星のドラゴンクエストの完成度が高く久々の大ヒットタイトルになりそうレビュー

スクエニから星のドラゴンクエスト(星ドラ)が配信されました。
ドラクエは好きなので初日から遊び始めましたが、これが非常に面白くDQMSLとモンストのシステムをいいとこ取りしたような感じで、久しぶりにトップクラスのスマホゲームだと感じています。

SnapCrab_NoName_2015-10-17_21-6-9_No-00.png

星ドラの面白い部分を挙げていきます。

オート戦闘システムが楽、でも作業ゲームじゃない


配信直後のストアレビューは★5と★1の両極端な評価となっており、いつものようにあまり参考にならない短評ですが、一部オート戦闘&移動になったことで単調となった意見が出ていますが、これは開始1時間ぐらいの意見であり、ダーマの神殿をクリアして以降はタイミングを見計らったスキル発動をさせる必要性が出てくるので戦略性が増していきます。
(イベントが開始されると自ずと見てるだけでは通用しなくなりそう)

kw1h3xCQ-1.jpg

フィールドは行き先を決めると自動的に移動し、新しい目的地までの道のりでは敵が2~4グループ程度出現。
ダンジョンではザコ3グループ+ボスの4回戦闘。
自由に移動・行動ができないと言っても、本家ドラクエでも結局毎回「たたかう」メインのコマンド入力で面倒なだけだったので、むしろ今は半オートシステムじゃないと時間的にやってられません。

あとゲーム内のBGMはすべて歴代シリーズのものが使われているので、FC/SFC時代をプレイしてた身としては楽しめる要因の一つでもあります。


cRQPLwGh-1.jpg

見てるだけにならない要因がミッションシステム。
特にスキルフィニッシュを決める所が少し難しい。
一番簡単な決め方はボスの体力を3/4~半分程度にして、4人一斉にスキルを発動させれば成功する。

3エリア目ぐらいから徐々に難易度が上がってくるけど、無課金の範囲で貰えるジェムでガチャを回してもクエストのクリアは可能。
というか最近のスマホゲームではイベント以外は大概無課金でどんどん進めるバランスになっている。



職業と装備品の種類が豊富で高額課金者も集まりそう


39N3dBd_-1.jpg

株のことも意識すると面白くても売上に繋がらないゲームは魅力半減ですが、星ドラは職業ごとに装備できる武器が限定されるほか、防具は「頭」「体」「足」「装飾」に分かれているのでガチャアイテムの種類はかなり豊富。
しかもメインキャラ1人+サブキャラ2人も同じように育てることになるので、★5の装備を集めようとしたら相当課金しないと無理。

w7W92gLM-1.jpg

同じ武器を合わせる進化もあるし、武器にスキルをセットして強い武器を作りこむ要素があるので、高課金プレイヤーは新しい武器が追加されたらどんどん課金しそうだし、無課金でまったり遊ぶ場合でも★4ぐらいなら暫くはイベントでもソコソコ楽しめるので難易度バランスはうまく調整されてる。

ゲームが気に入ったので、2時間ぐらい頑張ってリセマラしましたが★5は出なかったので諦めましたが、★4でさっさと始めたほうが、あとから沢山ジェムが貰えるので時間を浪費して勿体無かったと後悔してます。


全国マルチプレイ対応でユーザー間の競い合いもバッチリ


DQMSLでは1人用でしたが、星ドラはモンスト同様4人マルチ(しかも全国対応)ができるし、初顔合わせでジェムが貰えるモンストシステムを採用しているので、無課金でも2~3日プレイすれば10連ガチャが2~3回できるぐらいはすぐ貯まります。

AoJtp0xo-1.jpg

全国マルチはグループが次々湧いてくるほど活況で、自分でグループを作成しても10秒以内にはパーティ枠が全部埋まってしまうぐらい人が多い。
ゲームでチャットをするようなゲームは苦手なので避けていますが、星ドラはLINEスタンプのような緩いあいさつ(ちゃんと喋る)で戦闘中に返信できるので、これなら気楽に遊べます。
(文章で発言できる機能も用意されています)

jSYLH04g-1.jpg

バトルはシングルプレイと一緒。各プレイヤーがメインキャラを連れてくるので自分のレベルが低くてもクリアしやすい。
マルチでは敵の体力も増加しているので、ザコ敵でも100以上の体力があり過去作のプレイ経験があると多少違和感があるものの許容範囲内。
この辺のバランスはすごく大事で、ドラクエではFFのような9999ダメージは無いので、あまりインフレしすぎるステータスなるとゲームバランスが崩壊するのでそこだけが唯一の気がかり。

そして、「うんのよさ」の数値で宝箱ドロップ率が決まるモンストシステムがここでも採用されてます。
今後イベントでは繰り返しバトルして、ドロップ装備を獲得→進化で上限+99みたいな感じで、星ドラもステータスカンストさせることが目的になるのかもしれません。



売上は長期間に渡り上位に位置しそう


ドラクエ、FFは最近乱発される傾向がありますが、他社が開発したものと違い星ドラは見たところスクエニが自社で運営していると思われますが、配信直後の完成度が今までプレイしたゲームの中でダントツに完成度が高く粗が見当たらない所が素晴らしい。
(他社開発のDQMSLやFFRKは新モード・機能追加までに相当な時間がかかった)

最近は配信直後の一時的な高売上の後低迷するタイトルと多くなってきていますが、星ドラは売上げランキング上位キープが長期間に渡り可能だと見ています。
ユーザー増加ペースも早いので1~2ヶ月ぐらいでモンストの次位が定ポジションになりそう。

30代以上はゲーム機時代から遊んできた流れで好きな人は課金して遊び続けると思いますが、25歳以下の年代になるとドラクエブランドはあまり関係なく、人気ユーチューバーの配信をキッカケに始める→周りがやってるから合わせるようにプレイする傾向が強いので、そこが長期間の大ヒットに繋がるか重要な鍵になりそう。


といってもスマホゲームではもうホームラン級のヒット作は難しく、ツーベースヒットを量産するメーカーが今後は更に目立ってきます。
その点スクエニは強力な2大IPタイトルがあるし、その中でも星ドラは抜けているので来期にかけても増収増益の期待が持てます。

時価総額が高くミクシィのような爆発力は無いので100万~150万円分ぐらいをスクエニ株を買いました。(長期ではなく短期保有)
3000円を下値に半年ぐらいの期間で3800円~4000円ぐらいまでの上昇を期待してます。


因みにスマホゲームで最も長く遊んでいるのはパワプロ(今も継続)で次がモンスト、FFRK、DQMSL(これらはほぼやめている)です。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1634-b6842169