PC(Windows8.1)にiPhone6 PlusがUSB認識しなくなった原因と対処

VAIO Pro(Windows8.1の64bit)に入っているiTunesを暫くアップデートしていなかったので、久しぶりに最新ver12.1.2.27にアップデート(アイコンが青→赤に変化)し、まだ一度も接続していなかったiPhone6 PlusをUSB接続することにしました。

しかし、端末の充電は行われているもののiTunesで認識せず、数秒放置すると
「デバイスがタイムアウトしたため、iPhoneに接続できませんでした」
というエラーが毎回表示されてしまうようになりました。

2015y05m02d_143019919.png

iTunesを含むAppleのソフトをアンインストールなどあれこれ試しましたが、原因はすごく単純な操作で解決することができました。

対処法


まず、原因発生時デバイスマネージャーでUSBドライバーが正常に認識しているか最初に確認しました。

2015y05m02d_143106414.png

ユニバーサル シリアル バス コントローラー - 「Apple Mobile Device USB Driver」
が表示されていて、「!」みたいなエラーマークはついていなかったので正常に動作していました。

※対処法に気づくまで、右クリックで「削除」も試みましたが、なぜか「アンインストールしています」画面のまま一向に終了せず、仕方ないのでタスクマネージャーで強制終了させました。
(特に異常は無く、USBドライバーも削除されず残った)


色々検索して調べた結果、当てはまった対処法がAppleサポートコミュティに投稿されていました。

デバイスがタイムアウトしたためiPhoneに接続できませんでした。と出てiMacがiphoneを認識しない


回答で投稿されていた

1) iPhoneからUSBケーブルを外す
2) iPhoneのWiFiを「切」にする
3) iPhoneを再起動する
4) Macを再起動する ※今回はWindowsを再起動
5) iPhoneのWiFiを「入」にする
6) USBケーブルで接続する


この手順を行うことで認識するようになりました。


ios認識

6)の時点で端末側に「このコンピュータを信頼しますか」のメッセージが表示され「信頼」をタッチ。
(認識していなかった時は、ドライバーのインストールだけ行われて端末側にはこの表示はされていなかったと思う)


2015y05m02d_151640359.png

「信頼」を選択後、自動でiTunesが立ち上がりiPhoneを認識することができた。



USB認識しなくなる原因と対処法はいくつかあるようですが、今回は比較的シンプルな方法で解決できたので良かったです。

[ 2015/05/02 16:41 ] iOSハード | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1526-8de872e4