IIJmio「みおふぉん」料金据え置きでデータ通信量倍増10月1日から

本日MVNO業界で価格競争が更に激化しそうなニュースが出ました。
インターネットイニシアティブが提供する、IIJmio「みおふぉん」において、10月1日より料金据え置きで全てのプランに対しデータ通信量倍増させるプレスリリースを発表。

2014y09m18d_200459602.png
IIJプレスリリース概要

OCNと比較すると


先日、10月から格安SIMを開始するにあたってOCNモバイルONEのパッケージ版を購入したばかりですが、ここにきて「みおふぉん」の破格プランに迷いが出てきました。

OCNとIIJmioのプラン別に比較すると

OCN 1GBデータプラン 月1188円
   ↓
IIJmio ミニマムスタートプラン 1GB→2GB増量 月972円
同プランの音声付き 1GB→2GB増量 月1728円


OCN 2GBデータプラン 月1566円
   ↓
IIJmio ライトスタンダードプラン 2GB→4GB増量 月1641円
同プランの音声付き 2GB→4GB増量 月2397円


OCN 7GBデータプラン(最大500kbpsまで) 月1944円
   ↓
IIJmio ファミリーシェアプラン 3GB→7GB増量 月2764円
同プランの音声付き 3GB→7GB増量 月3520円


全てのプランにおいてIIJmioのお得感が際立ちます。

ファミリーシェアプランにおいては、SIMカードが最大3枚まで作成でき月3520円で7GBを3人で使い分けするような使い方もできるので、これはドコモのシェアパック10GBの月9500円よりも圧倒的に安い。
但しこの新プランで気になる所はユーザー増加によって回線品質が悪化しないかが一番心配。


OCNをやめてIIJmioにするか迷いますが、他社も続きそうな感じもするので9月末まではMVNO動向を要チェックしたいです。

<関連記事>
MVNO格安SIM IIJmioの「みおふぉん」解説|7月1日から300円値下げの新料金


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1349-b9be0df3