iPhoneアプリ 前verへの戻し方

何度か個別アプリの記事で、バージョンアップで不具合があるときに前のverへのダウングレード方法を記載していましたがもう一度手順を紹介したいと思います。

1:iTunesからアプリのバージョンアップ、同期をした後に古いアプリファイルは自動的にゴミ箱に入れられますので「ゴミ箱」を確認します。

2:「ゴミ箱」から目的のアプリファイルを見つけたら、右クリックで「元に戻す」を選択。
※元に戻す先に同名の(最新ver)ファイルがあったら上書きされてしまうかもしれませんので、事前に別のフォルダに移すか、削除しておいたほうが安全です。

3:元に戻したファイルはMYミュージック-iTunes-iTunes Media-Mobile Applicationsフォルダに戻っています。
※WIN7でiTunesをデフォルト設定でインストールした場合ですので、XPなど他のOSではフォルダ場所が異なるかもしれません。

4:iTunesを起動し左側のリストからAPPを選びバージョンダウンしたいアイコンを右クリックしプロパティを選択。
ファイルが無い旨のメッセージが出ますので、先程戻した旧verのファイルを指定します。

5:同期の前に必ずiPhoneに入っている最新VERアプリを削除します。
※iPhoneから削除しないと同期した時にまた最新verに上書きされてしまいます。

6:最後にiTunesと同期すればiPhoneに旧verがインストールされます。


なおこの方法でバージョンダウンできますが、5の時点でiPhone内のアプリを消すことになるため、バージョンダウン後はデータが無くなり一からになりますので注意が必要です。



[ 2010/08/25 12:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/145-f3a87193