普通預金でも定期預金並みな年率金利0.1%のSBIハイブリッド預金で賢く利息を得る

今どき低金利で不便な定期預金する人は少ないですが、貯金のため普通口座に預金は誰しもしているはず。
そんな普通預金の利息は大抵0.02~0.05%に設定されています。

少しでも利息を多く貰いたいなら住信SBIネット銀行の「SBIハイブリット預金」にすれば、年率金利0.1%でいつでも出し入れ可能とイチオシのネット銀行。

SBIハイブリット預金の仕組みと便利な所を解説します。

他社との金利比較


まずは主要銀行との金利比較(年率)
※リンク先は銀行金利ページに指定していますので最新の金利を確認してください。

住信SBIネット銀行(普通預金)0.02%
住信SBIネット銀行(SBIハイブリット預金)0.1%

セブン銀行 0.05%
じぶん銀行 0.02%
ソニー銀行 0.02%
楽天銀行(普通預金) 0.02%
楽天銀行(マネーブリッジ) 0.1%
大和ネクスト銀行 0.04%
三菱東京UFJ銀行 0.02%
三井住友銀行 0.02%
みずほ銀行 0.02%
ゆうちょ銀行 0.03%


以上のようにSBIハイブリット預金の金利が高く、100万円を1年間預けていても1000円(税金除く)の利息になるので、他社よりかなりお得と言えます。

※楽天銀行(マネーブリッジ)もハイブリット預金と全く同じ仕組みでオススメです


住信SBIネット銀行の利点


2014y07m25d_230333601.png

金利以外に住信SBIネット銀行を解説するメリットとしては

・他社への振込手数料が月3回まで完全無料
・セブン銀行ATMからの預入・引き出しが完全無料
※ゆうちょ銀行などのATMでは月5回まで無料

ネット銀行では窓口が無いため、1000円以下の端数の引き出しができませんが、振込が無料なのでいざというときは自分宛ての銀行口座に送金し移し替えることも容易。


SBI証券の開設も必須


2014y07m25d_231006956.png

SBIハイブリット預金は普通預金口座と別口座になり、利用するにはSBI証券も合わせて口座開設する必要があります。
もちろん証券口座を開設しても、維持費用などはかかりませんので株をせずハイブリット預金のためだけに作っても問題ありません。


2015y01m22d_201047492.png

SBI証券・銀行いずれも開設していない場合、SBI証券ページから「証券総合口座の開設」をします。
ここから開設すると、証券口座・SBIネット銀行口座(ハイブリット口座も含む)を一緒に作れますし、あとはNISAやFX口座も合わせて開設できます。


普通預金口座といつでも振替可能


SBIハイブリット預金は普通口座と殆ど同じで、いつでも出し入れが可能で定期預金みたいに期限は決まっていない所が利点。

実際に私の口座でハイブリット預金にするまでの流れを説明。

2015y01m22d_195631180.png

1:住信SBIネット銀行にATMから現金を預け入れたり、証券会社等から出金した場合は普通預金口座に入金されます。
このままだと、普通預金金利0.02%なのでハイブリット預金にすぐネットから振替します。


2015y01m22d_195958477.png

2:「振込・振替」タブを開き、
代表口座-円普通の「振替」を選択。
出金口座と振替口座にチェックを入れて金額を入力して完了。


2015y01m22d_200306547.png

3:振替は手数料無料(振込の無料回数も減らない)でいつでも即振替が完了しますので、次に説明する注意点もすぐに対応可能

ハイブリット預金の仕組みでも書かれているように、この口座に入れておけばSBI証券口座にも反映されるので、株の購入も可能になります。


ハイブリット預金の注意点


ハイブリット預金は厳密に言うと普通預金口座では無いので以下の点に注意が必要

・ATMから現金を引き出せない
・クレジット引き落としはされない


いずれも、その都度振替を行うと対応できますが、クレジット引き落としはうっかり忘れてしまうと大変なのでメイン口座としてでは無く、あくまで暫く出し入れしないお金を預けて利息を貰うという用途で使うといいでしょう。

私の場合、メインバンクはnanacoポイントも貯まるセブン銀行にして、当面使わないお金はハイブリット預金に入れておくことにしています。


ネット銀行は意外と浸透していない?


最後に個人的なイメージですが、こうしたお得で便利なネット銀行は意外と浸透していないと感じます。
例えばヤフオクでは出品者として手数料無料時代から数百件の取引をしており、相手先に手数料の負担が無いよう振込先銀行も6つほど開設していますが

1位:ゆうちょ銀行
2位:三菱東京UFJ銀行
3位:楽天銀行

ゆうちょ銀行に送金される人が非常に多く、次にUFJ銀行・楽天銀行と続きます。
送金手数料で有利な住信SBIネット銀行を始め、セブン銀行・ソニー銀行は今までほんの数回しか選択されませんでした。

ヤフオクの取引でもこんな感じなので、若い年代も楽天銀行以外のネット銀行を作っている人は案外少ないのかも知れません。
(子供の頃に作ってもらった口座をそのまま利用しているとも考えられる)

ネット銀行は絶対便利なので都市銀行に加え最低でも1つは開設しておくことをおすすめします。

[ 2015/01/22 20:17 ] マネー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1297-1ec99999