1916 日成ビルド工業は今期配当利回り4.7%に加え優待新設でPER7.3倍の割安

1916 日成ビルド工業の決算発表があり、通期予想良し・増配・優待新設の三拍子揃ったサプライズIRでした。

日成ビルド工業 ニュースリリースページ
http://www.nisseibuild.co.jp/news/news2015.html

SnapCrab_NoName_2015-5-12_23-11-41_No-00.png

今日の終値294円で計算すると
配当利回り:4.7%  PER:7.3倍

仮に明日ストップ高の374円で計算しても
配当利回り:3.7%  PER:9.3倍

東証一部の利回りランキングでも上位30社に入ります。
配当金に加え新設された優待もまずまずで

SnapCrab_NoName_2015-5-12_23-4-54_No-00.png

1000株保有で1500円相当の「金沢特産品」が貰えます。
※現在点の貸借倍率が8倍ですが、かなり先なので需給面はまだ予想できず


明日はストップ高に近い寄り付きが予想されるものの、注意したい点が期末一括配当ということ。
まだ権利確定まで10ヶ月以上あり1Q~3Qの数字がどうなるかも予測できないので、サプライズと言えど飛び付き買いは躊躇するところ

SnapCrab_NoName_2015-5-12_23-21-32_No-00.png

過去20年の月足チャートでは、まだまだ底値圏で400円~450円辺りを抜けると加速しそうな気配。

SnapCrab_NoName_2015-5-12_23-23-37_No-00.png

しかし日足でみると1年間の値動きが60円程度で、仮に明日ストップ高張り付きとなるとボリンジャーバンド上限を大きく外れる形となる。

今回の発表で一気に400円以上に加速することは考えにくく、急騰後に調整し移動平均線が上がってくるまでは暫く上昇猶予があるように感じられるかも。
買うとすれば利回り4%になる350円を目安に、それ以下に下がるまで引きつけたほうが安心で、中途半端な位置で買うと高値づかみになってしまいそうで怖い。

とりあえず監視して値動きだけはよく観察することにします。


あとDeNAの決算もあり、期末配当が17円→20円に増配されていたことが嬉しい。
決算説明動画によると本格的な業績拡大は2016年度からということで、今期の数字は抑えられそうということで短期組の投げで大きく下がってくれたらまた買いやすくなる。

資料で地味にZMPとの合併会社でロボットタクシー事業の言及もあり、JVCケンウッド同様にZMP関連銘柄にもなってしまった。
数字はともかくゲーム事業1本から脱却し他企業と協業して様々なサービスを立ち上げる計画をしているので、益々DeNAという会社が好きになってしまった。
(守安社長の説明も今回は中長期に向けて云々という曖昧な表現は無く、かなり明確に先の事を見据えて発言していたことも評価できる)

[ 2015/05/12 23:43 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1534-f779009c