至高のクラウド資産管理アプリ Android版「マネーフォワード」使い方

これまでAndroidでは良い資産管理アプリが見つからず、iOS「Money」をずっと使い続けてきましたが、ついに理想的なアプリを見つけました。

株式会社マネーフォワードから配信されている「マネーフォワード」です。
※マネーフォワードはマネックスグループが100%出資している子会社

2013y12m03d_204050468.png

Android版:マネーフォワード 無料
iOS版:無料家計簿-マネーフォワード 無料
PCサイト:マネーフォワード ログインページ


この記事ではAndroid版を使って登録~基本的な使い方を紹介します。

2013年12月5日追記
メーカー側から今後ワンタイムパスワードにも対応するとの返答をもらったので追記しました。

2014年12月11日更新
VER5.0.0でUIがフルリニューアルされたので、新たに最新VERに対応した記事を作成しました。
証券からクレカまで全自動資産管理アプリ「マネーフォワード」最新5.0.3使い方

【アプリの特徴】

・銀行、証券からポイントサイトまで1320社にクラウド対応

→これは手入力で資産管理する必要がなく、一度登録すると自動的に収支処理がされ常に最新の金額で表示されます。

※セキュリティに関して
2013y12m03d_205358796.png

利用には口座毎にパスワード・暗証番号の入力が必須になりますが、セキュリティのページに記載されているように
暗号機能「256bit SSL暗号化通信」、公開鍵は現在利用可能な方式の中で、最高水準の暗号方式「2048bit」を採用
とても強固なものなので安心です。
ただそれでも信用できないという人には残念ながらこのアプリはオススメできません。

・Android=iOS間・機種変更でもデータは引き継ぎ可能

データはサーバー上に保存されているので、機種変更をした場合でもマネーフォワードにログインするだけでデータがそのまま使えます。
GoogleとFacebookアカウントでの登録に対応しているので面倒な無料登録時の記入もありません。



【アカウント登録】

マネー

アプリを起動して最初にマネーフォワードのアカウントを作成。
AndroidならGoogleアカウントを必ず持っているので、これで新規登録すればわずか数秒で登録完了。
登録後はPCやiOSでもGoogleアカウントのIDとパスワードを入力すればログインできます。

このあと簡単なチュートリアルが入るので、それを見ながらでもある程度操作がわかりますが、マネーフォワードでは口座登録と財布(現金)さえ最初に設定してしまえば9割は使いこなせてしまうことになります。



【財布(現金)の登録】

財布の現金や金券だけは自分で収支管理が必要

マネーあ

メニュー → 財布(現金管理)を選択

単純に「財布(現金)」と登録し「○○○円」と手持ちの金額を入力します。
複数登録できるので、ギフト券やスーパーの金券などは別口で「財布(金券)」「○○○円」と登録すればより細かく管理できます。

「財布と連動する口座」については後からでも設定できます。
これは銀行口座からATMで引き落とした際、自動的に現金に+されるので入力の手間が省けるという機能。




【銀行口座等の登録】

初期設定ではこの銀行口座の登録だけが全てと言っていいぐらいで、この登録さえ終わってしまえば後は日々の現金家計簿だけ付けるだけになります。

マネー1

メニュー → 金融機関登録を選択

銀行口座の登録で説明すると、各銀行に登録しているIDとパスワードだけ入力すれば、後は自動的に処理してくれます。

「ATM引き出しの連動先」は先程現金の「財布と連動する口座」チェックボックスのこと。
「自動取得対象の開始日」
は「開始日以降のデータを取り込む」にすれば現時点での口座預金がそのまま反映され処理も早いので、過去の取引の記録まで必要ない場合はこちらを選択。


★ステータスに注意★

登録後すぐに状態が反映されるわけではなく、数分時間がかかることがあります。
また銀行によっては更に暗証番号や合言葉の追加登録も必要になるので、そこはステータスで判断することになるので画像を参考に。

マネー2


正常・・すべて処理終了で以降常に最新の状態が維持される
取得中・・情報処理中なのでしばし待機
○○入力待ち・・合言葉など追加登録が必要な場合に表示されるのでタッチして追加情報を入力します。

マネー3

登録した口座が全て「正常」なっていればOKです。


★確認済み口座★

以下の口座は全て実際に登録し「正常」に使えることを確認しました。

<銀行>
三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・住信SBIネット銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行

※ソニー銀行はワンタイムパスワード方式で口座を開いている場合は現状未対応で登録できませんでした
→今後対応するとの返答を貰いました。

2013y12m05d_214720373.png


<証券>
GMOクリック証券・SBI証券・マネックス証券

<カード>
エポスカード・ヤフーカード(JCB)・楽天カード

<電子マネー>
nanaco(モバイル・ネット)
※Edyは「未対応の電子マネー」項目から登録できます。

<ポイント>
げん玉ポイント・Tポイント(YahooID)・Pontaポイント

<携帯>

ドコモ

<通販>
Amazon.co.jp(アマゾンギフト登録残高が表示される)



【日々の家計簿】

銀行登録が終われば、以降は日々現金でお買い物した後の収支をつけるだけの作業になります。

マネー4 (1)マネー4 (2)

ホーム画面の鉛筆アイコンから

家計簿モードは割とシンプルな作りになっています。
なお登録した収支が間違っていて削除したい場合は
ホーム画面の入出金履歴を開く → 登録した項目を選択 →右上の「削除」をタッチ


以上がマネーフォワードの基本的な使い方になります。
他にも資産推移など円グラフで細かく情報表示してくれる機能もあります。


マネーフォワードは単純な日々の収支家計簿に留まらず、全財産が把握できる資産管理アプリとなっていますが、一度登録設定を済ませてしまうと後は自動で管理してくれる素晴らしい機能なので、ズボラな人でも問題なし。
多少現金収支が合わなくても、月末に雑損で帳尻を合わせてしまえばいいのです。(全財産をしっかり把握することが大事)

先日待望のAndroid「レシレコ」が配信され、このアプリと連携できるようなので、近いうちにこの連携機能も紹介します。

→紹介記事書きました:高認識なレシート撮影家計簿 Android版「ReceReco(レシレコ)」使い方


[ 2013/12/03 22:08 ] Android(アプリ) | TB(0) | CM(4)

資産

資産が丸見えですが…
やはり任○堂だとお金が貯まるのですね
[ 2013/12/04 20:36 ] [ 編集 ]

Re: 資産

> 資産が丸見えですが…
> やはり任○堂だとお金が貯まるのですね

契約社員のしがないテスターなので月給はわずか13万ぐらいしかありません。
そのかわりリスク承知で株投資してますし、こうしたブログ運営やポイントサイトでマメにお小遣いを稼いだ成果がこの資産です。
ちなみに2007年~2010年にビギナーズラックで儲けた利益をすべて無くして退場した経験もあります。

わざとらしく隠すより、ありのまま見てもらうほうがいいと思ったのでこのままにしておきます。
どう感じるかは閲覧者に任せます。
私のことはともかくアプリは本当によく出来ているので試して見てください。
[ 2013/12/04 21:42 ] [ 編集 ]

Re:Re:

お気を悪くさせてしまい申し訳ありません
株でうまくいったのか、ブログ収入が多いのかわかりませんが、ここまで資産を増やしたのは才能ですね
これからも楽しく見させて頂きます
[ 2013/12/05 23:25 ] [ 編集 ]

Re: Re:Re:

> お気を悪くさせてしまい申し訳ありません
> 株でうまくいったのか、ブログ収入が多いのかわかりませんが、ここまで資産を増やしたのは才能ですね
> これからも楽しく見させて頂きます

いえいえ 全然気にしていませんのでお気遣いなく(^.^)
これからもお気軽にコメントしちゃってください。
[ 2013/12/06 00:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1051-003e0835