共有サービスへ写真を一括送信できる iPhone「PictShare」の使い方

「PictShare」はdropbox・Evernoteなど12の共有サービスに対応しており
写真を複数まとめて一括送信できる非常に手間の省ける便利アプリです。
また現在は12のサイトに対応してますが、今後まだアップデートによる対応で増えるようです。

今回は写真を送信するまでの一連の流れを紹介したいと思います。

2011y05m10d_211516486.jpg

タイトル:PictShare - multiple photos uploader PictShare - multiple photos uploader - itok
メーカー:itok
ジャンル:SNS
価格:230円(5月14日までは115円セール)
その他:★写真送信時は3G/Wi-Fi接続必須★日本語対応★




【初回起動】

IMG_1243.jpgIMG_1244.jpg

初回起動すると位置情報確認のメッセージが表示されますが、必ず「OK」を選択します。
アプリ説明にも記載されていますがOSの仕様で仕方ないようです。

アプリのUIは非常にシンプルで使いやすい印象です。



【共有サービスのID・パスワード設定】

IMG_1247.jpgIMG_1248.jpg

まず真っ先に行うのは設定から共有サービスのID・パスワードを入力しておく必要があります。
「サービス設定」をタッチすると対応しているサービスサイトが一覧で表示されますので、登録しているサービスをすべて入力します。


IMG_1250.jpg

このような感じで登録できればOK。
一点非常にわかりにくいですが、もし登録を削除したい時は「→」の部分を右から左になぞることで「削除」ボタンが出現します。



【写真をまとめて送信してみる】

IMG_1251.jpg

アルバムからカメラロールを開くと写真が一覧表示されるので、共有サービスに送信したい写真にタップしてチェックをつけていきます。
チェック後は真ん中のアイコンをタッチしましょう。すると上記の登録したアカウント一覧が表示されるので送信したいサイトを選びます。
今回はEvernoteで試してみます。



IMG_1253.jpg

送信前に編集メニューが出ますのでここで色々変更できます。


IMG_1254.jpgIMG_1255.jpg

解像度・・・デフォルトでは480pxとなっていますが変更可能。今回は最大の1024pxに設定
画像フォーマット・・・JPGかPNGの2種類で送信できます。



IMG_1257.jpg

編集では写真の名前やタグなどを入力することができます。
※この編集項目は共有サービスによって異なります。 例えばdropboxだとフォルダの指定はできますが、名前の編集はできません。
このあたりは共有サービス側の仕様に準拠しています。


画像の右回り・左回りアイコンをタッチすると画像の向きを横向き、逆さ向けに回転することが可能。
これらは基本1枚づつ入力を行いますが、もしすべてのタグに「写真」と付けたい場合は、上部タブを「一括編集」に切り替えて
タブ項目に写真と入力すると、すべての画像に反映されるので手間が省けます。

一通りの入力が終わったら「戻る」をタッチして「送信」ボタンをタッチすると送信が始まります。
今回は6枚を送信しましたが終了するまで約20秒程度でした。(解像度が低ければもっと早く終わります)



【Evernoteで確認】

クリックで拡大
2011y05m10d_211926190.jpg

実際にPCでEvernoteを開いてみると、アプリ側で編集したようにしっかり名前やタグ付けもされて送信できていました。


メーカーから最新2.0verのデモ動画も配信されているのでどんなアプリかよくわかると思います。




複数の共有サービスを持っている人にとってはとても重宝するアプリだと思います。


[ 2011/05/10 21:55 ] アプリ(SNS) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/286-94a1a374