副業(アフィリエイト)の確定申告手順 白色申告準備編

会社に務めていて副業としてアフィリエイトで収入を得ている人向けに確定申告の手順をまとめました。

※色々な解説サイトを読んで私なりに覚えやすい感じにまとめた内容になりますので、もしかすると間違った記述もあるかもしれません。
参考までにお願いします。


【はじめに】

アフィリエイトでの確定申告の種類は以下の4つがあります。

・雑所得
・白色申告
・青色申告10万円控除
・青色申告65万円控除


青色申告は事前に国税局へ申請する必要があり、副業では無く本職として行っている人向けなので除外。
雑所得は手続きが簡単ですが、経費を計上することができず大きく税金を徴収されてしまうのでこれも除外。

なので経費も計上でき尚且つ事前申請の必要もない白色申告を使った確定申告手順の流れで紹介します。
【1:収入先を調べる】

2014年の確定申告の場合なら2013年1月1日~12月31日にアフィリエイト収入として銀行口座へ振り込まれた額を支払先別に調べる。

※白色申告は現金主義なので、12月分の確定金額が翌年1月に振り込まれた分については含めない。


企業別にいくら支払われたか確認する場合、最も簡単なのは自分が使っている銀行のオンラインバンキングへログインし入出金明細を確認する方法。
大抵の銀行は過去一年間の明細をPDFダウンロードできるはず。

もしオンラインバンキングも通帳記帳もない場合は、支払先(グーグルアドセンスなど)のアカウントにログインし過去に支払われた額を調べます。

※確定申告書には支払先企業名と収入額、そして全ての合計を記載することになる。
また企業の住所を自分で入力する必要があるのでそこも事前に調べること。(会社概要ページを開けばわかります)

これらを把握した上でメモ用紙など金額を書いておきます。



【2:経費の計上用に領収書を集める】

白色申告では経費の計上が認められますが、前提として領収書を保存してあることが条件。
もし領収書を無くしたり、後日手に入れるすべがない場合は経費計上できません。

例えば、ブログの有料プランでの月額料金や独自ドメイン料を支払っている場合は100%経費にすることができるはず。

その他はすべて消耗品費として20%~30%程度の経費にできるのではないでしょうか。
(購入した品物の場合はレシートや領収書の保存が必要)


以上が確定申告手順 準備編でした。
次回は確定申告書の作成「収支内訳書」の作成です。

<関連記事>
2回目:副業(アフィリエイト)の確定申告手順 収支内訳書作成編
3回目:副業(アフィリエイト)の確定申告手順 白色申告 申告書B作成編

[ 2014/02/04 20:45 ] 確定申告 | TB(0) | CM(1)

一応

調べ物をしている者です。

文頭に、「白色申告は現金主義」とありますがこれは発生主義の間違いではないでしょうか?
その後の文を読む限り、打ちミスだと思うのですが、ご確認お願いします。
[ 2015/11/22 09:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1116-45d4c638