iPadで地デジ録画番組見るなら「Media Link Player for DTV」がコスパに優れる

iOS(iPad/iPhone)でレコーダーやnasneに録画した地デジ映像を見るには有料アプリをダウンロードする必要があります。

iOSにはそういったアプリが複数配信されていますが、最もコストバランスに優れているアプリを選ぶ場合「Media Link Player for DTV」になります。

2014y05m10d_174830215.png

類似アプリの比較、本アプリの使い方を紹介。

類似アプリの比較


まず最初に類似アプリの機能とコストバランスについて評価を簡単に書いておくと

DiXiM Digital TV 1000円(アプリ内課金500円)

◎ UI・機能ともに最も優れており高いが一番人気が高いアプリ
× レコーダーからの持ち出しダウンロード、外出先からのリモート視聴を解除するには更に500円のアドオン課金が必要


Media Link Player for DTV 900円

◎ アプリ購入後は追加課金の必要が無く、持ち出しダウンロードまで対応しておりコストパフォーマンスに優れる
△ 外出先でのリモート視聴には未対応(今後アップデートで追加される可能性もあるかもしれない)
× DiXiMと比べるとUIがイマイチでデザイン性が悪い


リモコン&テレビ番組表:TV SideView by ソニー 無料(アプリ内課金500円)

◎ アプリ内課金さえすれば、持ち出しダウンロードから外出先のリモート視聴までフルに使えるため、実質的には一番コスパに優れる
× 対応機器はSONY製品だけに限られるので、iOS利用者には使えない人が殆ど。

※私はSONY製品で家電を固めていますので、Androidではこのアプリをイチオシで推奨しています。
DTCP-IP非対応の海外端末でも地デジ再生可能「TV SideView」使い方


Twonky Beam 無料(アプリ内課金700円)

◎ 自作したmp4動画の無線視聴なら無料版のまま使える
× 課金すれば地デジ録画映像と持ち出し視聴が可能になるが、以前記事に書いたが品質がイマイチなのでやめたほうがいい。
iPadでNasneに保存した動画を見るだけなら無料の「Twonky Beam」で十分



プロファイルのインストールと設定


2014y05m10d_175422838.png

アプリを起動すると最初にプロファイルのインストールを促されるが、変な機能では無く入れないと使えないのでしっかりインストールすること。


IMG_0070_20140510181813298.jpg

端末の設定アイコンから一番下までスクロールすると本アプリ専用の設定項目があるので、任意で機能のON/OFFを切り替えます。


2014y05m10d_182342588.png

起動すると本アプリで使える機能が紹介されています。



同一ネットワークで繋がっていると自動認識する


IMG_0057_20140510193800ee4.jpg

使用する各機器のホームサーバー機能をONにしておくこと
ET1000なら
サーバー機能「入」 クライアント機器登録方法「自動」にしておく



SONYレコーダー BDZ-ET1000での視聴


IMG_0058_2014051019395301f.jpg

レコーダー側のジャンル仕分けが反映されているので目的の番組を探しやすい。
ライブチューナーは現在放送されている地デジをiPadで無線視聴できます。


IMG_0069_20140510194235009.jpg

録画した映像を無線視聴。
画面左をスワイプするとチャプタージャンプ可能。

DRモードで録画した番組ですが、解像度はAVC「高」固定。たぶん480Pか720Pだと思います。
このように解像度が落ちますが、これはおそらくアプリのせいでは無くレコーダー側の機能に依存するはずです。
※ライブ視聴の映像もAVC「高」となります。

BDZ-ET1000ではXPERIAのムービーアプリから無線視聴しても解像度が落ちて再生されますがこれは製品の仕様。
最新モデルであるBDZ-ET1100ではフルHDのまま無線視聴できる仕様となっているので、この製品なら録画した画質そのままで見れると思います。

無線の安定度は特に回線が途切れたりすることはありませんでしたが、シーク移動後の再生開始はXPERIAで使っている無線視聴と比べ若干遅い感じ。

2014y05m10d_195230167.png
2014y05m10d_195251239.png

倍速再生機能はありませんが、早送りなど最低限の必要機能は揃っているので問題ないでしょう。



持ち出し機能


IMG_0065_20140510194233d71.jpg

番組リスト画面でタイトルを左から右にスワイプさせるとムーブできます。
※ムーブと記載されてますが、コピーのことなのでレコーダー側から消えることはない

DRモード30分番組をダウンロードする時間は約2分程度。
ダウンロード後は端末にデータが保存されるので、見終わって削除するときは同じく左から右のスワイプで消せます。
※ムーブ・削除する前に一度確認メッセージが入るので安心

持ち出し映像はAVC「中」固定となります。
ただ見た感じ「高」と全く同じに見えたので更に画質が悪くなるわけではありません。



nasneで自作mp4動画の無線視聴


IMG_0064_2014051019423722f.jpg

nasneもリストはレコーダー側と一緒でフォルダで仕分けされています。

nasuneはNAS代わりに自作MP4動画を入れていますが、こちらの無線視聴は解像度が落ちることは無くフルHDなら1080PのままiPadで再生されます。



Media Link Player for DTVは特に決定らしい部分も無く、追加料金不要で全ての機能が使えるのが強みです。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1219-6bfbd01f