iPhoneで音楽を外部サーバーから再生できる「mSpot Music」の使い方

6月26日更新:半年の間にバージョンアップで少し仕様が変わったので訂正と追記


iPhoneに音楽を入れていると容量を取られますが、音楽ファイルを外部サーバーに保存してiPhoneからストリーミング再生できるアプリが「mSpot Music」です。

Evernoteなどのクラウドサービスと同じで2GBまでは無料でサーバーに保存することができます。
※6月26日現在5GBまで無料で保存が可能になっているようです。

Macも対応していますが、WindowsPCしかないので今回はWindows7での説明になります。

2010y12m16d_212715056.jpg

タイトル:mSpot Music mSpot Music - mSpot, Inc.
メーカー:mSpot Inc
ジャンル:ミュージック
配信日:2010年12月15日初回ver配信
価格:無料
その他:★3G回線またはWi-Fi回線接続必須★iPhone&iPad両対応★

Android版:mSpot Music (Androidマーケットへ)



【PCサイトからアカウント登録をする】

※6月26日現在サイトやPC側のmspotアプリケーションが若干変更されてますが、基本的にインストール方法などは同じです。

まずはwww.mspot.comのアプリメーカーサイトからサーバーを利用するためアカウントを登録します。

2010y12m16d_212732774.jpg 2010y12m16d_212838774.jpg

メーカーサイトに入り<Get Started>をクリックします。
画面が切り替わりしばらくするインストーラーがダウンロードできますのでダウンロードしてください。
そしてインストーラーをセットアップします。


2010y12m16d_212951613.jpg 2010y12m16d_212958803.jpg

画像左:アカウントを作成するため<No,I do not~>にチェックを入れてNext。
画像右:アカウントで使用するメールアドレスとパスワードを入力し<I Accept>にチェックを入れてNext。


2010y12m16d_213044398.jpg 2010y12m16d_213240544.jpg

この画面から音楽ファイルをアップロードします。
<Windows Media~>にチェックを入れるとWindows Media playerに入っている音楽ファイルが
<iTunes~>にチェックを入れるとiTunesに入っている音楽ファイルがまとめてアップロードされます。

但し無料で使える容量は5GBまでなので音楽ファイルが5GB以上のたくさんある場合は個別に音楽ファイル(フォルダ)を選択します。
<Add>をクリックすると音楽フォルダを指定できますので、アップロードしたいフォルダを選ぶだけでOKです。右側画像のようになればOK。

アップロードしたい音楽ファイルが決まったらNext。

※6月26日追記
個別にフォルダからアップロードした場合、曲名が文字化けすることがあります。
その場合はiTunesLibraryにチェックを入れ、iTunesのライブラリをそのままアップデートすることで文字化けは回避できました。
なおこの方法はアップロード中iTunesが起動します。(閉じてもしばらくすると勝手に開いてしまいました)
また5GB(約1100曲)をアップロードするのにかかった時間は約5時間でした。
アップロード途中でパソコンの電源を落としても次回起動時に続きからアップロードが再開されるので問題はありません。



2010y12m16d_213250520.jpg 2010y12m16d_213306101.jpg

画像左:<Done>を選択すると自動的にブラウザが立ち上がり右側の画像になります。
この画面が自分専用のアップロード画面になっていて、リストの右上のほうに自分のID(メールアドレス)が表示されログインしていることを示します。
アップロードはこの画面から行うのでPCのブックマークで登録しておきましょう。
画面に出ている噴出しは<Continue>を選択すると消えます。


2010y12m16d_213434040_20101216220351.jpg

リストでは上記のように表示され曲名が黒字になるとアップロードが完了し、灰色はまだアップロード途中を示します。
ここまでできたら次はアプリを起動して実際に音楽を聞きます。

※最初からいくつか洋楽が入っていますが、消したい場合は▼タブをクリックして<Delete>を押せば消えます。最初は灰色ですがしばらくするとリストから消えるます。


【補足】

2010y12m16d_221548843.jpg

ここまで登録して、いざアプリからログインしようとしたら、どうやらパスワードが打ちミスで自分の決めていたものと異なってログイン出来ない状態になりました。
その場合は上記のForgot your password?をクリックして登録したメールを打ち込めばパスワードを再発行してもらえます。
送られてきたメールの2行目に新パスワードが記載されています。




【アプリから音楽を再生する】

IMG_0454.jpg IMG_0455.jpg

<Sign In>をタップ
次の画面で先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して<Done>をタップ。

※配信直後でサーバーが重かったのか中々ログインすることができませんでしたが、数回試して待つうちにログインすることができました。


IMG_0456.jpg IMG_0457.jpg

ログインできると先ほどアップロードした音楽が入っています。UIもiPodと同じような感じで操作しやすいです。
音楽を再生すると、ストリーミング再生なので開始まで数秒かかりますが、一度再生が始まると途中で途切れることもなく音質はiPhoneに直に入れている時と全く変わりません。
(画像を見てわかるようにゲージが数分先まで読み込んでいるのがわかります。)

※最新VERでは読込が非常に早くなり自宅のWi-Fi環境では曲再生5秒ほどで、完全に曲が読み込まれました。

またアルバム画像や歌詞も表示させることができるみたいですが、これは音楽ファイルに画像や歌詞を埋め込んでいないと表示できないのかもしれません。


IMG_0458.jpg

現在いくら容量を使用しているのかは<More>内の項目から確認可能です。


※6月26日追記 キャッシュ保存について

IMG_0003.jpg

現在の最新verでは一度再生をして読み込んだ曲は、キャッシュファイルとして残り次回Wi-Fiに接続していなくもオフラインで聴けるようになりました。
但し本体内の容量が読み込んだ分だけ減ってしまうので、これでは本体容量の節約にはなりません。
<設定>→<ストレージ>から<Streaming Onry>をONにしてやることで、本体内にキャッシュファイルを残すこと無く再生が可能になります。



以上がこのアプリの使い方です。
このアプリとサービスを使うことで5GB分の空き容量が確保できますので、16GBモデル以下のiPhoneを使用している人にはかなり大きいと思います。
またAndroidでも設定や使用方法はほとんど同じでした。


関連記事
PCの音楽・動画をiPhone/iPadで再生「ZumoCast」の使い方



[ 2011/06/26 14:14 ] アプリ(ミュージック) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/194-41e5d654