XPERIA Z Ultra au/WiFi版のメリットと海外版との違い

1月24日にWi-Fi版SGP412JP、翌25日にau版SOL24が発売されます。


昨年7月に購入した海外版との違いや日本版にするメリットを紹介します。

【価格】

au版:端末価格 78120円(毎月割2415円)
※価格詳細はauオンラインショップに記載あり

WiFi版:販売価格 51800円
ジョーシンが最も安く、1%ポイント還元に加え誰でも使えるWEBクーポンで1000円引きになる

海外版:3G版 約50000円 LTE版 約60000円
※送料と関税を含めた総額費用で計算


私は発売から2週間後に海外3G版をエクスパンシズにて65800円で購入しています。
香港版 XPERIA Z Ultra C6802 初めての輸入購入記録

価格を見ても今買うならWiFi版が最もオススメで、別途スマートフォンからのテザリングで補えばLTE版でなくても使い勝手は大丈夫。



【日本版でのメリット】

容量:16GB → 32GB

付属品(au版のみ):卓上ホルダが最初から付属

フルセグ(au版のみ):ワンセグ・フルセグに対応

地デジ録画再生:海外版不可 →日本版可能

故障時:海外発送になる → メーカーで対応してもらえる


性能は容量が32GBに増えた以外は変更なし。

【検証】香港版XPERIA Z Ultraでは無線動画再生に非対応?
海外版ではDTCP-IPに対応していないので、レコーダーに録画した地デジ映像をコピーしたり無線視聴することはできません。(地デジじゃないMP4動画は再生可能)

あとやっぱり万が一の故障時には海外版だと輸送するはめになり高額になるので日本版だと安心できます。


【海外版レビュー記事】

XPERIA Z1/ZU 4ヶ月使い込んでのレビュー
XPERIA Z Ultra超解像エンジンX-Realityの効果
XPERIA Z Ultra 動画視聴バッテリー消費&処理能力検証
2013年実費購入全38商品から選ぶベストバイ・ワーストバイを発表


最後に私がXPERIA ZU最大のセールスポイントを挙げると端末サイズ


タブレット並の大画面端末を小さめのポシェットに入れることが出来る利点は凄くいい。
また厚みもXPERIA Z1より薄いので収納しやすいですし、サイズ以上に軽く感じます(逆にZ1は見た目以上に重い)

お出かけ時にも動画・電子書籍・ゲームを大画面で楽しみたいという人には絶対にオススメできる端末です。


[ 2014/01/22 21:24 ] Xperia Z / Z1/Z Ultra | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1103-8eb18350