1月からの楽天ポイント→Edy交換2%増量は仕様変更に要注意

1/16からいつもの「楽天ポイントからのチャージでチャージ額の2%分プレゼント!」キャンペーンが開催されますが、2018年1月から注意事項が変更されていて達成条件が変わっているみたいなので要注意となります。


edy.jpg

1つ目
※2018年1月1日より開催している「はじめてのポイントチャージでもれなく30円分のEdyプレゼント!」にエントリー頂き、特典の対象となった場合、本CPNの特典の対象外となります。

→一番上に赤字で書かれていますが、このキャンペーンは常連が多いので余り気にしなくても良いかと。
もっと重要なのが中段ぐらいにひっそりと記載されている2つ目です。

2つ目
※1月1日から本キャンペーンの特典付与(2月中旬)までの間に、Edyから楽天スーパーポイントへの交換された場合、キャンペーンの対象外となります。

→Edyが最大5万円まで保持ということもあり、今までは楽天ポイント→Edyに移した後、すぐにEdy→期間限定楽天ポイントに戻すこともありましたが、記載内容を見る限り期間中に戻すと対象外になるようです。
また、文面を見る限りキャンペーン前からあるEdy残高でも期間中に楽天ポイントに交換すると対象外というふうに受け取ることもできます。
ただ、この場合だと上限2000P(10万円分)が楽天カードのみで行えず、Edyモバイルと併用が条件となってくるので判断が難しいです。

この条件気になったので過去分を調べてみたのですが、11月までは記載が無く12月のキャンペーンでも同じ条件が記載されていました。
11月分はいつもの方法でEdy受け取り確認済みですが、12月はまだEdy付与がされていないので、もしかすると対象外となっている可能性があるようです。

以上のようにかなりシビアな条件が加わってしまったので、確実に2%増量を貰うなら1月はEdy交換、2月に特典を貰った後楽天ポイント交換、3月Edy交換という感じで隔月にするほうがよさそうです。

<関連記事>
次回の楽天ポイント→Edy交換3%増量キャンペーン開催日の調べ方

これから仮想通貨始めるならビットコインを手堅く売買し億万長者の夢は捨てること

昨年の今頃に初めて仮想通貨に関する記事を書きましたが、今年改めて仮想通貨投資についてどう思うのかと言うと、昨年が最初で最後のチャンスであって、今年から始めても億万長者になれることはほぼ無理で、良くて2~3倍、下手すると大損する可能性大だと思っています。

理由としては

その1:ビットコインを基準とした時価総額で考えるならば、イーサリアムだと2倍、リップルだと3倍しか上昇余地が無く、昨年末に起きたような短期間で10倍以上の夢は無いと思っていい。
ライトコイン、ネムといった辺りはまだ時価総額は低いながら、リップルを基準として考えるならば良くて4~5倍程度と考える。
聞いたことも無いような時価総額の低いアルトコインなら10倍以上の可能性は秘めていますが、こんなのは運次第で宝くじ感覚だと思う。
仮想通貨の時価総額順位は以下のサイトで見れます。
リアルタイム仮想通貨時価総額ランキング:http://bitmanagement.jp/ranking/

その2:アルトコインの殆どでスプレッド幅が広すぎること。
先日開始したDMM bitcoinは初日こそスプレッド幅が狭く、これなら今からリップルやネムを購入しても多少は利益を出せると思ってたが、数日たった今スプレッド幅が常時15円に広がっており、これでは損するリスクのほうが絶大。

ripuru.jpg
直近で一番動いた1/11でも始値174円、高値189円、安値145円、終値158円で値幅は44円。
もし今後、昨年秋ごろのように動きがストップしてしまうとスプレッド幅が改善されない限り塩漬けとなってしまうリスクもある。
最近特に思うのは、スプレッド幅について言及せず安直にこの取引所は初心者向けでオススメですみたいなブログが非常に多いこと。
スプレッド幅を考慮しなくても良かったのは暴騰する前の昨年までであって、今年はスプレッドコストを意識しないと到底勝てない環境になっているということを強く言っておきたいです。

その3:昨年末に仮想通貨で億万長者続出みたいなニュースが出るようになって、投資初心者が一斉に口座開設殺到している点。
株でもよく言われているように、TVなどを見てド素人が一斉に入ってきたときが相場の天井になりやすい。
昨日のネットニュース「世界ビットコイン保有者4%が全ビットコインの97%を保有」と出ていましたが、これが本当なら大口4%のさじ加減一つになるので、一気の暴落は無いもののある程度ムードを良くしたところで叩き落とすというような展開が続くのでは無いかと感じる。

[ 2018/01/14 10:20 ] マネー | TB(0) | CM(2)

【株】1月前半は好スタートで太陽誘電、森六の二枚岩で当面ガチホ

20181KABU.jpg

1月前半は日経が好調、NYダウはそれを凌ぐ好調っぷりで、すでに利確分で約40万円プラス、含み益分も37万円で年初としてはかつて無いほどの好スタート。

昨年12月からのIPO相場は少し落ち着いてきたものの、未だ仮想通貨関連やカジノ関連が思惑で大きく動いているけど、間もなく第3四半期決算発表時期となるので、業績相場に移ってきそう。
しかし久しぶりに期待ができる銘柄2つに絞れたので、ニ枚岩で大きく勝負しガチホで決算まで迎えたい気持ち。

太陽誘電は何度も書いているように鎌倉先生推奨銘柄で、いつもより超強気の業績予想をされているので信じるのみ。
12月10日の記事:太陽誘電は更なる大上方修正必至
12日時点のコンセンサスは経常利益19,806百万円だが、先生の予想下限であっても15億は上ブレする見込み。
機関の空売り、買い戻しが入り乱れていて、ここ数日は寄り付きが大きくブレがちだが、チャート調整の範囲内に見えるので焦らず行きたい所。

[ 2018/01/12 23:23 ] | TB(0) | CM(0)

楽天フリル新規登録するだけで300ポイントプレゼントキャンペーン実施中

1月19日9:59までの期間「楽天フリルに新規登録で300ポイントプレゼントキャンペーン」を実施しています。

huri1.jpg

条件はエントリーを先にしておき、フリルで「楽天IDでかんたん登録」で新規アカウント登録するだけで、その後の利用有無は問わず。
2月28日までに期間限定ポイントで付与され有効期限は半年。(フリル内のポイントでは無く、楽天ポイントで付与されます)

フリルはドコモの大型キャンペーンの影響で金券類は出品禁止となっています。(一部のチケット、優待券は可能でカテゴリもある)
特に規制対象の元となったJCBギフト券の監視は厳しくなり殆ど出品が見かけなくなりましたが、クオカードは現在もそれなりに出品されています。

自分がクオカードなど出品すると運営側が発見され次第削除され、一定数繰り返すとBANとなります。(ラクマで経験済み)
優待券出品のどこまでがOKなのか線引が難しい所ではありますが、ペナルティは出品者のみで購入者には基本影響しないので、期間限定ポイント消化目的でクオカード購入はしています。

フリルはこれまで取扱高でメルカリに肉薄していると決算時に報告してましたが金券による出品効果が大きかったのは隠しようもない事実で、完全に規制してしまうと今度は大きく取扱高に影響してしまうので、恐らく数万以上の金券は監視するものの、数千円程度の金券は見て見ぬふり対応をするのではないかと思ってます。
どちらにせよ正攻法の運営ではもうメルカリを抜くことは不可能なので、楽天経済圏活性化に向けたサービスの一つとしてこれからもほぼ完全手数料無料運営で続けていくはずです。

フリル実践3ヶ月目レビュー:フリマで商品を売るための秘訣とは

[ 2018/01/12 22:19 ] お得情報 | TB(0) | CM(0)

1月のドコモはdポイン友ふやそう5倍+お得なd曜日5倍キャンペーンを実施

冬のスーパーチャンスが終了したので次のドコモ大型還元は3月頃が予想されますが、1月中は以下2つのキャンペーンが実施されています。

DPOA.jpg

ポイン友ふやそうキャンペーン

18年1月11日までにdポイントカードを登録している人が、家族や友達に上記キャンペーンサイト専用の紹介方法で連絡し、相手が紹介URLからdポイントカードをdアカウントに登録すると両者が期間中5倍(通常1倍+期間限定4倍)還元となります。
※相手側は初回登録が条件なので、すでに1枚dポイントカードを登録していたら無効

限定ポイントは2018年3月末までに進呈で有効期限は2018年5月31日(木曜)まで。
上限ポイントの記載は見当たらないので無制限かも。
対象店舗はキャンペーンページに掲載。

DPOINA.jpg

お得なd曜日5倍キャンペーン

こちらはいつもの金曜日と土曜日にdケータイ払いプラス決済で5倍還元のキャンペーンでルールも一緒。


両方共あまりお得感はないので、2月中旬頃までは待機しておいたほうがいいかも。

[ 2018/01/12 22:00 ] お得情報 | TB(0) | CM(0)