現在注目している銘柄などについて|村上グループ銘柄、スターティア、海帆

7月の最初にケンウッドなど含み損があった銘柄など一旦全て決済し出なおしたので、現在注目している銘柄や保有中の株などのメモ。

SnapCrab_NoName_2015-7-25_20-31-0_No-00.png
SnapCrab_NoName_2015-7-25_20-31-10_No-00.png


★中期保有(高配当でPERが割安でリスク低)

黒田電気 PER12倍 PBR1.19倍 配当利回り4% 時価総額920億
三信電気 PER16.5倍 PBR0.58倍 配当利回り2.97倍 時価総額390億


いずれもC&Iホールディングス(村上グループ)が大量保有し注目されている銘柄。
エクセルについては値動きが荒いので、短期的に売買することに留める。

先日ロイターのインタビュー記事で投資期間は5年程度、最低でも2年と書かれており、5%以上保有していても買い増す可能性もあるとのことなので、短期的な上昇で売り抜けされて終わることはなさそう。

チャートも25日線から大きく乖離させず調整を挟みながらきれいな上昇を描いているので焦らず保有できそう。

黒田電気はすでに大きく増配発表されてるけど、保有率アップのため自社株買いする可能性も十分あるので更なる還元策もありそう。
三信電気はまだこれからといった感じで、25日線がある1300円付近まで下がったら少し買い増す予定。


★がっちりマンデー作戦で保有(放送前後で決済予定)

海帆 PER20.2倍 PBR6.13倍 配当利回り0% 時価総額37億
ホクリヨウ PER11.4倍 PBR1.36倍 配当利回り1.27% 時価総額70億

今年も「僕たち上場しました」放送前後を狙っての売買。
去年は放送前から上がっていていたので、今年は次週予告の時点から調べて保有したけど、ホクリヨウは何度か売買を繰り返しすでに10万弱利確できているので作戦は大成功。

放送後高値で寄り付いたら決済予定だけど両銘柄とも、まだ伸びしろはあるので今後も監視対象。

特に海帆は社長の保有率が94%近くあるぐらい発行株数が少ないので、外食系銘柄にありがちな株主優待発表で更に上昇→分割でもっと上昇というように株価2倍、3倍もあり得る。
(立会外分売が発表された時は一旦調整がありそうなので注意)


★今後狙っている銘柄

スターティア PER18.1倍 PBR2.58倍 配当利回り0.85倍 時価総額100億

SnapCrab_NoName_2015-7-25_21-1-26_No-00.png

集客アプリの制作代行支援ソフト「AppGoose」販売(OtoO関連) 
法人向けオンラインストレージ「セキュアSAMBA」にマイナンバー向けプラン
など、本命銘柄では無いものの、今年テーマとなりそうな事業が複合しており、まだPERは10倍台と人気ある銘柄と比べるとかなり割安で出遅れている。配当性向も15%。

スターティアは株を始めてからリーマンショックまでに相当損をしていて、一から株の基本を勉強してこれでダメなら株をやめるつもりで2012年頃投資した会社。
利益は数十万で今と比べると微々たる数字だけど、立ち直るきっかけを得た思い入れのある銘柄で、ちょうど2000円付近は当時高値で売却した株価付近。
3年越しでもう一度大きく狙ってみることに。



ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス
PER17.33倍 PBR2.86倍 配当利回り1.43% 時価総額240億
※昨日まで保有していて一時全株利確、中期狙いで下がったら買い直し

SnapCrab_NoName_2015-7-25_21-21-40_No-00.png

ゲームソフトなどのデバッグを主体にEC向けアプリなどのサポートサービスやネット監視などを行う会社。

去年はソーシャルゲーム中心に売買したけど、すでにトップのモンストもピークに達し全体的に売上水準が落ちてきている印象。
(ゲームのクオリティが上がって無課金でも十分遊べるようになったこともある)

今年からはゲーム以外の事業もしっかりしていないと投資の対象にはしないと何度も書いてきたけど、この会社はゲームソフトのデバッグ業務ということなので、課金売上を気にすることが無く、今後ゲームソフトのクオリティが上がりつつ投入数も変わらないのであればむしろ追い風にかわる。
売上も毎年20%近い上昇を続けていて成長性も高い。

配当性向は25%としっかりしているし、指標面でもゲーム・IT系にしてみれば多少割安感もある。
日々の値動きも荒くなく、長期チャートも上向きに変わったのでローリスクでじっくり狙っていける。

自分もゲームテスト・デバッグの仕事をしていて、何度かこの会社と合同で作業を行った経験もあるのでどんな業種なのかはよくわかった上での投資。


クルーズ 時価総額720億

SnapCrab_NoName_2015-7-25_21-39-6_No-00.png

短期売買に徹しているけど、ソーシャルゲーム企業で大きく爆発する可能性を秘めているのはクルーズぐらい。

エレメンタルストーリー(Android版1月、iOS版6月配信)が最近売上げランキングで20位前後をキープしているが、大きな宣伝も無くこの順位なのでかなり有望。
あとはFFの新作もリリース予定で、こちらはかなりオンラインRPGの特色が強そうでコアユーザーメインにヒットしそうな気配がする。

もちろんゲーム事業だけなら投資しないわけで、クルーズにはファッションECサイト「SHOPLIST」が好調なのが強み。
3月期決算ではゲーム事業とコマース事業の売上比率がちょうど50%の半々となっており、ゲームだけの会社になってないところが良い。

株価はかなり割高なので、FFや今後のネイティブゲームアプリのヒットが不可欠だけど、ゲーム1本被りじゃないところがいいので、チャートと判断して短期売買として今後も監視。


以上。
7月末から8月にかけて決算発表があるのでキャッシュポジションは5割ぐらい残す感じでいくつもり。

年間収支などは月末記載予定。
7月は今年一番の成績で一旦保有株をリセットしたことが転機に繋がったみたい。


[ 2015/07/25 22:01 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1579-64fbbdba