ドコモが作った遠隔操作アプリ スマートデータリンク「Mobizen」使い方

ドコモのアプリというと何かと邪魔者扱いされすぐ無効化されてしまいますが、3月27日に配信された「スマートデータリンク Mobizen」はひと味違います。



GooglePlay:スマートデータリンク Mobizen


スマートデータリンク Mobizenとは


主な利用用途としてファイルのPC⇔端末間のワイヤレス送受信が行えます。

この手のアプリとしてはAirDroidが大定番アプリとして有名ですが、海外企業が作ったアプリということもあり、検索では「airdroid 危険」が上位ワードとして出てくるなど、スマホ初心者にとっては怪しげなアプリと勘違いされるケースもあるので、こうした不安要素を無くしたい人にとってドコモ製というのは心強いかと思います。



利用開始手順



1:アプリを起動してMobizenアカウントを作成。
Googleアカウントが使えるので手間いらず

2:その後、簡単な機能説明が入り最後のメール送信画面では「Mobizenをはじめる」を選択。


3:PCブラウザからPC用Mobizenサイトを開く。
※毎回この画面からログインするのでブックマークしておきましょう。

4:「プラグインダウンロード」をクリックしインストーラーを入手しPCにインストールしておきます。

5:あとは毎回アカウントとパスワードを入力すれば遠隔操作ができます。





主な機能


<ファイルの送受信>


例えば「音楽」を開くと、端末に入れている音楽ファイルのみ表示される他、PCに入れている音楽データも参照可能。

操作は上部に配置されている6つのタブで完結します。
左から順に説明。

・再生ボタン

端末に入れている音楽ファイルでもストリーミング再生にてPC上で再生されます。

・アップロード
PC上任意のファイルを端末に送信する
※ファイルは内部ストレージ-Mobizenフォルダ-musicフォルダに入る

・ダウンロード
端末に入れている音楽ファイルをPCにダウンロードする
※ファイルは ユーザー-ダウンロード直下に保存される

・スマートフォンに追加
パソコン内の音楽ファイルを選択時に使う。内容はアップロードと同じで端末に音楽ファイルを送信する
※ファイルは内部ストレージ-Mobizenフォルダ-musicフォルダに入る

・パソコンに追加
こちらもダウンロードと一緒で端末内の音楽ファイルをPCにダウンロード
※ファイルは ユーザー-ミュージック直下に保存される

・削除
遠隔操作で端末内のファイルを削除できる


<補足>


アップロードではmp3しか認識しないため、aacやflacファイルもアップロードしたい場合は「すべてのファイル」に切り替えること。


これら操作は写真・動画であっても同じです。
もし端末にアップロードする先のフォルダを指定したい場合は「ファイル」項目から行うとよいです。


アップロードしたい先のフォルダを開き、その中からアップロードしてやるとよい。



<ミラーリング機能>


mobizen対応端末だとこのようなミラーリング機能も使えます。
マウスのクリック・ドラック操作でスマホの遠隔操作ができます。

利用用途としてはゲームプレイ動画をキャプチャする使い方もできます。
先日AndroidSDKを使った
Android4.4新機能「screenrecord」は端末操作を動画キャプチャーできる
を紹介しましたが、こちらなら特別な知識が無くても簡単に録画できそうです。

ここでは解説しませんが、PC用フリーソフトの「アマレココ」「ロイロ ゲーム レコーダー」あたりを組み合わせれば可能なはずです。



Mobizenは大変便利なアプリなのですが、まだ公開直後ということもあって対応機種は少なく古い機種はほぼ対応していません。
ドコモの説明ページに記載されているように、申し込み不要・月額使用料無料です。
恐らく正式サービス開始となっても、内容的にこれはずっと無料提供になると思います。

受信速度も早く使いやすいのでAirdroidから乗り換えも十分ありだと思います。



[ 2014/04/02 22:24 ] Android(アプリ) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1185-45bf5570