VAIO PRO11 Windows8→8.1にして発生した問題点

VAIO Pro11をWindows8から8.1にアップデートしてみました。


一応正常に動作しているものの、アップデート直後はかなり不安定な挙動で強制終了をするはめになったり、一部深刻なダメージを受けた部分もあり、正直なところ8.1にするメリットはほとんど無しでした。

そんな8→8.1への注意点を紹介します。

【アップデート前にしたこと】

VAIOのお知らせにも記載されているように、WindowsのアップデートとVAIO UPDATAはすべて最新にした。

セキュリティソフトのAVG Antivirusは念のためアンインストール。
あと仮想ドライブソフトのDAEMON Toolsを入れていると致命的な不具合が発生したとの情報が検索で見つかったので、これもアンインストール。

その他はそのまま、一応パスワードソフトのバックアップだけとって開始した。


【アップデート所要時間は約30分】

Windows8.1は8用のスタート画面のストアから無料でダウンロード可能。
ファイル容量は約3.7GB程度で結構あり。

ファイルダウンロード・・約15分
システムの構成・・約15分
合計30分程度

アップデート中は特に何事も無く進行しました。


【8.1直後無線LANが接続できなくなるがすぐに動作】

8.1直後は購入したての初回起動時のセットアップウィザードが入りますが、無線LAN設定のところだけネットワーク接続に時間がかかってます、というような感じで全然つながらないのでスキップさせました。

通常画面でWi-Fi接続画面の情報がちょっとおかしいような感じもしましたが、
設定→PC設定の変更→ネットワーク からWi-FiスイッチをON⇔OFFに切り替えて、再度ネットワークパスワードを入れると正常に動くようになりました。



【HDD上のリカバリー領域が無くなる】

下記のプログラムインストールなどでおかしい動作をするようになったので、一度リカバリーして真っさらな状態にしようとしましたが、HDDのリカバリー領域が無くなったのか壊れたかは不明ですが購入時のWin8に戻せないようになりました

今回一番深刻なダメージを受けた部分で、購入直後にリカバリーディスクは作っていなかったので、後戻りはできない状態に陥ってしまいました。
※Windows上のリフレッシュさえできない状態

なおSONYのリカバリーディスク送付サービスは2013年12月24日 17時でインタネットでの申し込みは終了し、以降はFAX・郵送での受付のみで、しかも5250円→7875円に値上がりという改悪。
肝心のSVP1121A1Jは一時提供中止でネットから申し込みできないという現状。
(ホントSONYは良い製品を作っても、サポートがお粗末で良かった試しが一度も無い!)



【8.1後のVAIO UPDATEで固まる】

8.1にしてLAN接続後、真っ先にVAIO UPDATEを確かめると新たに10個ほどの更新プログラムが出現。
ここで問題が発生し、プログラムのインストール中にバーが固まり進行しなくなりました

動作自体は問題無くカーソルでシャットダウンを選べますが、今度はシャットダウンしてますの画面で動かなくなり、電源ボタン長押しで強制終了

こんな動作を複数回繰り返している内に、PCモニタの輝度がMAXになったりして怪しげな雰囲気になりましたが、これも何度かPCの再起動を繰り返すといつのまにか正常に戻りました。

もしかすると、8.1にした直後は内部でまだシステムの書き換えなどが行われているかもしれないので、少し放置しておいたほうがいいのかもしれません。



【VAIO UPDATAは1つずつ行う】

上記のように安定した頃に、プログラムを1つずつインストールするようにしたところ、すんなりと入りインストール完了→一度再起動を繰り返し7つは簡単に入りました。


しかし赤枠で囲った3つのプログラムがどうもうまく入りません。

BIOSプログラム
これはインストールしようとすると「すでに最新です」と表示される。
BIOSは弄ると危険そうなので、ここの表示は見なかったことにして放置しました。

無線LANドライバー
これは「正常にインストールしました」と表示されるものの、ここの表示ではずっと残り本当にインストールできたのか不明。
無線LANも壊れるとどうしようもないので放置。

スマートコネクトテクノロジー
インストール途中に「サービスを停止しています」部分で固まってしまい強制終了しかできなくなる現象が100%発生。
次の手順を行うことでインストールできました。



【スマートコネクトテクノロジーインストール方法】


1:VAIO設定→電源・バッテリー項目から機能をOFFにする。

2:コンパネ→プログラムの削除画面で「Intel Smart Connect Technology」をアンインストール。
アンインストールしたらVAIO設定にこの項目が無くなっていることを確認。

3:VAIO UPDATAを確認すると「スマートコネクトテクノロジー」の表示が無くなっている。
直にexeファイルを起動してインストールすればOKだが、もしファイルを事前にダウンロードしていなければSONYの配布ページから別途ダウンロードできます。

4:VAIO設定で項目が復活しているのでONにして完了

なおスリープ中に勝手に起動している現象は、この機能の影響している可能性があるのでOFFもしくは時間設定を見直すと改善されるかもしれません。


【解像度が荒くなる】


8.1にするとブラウザや各種ソフトの解像度が粗くなってしまう現象が発生します。

改善方法は2つあり


デスクトップ上で右クリック→画面の解像度→テキストやその他項目の大きさを変更→すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用するにチェックを入れる。

一旦「小」に設定後、再び「中」に戻すと、以前の拡大率の状態を保ったままほとんどのソフトで元に戻りました。


各アプリケーションの「プロパティ」から「高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする」にチェックを入れることで改善できます。
これはアプリ毎個別にする手間があるので、上記でも治らなかった場合に試すといいです。



【Windwos8.1のメリットは無い】

何とか正常動作に持って行くことができましたが、8.1で便利な機能は何一つ無く動作が早くなるようなことも無いのでメリットはありません。
Windowsボタンもアイコンだけで相変わらずこの部分は右クリックする必要があるし、Win7のような表示にはなりません。

どうしても8.1にする場合リカバリーディスクだけはしっかり用意しましょう。


追記
良かった事が一つだけありました。
これまでiTunesを起動してすぐ「iTunesは動作を停止しました」になって使い物にならず、ネット上のあらゆる改善策を試みても治らなかったのに、8.1にすると何事も無かったかのように動くようになりました。


<関連記事>
VAIO Pro11レビュー 12夏VAIO-Zとの比較も
VAIO Pro Win8で躓きやすい困った設定・現象の回避手順
VAIO Proの為に買った 新作マウス「Sculpt Mobile Mouse」
VAIO Proでも使いたいジャンル別フリーソフト18選


[ 2013/12/22 13:01 ] VAIO Z / Pro/canvas | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1072-733bb98d