【株】絶好チャートの太陽誘電、3200円で足固めする森六HD

cpPVWXla-1.jpg1801KABU.jpg

ここ2週間の日経平均は24000円手前で横ばいの動きが続いているが、引き続き材料株を中心に値上がりが多くムードは悪くない状態。

保有株では太陽誘電がようやく絶好チャートの形になり、金曜日の終値1935円は大きく値下がりする前の陰線より上で陽線となったので、此処から先は動きが軽くなりやすい水準となる。
決算まであと2週間弱で、今週で2000円手前、来週で2000円の攻防をクリアして、天井となった11/9の初値2050円を上回る位置で決算前日を迎える形が理想。
引き続き機関6社が空売りで入り乱れているが、15~18日は軒並み買い戻ししてきているので、やはり決算は上方修正濃厚。
太陽を強気推奨されている鎌倉先生の書籍も今週1/26に発売される。

推奨銘柄95%的中! 鎌倉雄介の株道場――爆上げ株を見抜く法
Amazon  楽天ブックス 1512円(予約受付中)


森六HDはオプトラン、カチタス、マツオカのIPO1部上場組と比較するともたついているが、先週は3200円前半から下は売り込まれる気配が無く、じっくりと足場固めしてチャートを作っている印象。
12/27、1/12の大陽線が目安となるので3175円~3200円が岩盤のサポートラインで、ここを割らない限りは安泰。
週足では綺麗に陰線→陽線の繰り返しできているので今週は陽線の番か。
どちらにせよ割安で、3Q決算→3月四季報と良い情報が出てくると、投資家の目にも止まるので3月までには3500円~4000円の水準になるはず。
90日間or1.5倍でのロックアップ解除もまだまだの状況なので売り圧力はさほど無く、出来高さえもう少し膨らめば高値更新となる。
(野村は1/12に空売りポジション解消してる)

1月2週は海外投資家が1兆円売り越し、個人は3900億の買い越しで逆転している。
3週・4週と海外投資家が売り越してくると、日経もそろそろ大きな調整が入りやすくなるかもなのでそこだけは警戒が必要。

[ 2018/01/21 21:53 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/2495-4dd7501a