ソニーに感謝を込めて VAIO Pro 11(SVP1122A1J)購入

2月6日ソニー第3四半期決算で私にとっては非常にショックの大きいIRが発表されてしまいました。

PC事業及びテレビ事業の変革について

長年愛用してきたSONYのVAIOが無くなってしまうこと。


14年春モデルが純粋なSONY VAIOの最後の作品になってしまうということで、昨年春にVAIO PRO11を買ったばかりですが、感謝の気持ちを込めてほぼ最高スペックのVAIO PRO11を購入しました。

【VAIO歴】

初めて自分が稼いだお金で買ったノートPCがVAIO。
以降は他社製のPCには脇目もふらずVAIO一筋。

※興味本位で中古のMAC BOOK AIRを買ったことがあるものの、どうやらMACは絶対に馴染めない感じがしたので1週間後に売り払いました。


2006年発売 VGN-S94PS






2006年の旧Sシリーズが最初の購入で今回のSVP1122A1Jが通算9台目のVAIO。そしてこれで打ち止めのモデル。

私は買い替えて使わなくなったPCは眠らせず他の人に売ってしまうので手元には残りませんが、SVP1122A1Jだけは今後買い換えることがあっても手元に残しておくかもしれません。

振り返ると最も完成度が高かったのがZシリーズ最終モデルのSVZ1311AJ。
これは本当に何一つ不具合らしき物が無かった究極のVAIOだったかも。
今使っているVAIO PRO11は780gという超軽量のデザインが素晴らしいものの排熱時のファンの音が少し大きい。
あと無線LANやBluetoothが不安定だったり、Windows8の設定周りがイマイチだったりと不満点は残ります。(今はある程度改善)


【ラストはほぼ最高スペックに】


最後になるかもしれないので性能はほぼ最高スペックに合わせました。

OS:Windows8.1 64bit
本体カラー:ブラック(タッチパネルなし) 780g
CPU:Core i7-4650U(1.70GHz)
※インテルHDグラフィックス 5000
メモリ:8GB
ストレージ:SSD256GB


ストレージだけは512GBも必要ないので2番目の物を選択した以外は全て最高性能をチョイス。
実際の所、PCで3DゲームはしないのでCPUとメモリは1つ下でも問題ないのですが、それだと今使っているモデルと変わらないので最高にしてみました。

購入代金は割引をいれると165710円
※Tモール経由購入でTポイント2484とクレカ還元Tポイント1675あり。

昨年のPRO11は143110円だったので少し高くなりました。
でも初代VAIO Zを購入した時が一番高く20万円近くした記憶があるので、あの頃に比べるとリーズナブルな構成がしやすくなっています。

昨年の秋冬モデル(第2世代VAIO PRO)も平行販売されていますが、こちらで最高スペックに合わせると134800円になります。



PC事業が売却されたと言っても、今後もVAIOブランドとして発売されることはわかっているのですが、100%ソニーが作った(ロゴが入った)VAIOで無いと意味がありません。
今の若者(自分も30前半ですが)はブランドでお金がかかるより、機能的に優れて安い物を良しとする傾向があるようですが、私にとっては何よりSONYのブランドが一番大事!

これ以上ガッカリしたくないので危ないと言われているTVとカメラ事業だけは続けてください・・・


<関連記事>
VAIO Pro11レビュー 12夏VAIO-Zとの比較も
VAIO Pro Win8で躓きやすい困った設定・現象の回避手順
VAIO PRO11 Windows8→8.1にして発生した問題点


[ 2014/02/08 12:43 ] VAIO Z / Pro/canvas | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1121-298aae75