。(ちょっと見た目が今風に変化してるが)

懐かしのコマンド選択式で、「きけ」「よべ」「ばしょいどう」は全く同じだけど、「けんさく」「スマホをつかえ」があるのは現代風。
価格も1000円でお手頃で、これは購入してみたい。



最近ではエイリアンフィールドのリメイク版が発売されるニュースも出たものの、PC用のSteam販売しかないみたいでガッカリ。

SwitchのDL専売はファミコンっぽいゲームがチラホラ配信されるので、1周回ってドットゲームが流行ってくれるとレトロゲーム好きとしては嬉しい。

[ 2019/01/05 21:40 ] 新製品・予約・付録情報 | TB(0) | CM(0)