7638 シーマのチャートが上放れ暴騰のフラグが立ったかもしれないような形に

鎌倉先生のブログで10月5日に推奨銘柄として紹介された7638シーマを平均単価36円で保有し、ここ1ヶ月ほど日経の上昇とは縁なく地味な値動きをしていたけど、13日の決算発表を控え今日の終値は近々暴騰しても可笑しくない非常に面白いチャートの形をしているので、記録としてブログに残しておくことにします。

日足(移動平均と一目均衡表)
SnapCrab_NoName_2015-11-9_21-46-32_No-00.png
SnapCrab_NoName_2015-11-9_21-46-44_No-00.png

週足
SnapCrab_NoName_2015-11-9_21-47-5_No-00.png
SnapCrab_NoName_2015-11-9_21-46-57_No-00.png

ここ3週間ほどの値動きは35円を挟んだ出来高の薄い攻防が続いていた。
※細かく言うと35円の売り指値が40~50万並ぶことが多く、それが全部買われても次々と湧いてくる状態だが、34円の買い指値は安泰、36円はたまに買われるぐらいでほぼ35円で約定されてた気がする。

先週の火曜日に久しぶりに890万株ほどの出来高で始値35円終値37円で上へ反応。
その後3日間はまた出来高が元に戻り、安値34円が度々付く程度の35円への定位置に戻る。

そして今日月曜日は、再び900万株ほどの出来高で高値38円を付ける終値37円。
この1ヶ月のモタモタの間に25日線は35円付近まで上昇し、50日線・75日線は揃って上向きに転じ乖離も少ない。
日経平均は連日の上昇でかなり加熱圏にあり、そろそろ調整が入る段階なのでタイミング的にも小型株に流れが向きそうな感じに。


5月15日決算発表で今期業績予想の期待間で15円→一気に44円まで上昇
8月27日に通期上方修正が発表されるものの、翌日高値41円で全体相場の影響もあり2日目からあっさり失速。

11月13日の中間決算で再度上方修正があれば暴騰は確実だけど、さすがに2ヶ月弱で再度の上方修正は無さそうな気もする。
どちらにせよ、通期上方修正があったにも関わらず44円の高値更新をしていないのはおかしいので、中間決算前後のキッカケで動き出しそうな雰囲気。

平均単価36円 69500株保有(43円で長期売り注文中)
これでダメだったら今年はいい所なしで終わりそう。

[ 2015/11/09 22:29 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1650-bffe7ab0