7638 シーマがサプライズ今期2度目の上方修正でPER13倍の割安株へ変貌

先日決算前のチャートが上放れ暴騰示唆の記事を書きましたが、本日シーマの中間決算が発表されました。
かなりの枚数を持っていたのでドキドキ(有給まで使った!)でしたが、結果は今期2度目の通期上方修正が飛び出すサプライズ決算となりました。

シーマ投資家情報ページ→http://cima-ir.jp/ir/

今後の目処を記録として残しておきます。
第2四半期業績修正結果

SnapCrab_NoName_2015-11-13_16-41-6_No-00.png

通期業績修正結果

SnapCrab_NoName_2015-11-13_16-41-12_No-00.png

1.繰延税金資産の計上とその内容
当社は個別業績において、将来課税所得の増加にともない繰延税金資産を 138百万円計上しました

4.業績予想と実績値との差異および通期業績予想の修正の理由

ブライダルジュエリー事業における集客
手法の改革および営業の推進・強化により、来店客数や成約率・件数が上昇し予想以上に売上が伸長
したことが主因であります。加えて効率的な広告宣伝費の使用や賃借料の低減などによる販売管理費
用の抑制を伴うことで、利益拡大にもつながりました
。エステ事業につきましては、集客の伸びに加
え人員の質量両面での体制整備等により、販売および売上高が堅調に推移し、結果として連結業績が
前回予想時以上に伸長しました。また、親会社株主に帰属する四半期純利益は、売上の伸長による利
益の増加に加えて上記1項の内容による影響もあり、前回予想を上回りました。
平成 28 年3月期通期連結業績予想につきましては、ブライダルジュエリーの販売が特に秋から年
末において活発になることに加え、エステ事業についても収益構造が整いつつあり業績が底堅く推移
する
と思われることから、前回の予想を修正いたします。


繰延税金資産計上だけの上方修正だと一時的な上昇で寄り天の可能性が高いですが、しっかりと本業のブライダルジュエリーが好調に加え、エステ事業(子会社のラ・パルレ)も運営がうまくいっているようなので文句無しだと感じる。

福山雅治結婚から芸能人結婚ラッシュが続き、本当に一般層までブームが来ているのか半信半疑でしたが、これで新3本の矢関連銘柄として注目していけそう。
(中国も一人っ子政策廃止が始まったので遠からずプラス材料になるはず)


今回修正後の数字でPERを計算すると
13日終値37円÷1株利益2.88=12.84倍
50円なら17.36倍
75円なら26.04倍
100円で34.72倍
もはや2桁クズ株とは到底思えない優良割安株へと変貌しています。

ジュエリー販売ということは、12月のクリスマスと2月のバレンタインに売上がアップすることが予測されるので、3~4Qに失速することは考えにくいし、今の水準をキープするようならまだ上方修正の余地は大いにあるということになり、3ヶ月後には更にPERが下がることも考えられる。


SnapCrab_NoName_2015-11-13_17-3-11_No-00.png

今期決算発表と共に株価が大きく動いてますが、その時の数字は

5月15日決算発表 (上昇要因:今期通期予想がポジティブに評価)
15円→翌日始値20円 高値41円 終値37円(その後21日の44円高値がピーク)

8月27日通期上方修正発表 (上昇要因:通期純利益293→550へ修正が評価)
30円→翌日始値38円 高値41円 終値35円
この日がピークで約1ヶ月後全戻しとなる29円まで下がる
※中国ショックの影響も少なからずアリ。

そして今回11月13日の上方修正
37円→来週?円(午後4時までのPTSでは47円まで付け43円で終了)


8月末から更に純利益が倍増しているので、常識的に考えて5月に付けた高値44円は突破して当然。
次の高値目処は低位株なので正直予想がしづらく乱高下する動きが予想されますが、50円=PER17.36倍を考えればここはガチホ作戦が正しいような感じがします。


SnapCrab_NoName_2015-11-13_17-18-26_No-00.png

月足過去10年で節目をチェックすると

節目50円が2007年半ばに上ヒゲで見られる
2006年最後の大陰線と2007年の上ヒゲが72円~77円
そこから先は100円の大きな節目があるだけで目安となりそうなラインは見当たらなくなります。


では現在の株価と同じぐらいだった2007年頃の決算はどうだったのか検索で調べてみると、決算説明資料のPDFが見つかりました。

SnapCrab_NoName_2015-11-13_17-25-34_No-00.png

PDF直リンク→
http://cima-ir.jp/wp-content/pdf/result/2003/20080515.pdf#search='2006%E5%B9%B4+%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%A5%AD%E7%B8%BE'

(「2006年 シーマ業績」で検索すると上から2番目に表示されると思います)

売上・経常利益水準は現在と同じぐらい。純利益は8月末に修正発表された時と同水準でした。
当時はシーマ=株価が倒産しそうな会社という認識でよく覚えてないですが、その後赤字に転落と会社が傾く流れに対して、今は復活する流れとなっているところが大きく違います。
単純に数字だけを照らし合わしてもやっぱり50円は相当固いのではないかと思います。


結論
来週月曜日は保有株は寄で天で下がったらどうしようも無いぐらいの気持ちでガチホしたいと思います。
最低目標は50円、最高75円を設定。もちろん第3四半期発表で上方修正や復配も考えられるので長期的に監視する銘柄になります。
(場合によっては週明け強気の買い増しも視野に入れている)

SnapCrab_NoName_2015-11-13_17-39-13_No-00.png

思えば昨年8月のミクシィ&ソディック大勝後、運気が反転しぱっとせず、今年3月のDeNAは提携発表前に一時的にポジションを減らしていて大勝を逃してしまって、その後もジリ貧が続いてましたがついに運気反転する時が来たのかも。

20~30円上がって決済出来たとしても今年の累計損失がチャラになるぐらいなので、大儲けというわけには行きませんが、今年の命運はシーマ様にかかっています。

23時30分追記→ここ一番の時に使うSBI証券入金分でPTS42円で20000株強気に買いました。

SnapCrab_NoName_2015-11-13_23-47-39_No-00.png


[ 2015/11/13 17:48 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1654-639ede75