iPadmini2をやめてiPodTouch(5th)を購入した理由

第2世代iPodTouchを購入してから毎年1台はアップル製品を買い続けてきましたが、iPhone4Sの頃から性能・機能面ともにAndroidのほうが魅力ある端末になり、iOSは少しづつ使う頻度が減ってきました。

今年でアップル製品を買うのは最後と決めていましたが、最後に選んだハードはiPadmini2では無く、第5世代iPodTouchを購入しました。

DSC00464_R.jpg

【第5世代iPodTouchを選んだ理由】

最大の理由はXPERIA Z Ultraを手にしたことで、これまで唯一の利点だった電子書籍の閲覧もiPadminiで使わなくなってしまったこと。


XPERIA TABLET Z・・自宅専用動画再生機
XPERIA Z Ultra・・電子書籍閲覧、その他旅行時での動画再生、ゲームなど幅広い用途
XPERIA Z1・・日常的なデータ通信端末としての基本端末
ARROWS NX・・通話専用(XPERIA Z1fに買い替え予定)



こんな感じでiPadminiの立ち位置が完全に消滅。
アップルの端末はアプリで保管するハードなので独自機能は貧弱、音楽や動画では使い道が無い。

しかしながらiPhone4S以前の頃は相当な数の有料アプリを購入しているので完全に手放すことはできない。
となると、バッグの隙間に入れても邪魔にならなず、おもちゃ感覚でこれまでの買い切りゲームアプリを楽しみたいとなったらiPodTouchしか選択肢が無いといった次第で購入することにしました。



【アップルはシンプルが一番】

DSC00466_R.jpg

iPodTouchの最大の特徴は4インチ86gという超軽量端末。
購入したのは16GBモデルなので背面カメラは無し。
板状だったiPhone4Sと違って薄く持ちやすいのでGOOD。

4Sを購入後、Androidはすでに4インチ以上のHD端末が出始めており、この時点でもうiPhoneはダメだと感じ、すぐにauのARROWS Z(ISW11F)でAndroidに乗り換えましたが、今となっては逆にこのコンパクトなシンプルさが、ゲーム用途ぐらいならちょうど良い感じに収まります。



【フィルムも久しぶりにパワーサポート製】

DSC00465_R.jpg

iOSハードでは定番とされているパワーサポートのアンチグレアフィルムを久しぶりに購入しました。
若干画面は濁りますが、過去に購入したゲームアプリで遊ぶことがメインになるので、指先の滑り易さを優先しました。

最後に使ったのは確かiPhone4の頃でしたが、しっかりバブルレス対応フィルムになっていて昔のように気泡が沢山入ることも無く綺麗に貼れます。
またフィルムシートが中央部分だけ先に剥がれるようになっており、絆創膏を貼るような感じでできるので液晶への位置合わせが結構しやすのが特徴です。



【アクティベートに手こずる】

第5世代iPodTouchはiOS6の状態で初回起動が始まりましたが、なぜか正常にWi-Fi接続できているにも関わらず、
「アクティベーションサーバが一時的に利用できないため、この iPhone をアクティベートできませんでした。」
というメッセージが表示されアクティベートできず、ホーム画面に進めない事態になりました。

仕方ないので一度iTunesを使って初期化しようとしたら、最新iOS7.0.3がインストールされてしまい、この状態で再び初回起動を行いましたが、今度はなぜかWi-Fi接続で何事も無くアクティベートされ使えるようになりました。

端末も使用したWi-Fiも故障していないことは確かで、もしかしたらiOS6の状態ではアクティベートできなくなっているのかもしれません。



【厳選してインストールしたアプリ達】

IMG_0002_201311031926127f9.jpg

これが最後かもしれないので、有料アプリを中心に面白かったアプリを選別してインストール。

まずこれが無いと困るアプリとしてMoneyNET麻雀 MJモバイル

Moneyは資産管理アプリ。Androidでは家計簿アプリすらまともな物が無く、現在唯一iOSで毎日起動しているアプリでもあります。
MJモバイルもAndroidで配信されていないアプリ。初代アーケード時代から長年遊んでいる麻雀ゲームなので、これも愛着のあるアプリ。


次は、高級辞書アプリ大辞林、ケイブのSTG虫姫さま ふたりなど)パチスロアプリ押忍!番長2など)
このアプリ達は1本600円以上で総額1万円以上は使っているので入れておかないと勿体無いアプリ。

その他、買い切りアプリ全盛期の頃に沢山購入したアプリの中から面白かったものを色々とチョイス。
PCで管理してなかったので配信停止になったアプリや、アプリ名が思い出せなかったゲームも少しあり。

以上インストールして残り容量は3GB。
ゲームロフトやEAみたいな容量の大きいゲームを除けば16GBモデルでも何とか入りました。


【iOS7の動作も問題なし】

iPadminiでOS7にした以降、引っかかったり動作が重かったりしましたが、iPodTouchは購入直後だからか思いの外スムーズに動作するようなので一安心。
→ブラウザはやっぱり3~4枚ウインドウを開くとかなり動作が鈍くなりました。

この第5世代iPodTouchの調子が悪くなったりしない限りは今後アップル製品は買い換えないと思います。 
でも第6世代iPodTouchが良かったりしたらまたすぐ買ってしまうかも・・・
通算9台目のアップル製品となりましたが、結局最後に行き着いたのは最初に購入したiPodTouchシリーズに落ち着くということになりました。


[ 2013/11/03 19:57 ] iOSハード | TB(0) | CM(1)

アクティベートはどのバージョンでも出来ます。
[ 2014/12/04 09:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1021-26fd3aec