5年ぶりにゲーム機購入レビュー PS4は処理速度が速くPS3とは別物だった

iPhone3GSを手にしてからスマホの魅力に取りつかれて、手持ちのゲーム機・ソフトは全て売却してしまったのですが、10月の値下げと同時に5年ぶりのゲーム機PS4を購入しました。

購入はAmazonで35900円ぐらいだったと思います。

PS4 (4)

据え置きゲーム機なので最も懸念してたのが本体の大きさ。
実物を見るとイメージしていたごつさはあまり感じず、正面が斜めになったデザインがスッキリと感じ、サイズもソニーブルーレイレコーダーの2/3程度。
お互い平べったいので上に物を置けるので、場所を取らずにすんで良かった。

何で急にPS4が欲しくなったのか


少し前に小学生も遊んでいるというマインクラフトを購入したのですが、これは確かに面白くトータルで10時間ぐらいは遊んだのですが、元々PCが好きな人向けのゲームなのでゲーム中のガイドは無く、発想力に乏しい私の腕前では

Minecraft_Windows 10 Edition Beta

平べったい家と囲っただけの動物小屋みたいな物が限界で、この先何を作ったらいいのか全くわからず、YouTubeで上手な人のプレイ動画を見ても実際に操作出来ないので、今ではプレイしなくなってしまいました。
(周りを更地にするだけで1時間ぐらい費やしたのに・・・)

でもマインクラフトのようなゲームで色々な建物は作ってみたい気持ちは依然高く、もっと遊びやすいものが出ないのかと思っていたところ、PS4ソフトで来年の1月発売される「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」を知ったのです。

DORAKUE.jpg

元々ドラクエは大好きなのですが、いつもの感じと違ってマインクラフトを意識した内容ですが、一部分だけ形を作ればスクリーンショットのような街づくりができるということが書かれていたので、これこそ私が望んでいたマインクラフトのライトユーザー版。
ちょうど同時期にPS4値下げ発表があったので久しぶりにゲームで遊ぼうと思った次第です。


UIがとてもよく省電力設定もばっちり


話をPS4本体に戻し、ドラクエはまだ発売されていないので本体システム周りを色々見てみました。

PS4 (5A)

従来のXMBとは違うUIに変更されたみたいですが、使っている感じではXMBとそれほど違いは無かったので、久しぶりでも迷うことなく各種設定ができました。


PS4 (3)

一番に気になるのはやっぱり消費電力。
PS4では省電力設定が充実していて、コントローラーの充電する時間を指定したり、スタンバイモード・完全に電源を切るといったことで、状況に合わせて本体待機させることができます。

ワットチェッカーで電力を計測すると

完全に電源を切る・・・0W
スタンバイモード・・・5W前後
スタンバイモード(外付けHDDを接続したまま)・・・9W前後
動作中・・・65W前後

ゲーム中は見れてませんが100Wぐらいになるとのこと。
最新ゲームでも電力は抑えられているので、電気代の心配は必要なしでした。



常に最新ファームウェアが要求される


システムアップデートは定期的に配信されますが、PS4では常に最新VERが要求されるようで、旧VERのままだとゲームソフト、ストア、メディアプレイヤーとほぼ全ての機能が使えないようです。

PS4 (2)

ゲーム機でばりばり遊んでいたころは、PSPのカスタムファームウェアの改造記事を読んで実践したりしてましたが、今は改造行為ができないように工夫されているようでした。


PS4 (1)

でもPS3からシステム面は大幅に進化していて、本体やソフトの最新データが配信されているとゲーム起動時に自動的にファイルをダウンロードしてくれるし速度も速くなっています。
これはスタンバイ中や他のゲームを遊んでいる時でも実行してくれるので、アップデート中はじっと眺めているようなことはないので、この辺りはゲーム機の進化を実感してます。


サクサクの処理速度


PS3時代はストアを開くだけでも時間がかかり、ブラウザに至っては遅すぎて使う価値すら無かったですが、PS4では処理速度がすごく向上していました。

PS4 (6)A

数は少ないですが、基本プレイ無料ゲームもいくつか配信されています。
「みんなでスぺランカー」を遊んでみましたが、やっぱりスマホゲームと比べると全然ユーザー数が少なく、売上には全く繋がっていない気配が感じられます。
ゲームとしてのクオリティは高いです。

PS3時代にダウンロード専売ソフトは買っていましたが、PS4では未対応なので遊べないのはすごく残念。
アカウントに1600円分のチャージが残っていたのは嬉しかった(^^♪)


PS4 (7)A

動画はAmazonビデオ、NETFIX、huluなんかも対応しているようです。

PS4 (9)

処理速度が速いので、ゲーム機でYouTubeを見るのもアリ。
PS4の無線LANはIEEE 802.11nまででacには対応しておらず、スペックだけ見るとPS3同様時代についていけてない感がありますが、実動作では読み込みが止まることもほぼ無いので通信環境がある程度よければ全然ネックに感じません。
※自宅はフレッツ光100Mコースです


PS3でも重宝したメディアプレイヤー機能


PS4でもストアからメディアプレイヤーアプリをインストールすれば、外付けHDD内に入っている動画を再生することが可能。

PS4 (10)

動画全てmp4で保存してますが、MPEG-2 TS・AVI・MKVも対応とのこと。
PS3でも重宝した機能で、ゲームを遊ばなくなっても動画再生機としての利用価値はすごく高いです。

SnapCrab_NoName_2015-11-23_13-57-28_No-00.png

外付けHDDの動画をTVで再生できる環境が戻ったので、代わりにnasneを売却してPS4購入の足しにしました。
nasneは未だに新品の在庫切れがあったりしてAmazonでは価格変動が大きかったりするのですが、1年ぐらい使用した中古でも値崩れしてませんでした。


PS4でドラクエはすでに予約済みですし、パワプロも好きなので発売されるようなら買うかも。
あとはウイニングポストとか。
最近はスマホでもハースストーンみたいなコアなゲームも遊び始めていて、ここ数年ご無沙汰でしたが来年から疲れない範囲でゲームをしてみようかと思ってます。

[ 2015/11/23 14:10 ] SONY | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/1661-0b1c6b24