iComicがver3.3からiPad対応 その使い方

iPhone版でコミックリーダーとして重宝したiComicがver3.3になりiPadにも対応となりました。
iPhoneとの両対応なので、すでに購入している場合はアップデートするだけでiPad対応になります。



<i文庫HD>や<GoodReader iPad>のようにiTunesからUSB転送はできませんので、iPhone版と同様にiFunboxを利用してUSB転送を行います。

転送方法はiPhone版と同じです。
まずiPadをPCに繋いでからiFunboxを起動します。

963.jpg

<Rawファイルシステム>から<Photos>内に<iComic>というフォルダを作成。
あとはiComicフォルダにZIPファイルでまとめたコミックを入れるだけです。


iComicを起動するとiPad用の画面サイズに変化しています。

962.jpg961.jpg

コミックを開くとこんな感じ。(DocScannerで撮影。撮影に少し光が反射しましたが綺麗に表示されます)

959.jpg960.jpg


i文庫HDと比べiComicのメリットは
・価格が115円と安い。(verアップだけで買い換える必要がない)
・画質はi文庫HD使用時と変わらない。

デメリットは
・シンプルすぎるUI
・複数のしおり機能。輝度設定。任意ページにすぐに移動できないなど設定周り
・青空文庫がすぐに読めない。

個人的には価格が高くても高級感あるi文庫HDのほうをオススメします。
(仮にi文庫HD配信と同時期にiComicがiPad対応になっていても、i文庫HDを買っていました)
しかしながら価格の安さ重視で本が読めればいいという人には最適なアプリです。


タイトル:iComic
icon
メーカー:Y.YAMAMOTO
価格:115円
iPhone,iPad両対応


関連記事
iPhoneでコミックが見れるアプリ「iComic」の使い方紹介
iPad版 i 文庫HDの簡単な使い方


iPhone4情報
iPhone4 アクセサリー(フィルム・ケース)予約情報まとめ
iPhone4 への機種変更&価格情報


[ 2010/06/15 21:10 ] アプリ(レファレンス) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/109-00de2577