熟考の末辿り着いたMVNOは「OCNモバイルONE」で格安SIMデビュー

ドコモの音声3円回線+プラスXi割1000円弱回線の2台持ちでこれまで使用してきましたが、来年2月に期間満了となるので、夏頃からこのブログでも少々格安SIMプランについて記事を書いてきました。

当初は来年1月ぐらいから探そうと思っていましたが、XPERIA Z3がNanoSIM採用ということで予定を早め、ここ数日熟考した上で辿り着いた決断が「OCNモバイルONE

ocn (1)

とりあえずパッケージだけ先に購入し、実際に契約するのはZ3が発売される10月以降になるので、今回はOCNに至った経緯を掲載します。

音声対応にするかが最大の悩みどころ


格安SIMを意識しだした頃から現在まで、ずっと悩み続けてきたのが音声対応SIMにするかどうか。

実際の所、通話は殆することが無く家族への連絡か会社への当日欠勤連絡ぐらいしか使わないので不要なのですが、完全に自分専用の電話番号が無いというのも困るので、熟考に費やした大半はデータ通信プランと音声対応プランの価格差をずっと見比べてました。


もう一つの選択肢としてIP電話(050番号)を使用して、データ通信プランで運用する方法も考えてました。

IP電話を使うにあたって特に気になっていたのは通話品質
電話回線と違いパケット通信で通話を行うのですが、色々とレビューや評価を見てきてもクリアに聞こえるときもあれば、回線が途切れて聞き取りづらい時もあるようで、評価は中間の★3といった感じ。


今回OCNとIP電話の組み合わせにするに至った考えをまとめると

・回線品質が悪いという意見は都会に住んでいる人の意見?

→以前記事にした「【2014年6月】無料通話アプリ比較まとめ Viberは固定電話への通話が無料」で、実際にViberアプリを使った固定電話への無料通話を試してみたのですが、京都郊外でLTE回線にて使用した所そんなに遅延や途切れも無かったので、そんなに重要じゃない通話をたまにするぐらいなら問題無さそうだと感じていました。
(ただ数回相手が受話を取った瞬間、お互い不通になることもあったので電話回線よりは不安定)


・月額完全無料で050電話番号が持てる

→上記の記事でまとめていますが、提供3社のうち「SMARTalk」なら月額完全無料で使った分だけの料金しか発生しないので経済的にもお得。
NTTが運営する「050Plus」もOCN契約なら月額半額150円で契約できますが、電話回線を諦めるているならやっぱり完全無料がいいです。

050Plusが定番過ぎてSMARTalkの人気が無いのですが、提供するのはフュージョン・コミュニケーションズでこちらも設立14年目の実績ある通信業者。
楽天グループに属していて「楽天でんわ」アプリを提供しているのも実はこの企業。
アプリ知名度は低いですが実績あることから品質に問題無いと判断しました。


・ブログのネタになる

→4年も続けて、それなりに中身のある記事をしっかり書くことを意識していたら流石にネタも無くなってくるのでIP電話を試すのもいい機会。


・パッケージ代が57%OFFで購入できる

→MVNOについては、価格より老舗プロバイダで品質に定評があることを大前提にOCN、IIJ、So-net、Biglobeの4社しか選択肢に入れないと決めていましたが、Amazonでパッケージ代金が57%OFFの1409円で販売されていたこともあり、NTTがバックについている安心のOCNに決めました。
※パッケージ代=新規事務手数料みたいなもので各社3240円で設定されている


データ通信は2GBプランで大丈夫


2014y09m12d_235441852.png

今まで月のデータ量は平均で1.7GB。2GBを超えた月は数回しかありませんでした。

使用用途は主に通勤中、休み時間にブラウザでの閲覧および株アプリでの常時通信がメイン。
たまにアプリのアップデートやダウンロードするときもあるのですが、これをした時に通信が多くなる傾向だったので、これからは自宅のWi-Fiで行うよう気をつければ大丈夫な感じ。

ちなみに7GBは月額が凄く安く設定されていますが、これは最大速度が500kbpsまでしか出ないのであまり実用的ではありません。(その他のコースは全て最大速度150Mbps)


NanoSIMとSIMアダプター


ocn (2)

購入したパッケージ版にはすでにNanoSIMカードが付属していました。
SIMにはdocomoと印字されていて、見た目はドコモで貰えるものとほぼ一緒です。
サイズを比べても若干小さくなっていることがわかります。

OCN.jpg

そして、いつでもNanoSIMからmicroSIMとして使えるように「NanoSIMアダプター」も合わせて購入。
この手のアダプターは100円みたいな激安商品も売られているのですが、Amazon発送495円でそれなりにレビューで評価の高いものをチョイス。
しかも大好きなゴールドカラーでしたので現在使っているARROWS NXのゴールド色とも色合わせがバッチリ。(見えないところにもオシャレ感は怠らない!)

OCN1.jpg

アダプターは枠のみではなく、透明なシートが貼り付けてあるので、SIMをちょこんと乗せるだけではまります。
キツくも緩くもありません。ただ逆さまにしたぐらいでは外れないので、軽くデコピンしてやる感じで裏側を叩くとポロッと取り外せました。


ちなみに上級者はmicroSIMをカッターで無理やりNanoSIMに作り変える荒業を使ったりするみたい。
ドコモでSIM交換してもらうと2000円ぐらい手数料が取られるみたいですが、1000円程度の差額ならリスクは取らないほうがいいと思います。


OCNへの契約はいつでもできる


パッケージ版にSIMが付いていましたが、到着後OCNに登録手続きをするまでは契約開始とならないので、Amazon57%OFFの時に買い置きしておいても大丈夫。
※申し込みまでの期限日みたいなものは探しましたが明記されてませんでした。

もし何か不都合があって短期解約してもデータ通信プランなら違約金が無料ですし、パッケージ代も半額購入で済んでいるので無駄な買い物をしたと感じません。

XPERIA Z3の到着日時が決まってからOCNへの手続きや使い勝手をまた紹介したいと思います。

(補足)
ドコモLTEで自宅(京都宇治)でのスピードテスト記録を残しておきます。
ZITAKU.jpg

この地域は常時安定してLTEで繋がるようになってはいますが、未だに10MBを超えることは滅多に無い状態。
京都郊外ではまだまだ10MB以上出るところが少ない感じです。



LTE通信スピード

一度、日本通信のSIMでデータ通信の契約をしていましたが、同じドコモ回線でも多少ですけど、スピードが落ちていましたよ。
その辺は覚悟も必要かも。
[ 2014/09/15 17:46 ] [ 編集 ]

Re: LTE通信スピード

つるっち様

京都の宇治に住んでいるのですが、この辺りLTEは安定して常時繋がるようになっていますが、未だに下り7~8MBぐらいで20とか30MBみたいな速度は見たことがありません。
これぐらいのスピードでもブラウザ閲覧ぐらいでは気になりませんでしたので、とりあえず3~5MBぐらいの速度でパケ詰まりが発生しなければの気持ちでいます。
[ 2014/09/15 22:39 ] [ 編集 ]

RE:RE:LTE通信スピード

こんばんは。
いつも、興味深い記事(オタクな記事?)、ありがとうございます。
結構、私も好きなネタばかりです。

そうですか。
また、その時はUPしてくださいね。
私も今の契約が終わったら、検討しているので興味あります^o^

[ 2014/09/16 23:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1345-59e3bac6