Android SDKで開発 エミュレーター設定編

前回でエミュレーターを起動させることができましたが、表示が英語でキーボードも初期状態は英語と中国が入っていますので、その辺りの設定を変更して使いやすくしたいと思います。

sdk40.jpg



[ 2010/07/04 17:16 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(0)

Android SDKで開発 エミュレーター起動編

前回で環境設定はすべて終わりましたので、今回は仮想デバイスを作成してエミュレーターを起動するまでを紹介します。

※仮想デバイスの作成=Androidのver指定と考えてください。
作成及びエミュレーターの起動はすべてコマンドプロンプトで行ないます。
またver違いで複数作成することも可能です。




[ 2010/07/04 17:16 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(0)

Android SDKで開発 環境構築編その2

今回はEclipseでの環境構築を行ないます。
主にAndroidで必要なファイルをEclipseにインストールしていくことになります。

※なおすでに一度設定をやり終えて2度目に行っているので、一部画像が撮れない所や表示が違うところもありますのでご注意ください

ここで初めてEclipseを起動しますが、以下の画面が表示されますのでワークスペースのフォルダをしてやる必要があります。

sdk14.jpg

とりあえず、androidフォルダの側に作成しておけば良いと思います。



[ 2010/07/04 17:15 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(0)

Android SDKで開発 環境構築編その1

前回でソフトの準備ができたので今度はソフト側の環境構築をしていきます。
(Windows7を使用しての説明です)

まずは<Android-SDK>ソフトから

※ソフトはCドライブ直下に「Android」というフォルダを作成しその中に<Android-SDK>を解凍した状態で説明しています。
またこの設定は本格的に開発する為の設定でもしかするとエミュレーターを起動するだけなら必要ないかもしれません。




[ 2010/07/04 17:15 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(0)

Android SDKで開発 開発ソフト準備編

Android SDKを使ってエミュレーターを起動するまでの流れを紹介します。
私のようなプログラム知識ゼロでも起動させるぐらいまでなら何とかなります。
ちなみに初めて行なった時の所要時間は1時間弱かかりました。(色んなサイトで調べつつ実行)
また今回の手順は自分なりに必要最低限な設定に絞って記述しています。

なお今回使用するPCはWindos7の64bitなので、XPやMacだとフォルダの作成場所などで一部異なる場合があります。

まずは必須ソフトである以下の3つのソフトをダウンロードする必要があります。
直接ダウンロードページのリンクを貼っていますので同名のファイルをダウンロードしてください。

・ Eclipse IDE for Java Developers
・JDK 6 Update
・ android-sdk_r06-windows.zip


[ 2010/07/04 17:15 ] Android(SDK) | TB(0) | CM(0)