XPERIAをPC Companionでアップデートすると1GB弱のファイルがPCに残る

XPERIAでソフトウェアアップデートをする際、PC Companionに接続して行うこともありますが、この方法でアップデートをするとPCの隠しフォルダ内に1GB弱のファイルが残り続けてしまうことに気がついたので場所をメモしておきます。

2014y05m29d_203904954.png

保存場所
C:\ProgramData\Sony Mobile\Update Engine\db\13740270\blob_fs
※ProgramDataフォルダは隠しフォルダなので通常は見えない。


隠しフォルダを出す場合、Windows8以降なら
2014y05m29d_215240665.png

適当なフォルダを開き、上部「表示」タブをクリックし「隠しファイル」にチェックを入れるだけ。


気になるファイルなので、消してもいいものか検索で調べてみると、どうやらroot改造をする人がftfファイルを作成する用途に使うらしく、そういった行為をしない人には全くの不要なので「blob_fs」フォルダ内にある無駄ファイルは全部削除していいみたい。

2014y05m29d_203944078a.png

デフラグソフトで解析をしたら断トツの断片数で容量が非常に大きかったので今回調べるキッカケとなりました。

他にも1GBを超えるファイルもあり
EverNoteのデータベースファイルやらiPadのアップデータファイルなんかも見つかりました。
いずれも隠しフォルダに入っているファイルばかりで知らない内にゴミファイルが貯まっていました




[ 2014/05/29 22:01 ] Android(基本操作) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1237-732bbd52