個人間送金アプリ「kyash」は貰ったお金をVISAプリペイドカードとして使える

最近色々な個人間送金アプリが登場していますが、iOS版先行リリースで「kyash」というアプリが4月に登場しています。


kyash1.jpg
公式サイト:https://kyash.co/

このアプリ最大の特徴を最初に言ってしまうと、受け取った代金は銀行口座に出金できないが、代金はVISAプリペイドカードとして、ネット上のVISA加盟店で決済することが可能

物理カードが発行されないLINE Pay、おサイフポンタ、dプリペイドカードみたいな認識です。
(いつかkyashでも物理カード発行もされるかもしれない)

今は300円分もれなく貰えるのでお試し的にネット通販で使えるか試してみました。


アプリに専用VISAプリペイドカードが発行される


YbEHiRTa-1.jpg

アプリUIはとてもシンプルにできていて見やすく、すぐに使い方も理解できます。

ホームでは送金で相手に支払い・受け取った金額、VISAプリペイドカードとして支払いした金額などが通知され記録に残る。

カードでは1アカウント毎に自分専用のVISAプリペイドカードが発行される。
物理カードが無いので、リアル店舗では使用できませんが、AmazonなどVISAカードが使えるネット通販ならどこでも使用できます。
※但し残高以上の決済はできない


e5TedEWI-1.jpg

中央の「+」は個人間送金モードで自分から「請求」したり、相手に「支払い」したりできる。
登録時に決めたIDで検索したり、QRコードですぐに相手を登録することができます。

手持ちのクレジットカードからkyash残高にチャージして、個人間送金をするという使い方がメインになりますが、これはLINE Payが圧倒的に利便性が高いので、現時点ではわざわざこのアプリで個人間送金するメリットは現時点では薄い。


Amazonギフトチャージ支払いできる


kyash2.jpg

kyashの残高が少額の場合でも、Amazonギフト券チャージ購入なら綺麗に使い切ることができます。

Amazonアカウントのクレジット登録から、kyashに表示されているVISAプリペイド番号を登録するだけ。
名前は「KYASH MEMBER」か「自分の名前をローマ字」で登録します。

Amazonでは前者でも問題無いですが、他の通販サイトだと購入者の名前とクレジットカードの名前が違うと受け付けてくれないことも多いので、自分の名前をローマ字で登録しておくのが確実。
(これはLINE Payなど他のプリペイドカードでも言えること)



登録時に300円分貰える


アプリをインストールしたら会員登録が必要で、本名・メールアドレス・パスワード・招待コードの4つ入力が必要。
招待コード無しだと300円分のプレゼントは貰えませんが、コード入力して登録するとすぐに300円付与されます。

コードは適当にネット上を検索するか、私の【DC2LL4】コードを入れていただけると嬉しいです。

また、登録にはSMS認証が必要となります。
1つの電話番号につき1アカウント作成できます。

SMS認証完了したらホーム画面に移行しますが、届いたメールアドレスに記載されている認証リンクを24時間以内に開かないと、そのアカウントが本登録とならないので注意してください。


<関連記事>
割り勘アプリ「ペイモ」の使い方|その場でスマホから請求・支払いし出金も可能

[ 2017/05/04 21:21 ] マネー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/2222-585cf16c