自動で画面ON/OFFアプリ「Gravity Screen」使い方 最適設定

Gravity screenは近接センサー及び重力センサーを利用し、自動的に液晶画面のON/OFFにしてくれる便利なアプリ。


GooglePlay:Gravity Screen - On/Off 無料アプリ

実際に動作検証し最も最適だと感じた設定方法を紹介します。

【起動方法】


アイコンをタッチするだけで起動し機能が作動します。

アプリは常駐するので、通知メニューに表示されている部分をタッチすると機能を一時停止
完全に終了させたい場合は設定画面からオフにさせます。



【設定】

アイコンをタッチすると設定画面が開きますが、Gravity Screenはこの1ページのみというわかりやすいUIとなっています。
ここから項目の説明と推奨する設定を順に記載。


<アプリの終了と角度確認>


アプリを停止させたいときは「オン・オフ」スイッチで切り替える。
その横の画像は実際に端末を傾けた際、どれぐらいの角度になっているのかリアルタイムで判定してくれています。


<ポケットセンサー>


全方向・・・チェックON推奨

ポケットやバッグの中に入れた際、端末の向きがどう変わるか予測できないので、ここは全方向にチェックを入れ確実に画面消灯させるほうが安心です。

全方向の場合、角度指定がOFFになるのでいじる必要はなし。
また風景モードは有料版のみの機能なので確認できていません。



<テーブルセンサー>



スクリーンを上にして~・・・チェックOFF推奨

チェックを入れると液晶が上向きの場合でも消灯しますが、消灯になる時間が本当に早いので一瞬だけ置きたいという時なんかは逆に不便に感じました。

感度の具合は動画で確認。





<近接センサー>


近接によりスクリーンをオフにする・・チェックON推奨

チェックを外すと重力センサーだけで判断するようになりますが、これだと少し動かしただけでON/OFFになってい意図しない時に動作してしまいやすかったので近接センサーで判定させるほうがいいです。

近接センサーで反応する様子や感度の具合は動画で確認。




近接によりスクリーンをオンにする・・チェックONでもよし

近接センサーが明るいと感じたら自動的に点灯する仕組み。
検証では、バッグの中に入れ中が見えるよう目で確認しているので点灯することがありましたが、基本バッグを閉めきって暗ければ誤動作で点灯することも無いはずです。

どうしても誤動作での点灯を防ぎたい場合はOFFにしてください。


動かすことによってスクリーンをオンにする・・チェックOFF推奨

少し動かしただけで点灯してしまうことが多く、バッグの中に入れていた場合も敏感に反応してしまう可能性があるので機能させないほうがいいと思います。


携帯を動かすことによって~・・チェックON推奨

これはARROWS端末にある「持ってる間ON」機能と全く同じ。
ムービーを見ている時なんかでも誤動作しないので使ったほうが良い機能です。



以上が設定しておきたい項目です。

実際に使った感触では、かなり近接センサーの感度が良く気持ちいいぐらいに自動ON/OFFしてくれました。



<関連記事>

定番Androidアプリの使い方記事まとめ


[ 2014/03/14 18:01 ] Android(アプリ) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1164-c28f74b7