iPhone版Money5.0(4.0)→iPad版Moneyへのデータ同期方法

資産管理アプリMoneyはこれまでにiPhone版<Money4.0><Money5.0>iPad版<Money>と3種類のアプリが配信されています。
(現在旧ver4.0は配信停止)
今回はiPhone版Money→iPad版Moneyへの一番簡単なデータ同期方法を紹介。

※3アプリ間ならどの組み合わせでも可能。その際iPhone・iPodTouch・iPad本体いずれか2台必要になります。


2011y02m05d_203719507.jpg

iPad版:Money for iPad
iconメーカー:iBear LLC
ジャンル:ファイナンス
定価:1200円
その他:日本語対応

iPhone版:Money 5.0
icon定価:900円
その他:日本語対応




画像はクリックして拡大してください。
【アプリを起動する前に】

IMG_0682.png

まずはiPhone・iPad本体の<設定>→<一般>→<Bluetooth>をオンにします。


【データ同期手順】

IMG_0207.jpg

1:アプリを起動し<設定>→<同期>をiPhone・iPad版ともに選択。

IMG_0208.jpg IMG_0683.jpg

2:しばらくお互いの本体を認識するために検索状態が続きます。
※初めてこの同期を選択した時だけ検索状態が長くかかりますが、2度目以降はすぐに見つかるようになります。

しばらくするとお互いの本体が見つかるようになるので、iPad版のほうで<○○のiPhone>を選択。
するとiPhone版側で 接続を求めています と表示されるので<承認>を選択。


IMG_0209.jpg IMG_0684.jpg

3:iPad版側でデータを結合するか置き換えるかと表示されるので<同期先データに置き換え>を選択。
同期が始まりiPhone側では送信中の表示が出ますので、すべて送信されるまで待ちます。


IMG_0211.jpg

4:しばらくすると同期が正常終了と表示されるので<OK>を選択。これでiPhone版のデータがiPad版に同期されました。
(同期なのでiPhone版のデータは消えません。)



IMG_0212.jpgIMG_0213.jpg

iPad版にバッチリデータを入れることができました。

今回はiPhone版Money5.0→iPad版Moneyで説明しましたが、3アプリ感なら上記の手順を行えばお手軽にデータを動機させることができます。


関連記事
資産管理アプリ「Pocket Money」の使い方紹介 資産登録編
資産管理アプリ「PocketMoney」の使い方紹介 収支、送金入力編
資産管理アプリ「Pocket Money」の使い方紹介 バックアップ編
資産管理アプリ「Pocket Money」の使い方紹介 便利機能編
資産管理アプリ「Pocket Money」の使い方紹介 自作アイコン登録編
最新ver用「PocktMoney」のバックアップ方法


iPhoneで資産管理「iBearMoney」の使い方 基本操作編
iPhoneで資産管理「iBearMoney」の使い方 バックアップ編
iBearMoney4.0→Money5.0へバックアップ移行の方法
iPhone「Money5.0」カテゴリの自動設定 パスワード設定の使い方

無料なのに広告表示のみで機能制限なし iPhone「マネー手帳Lite」




このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2011/02/05 21:01 ] アプリ(ファイナンス) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/229-2d51d186