iPhone4とXperia arcを比較しての感想

Xperia arcを購入して2週間が立ち、だいぶ使い方もわかってきたので
iPhone4と比較しての感想をちょこっと書きました。


2011y05m27d_130319436.jpg2011y05m27d_130340807.jpg




【本体デザイン】

Xperia arcが好み

個人的な好みになりますが、まず一番重視したいのはディスプレイが4.2インチと大きい点。
これからのスマートフォンは4インチが主流になるのでiPhoneの3.5インチは小さいと感じます。また重さもarcのほうが軽いし(質感は少し劣りますが)、持ちやすさもarcのほうが手にしっかりフィットします。



【液晶の質】

iPhone4がいいのは当たり前として、arcも悪くない

iPhone4は液晶の質がこれ以上ないぐらいパーフェクトなのでいいのは当たり前ですが、arcも実際に使うとかなり良い印象です。
解像度が480×854ですが、youtubeなどで動画を見た場合でも画質は綺麗。むしろディスプレイが大きいということもありiPhoneよりも見やすい。
文字の潰れもほとんど気にならず読みにくいところはほとんどありませんでした。



【サウンドの質】

iPhoneのほうが聞こえやすい

基本的に音質はどちらも同じだと思いますが、音の出る場所がiPhoneは本体の下側に2つあるのに対し、arcは背面に1つだけ。
この場合、本体を置いた時、音の出る部分が塞がってしまい音が聞きづらくなることがあります。



【本体の動作】

圧倒的にiPhoneが滑らかに動く。

arcをスクロールさせる時に頻繁に起こるのが、スクロールさせたつもりでも決定反応になってしまい意図しないアプリが起動してしまうことが多々あります。
滑らかさも完全なカクカクとまでは行きませんが、やはり反応が悪いのでゆっくりと慎重に動かしてしまいがち。
アプリの起動やブラウザの開くスピードについてはiPhoneとほぼ同等でストレスなく使えます。
来年の次期モデルは性能が上がってAndroidも使いやすくなるはずなのでもう少しのガマンといった感じです。



【ホーム画面やメニュー周り】

カスタマイズ性に優れているのはarc シンプルに使いやすいのはiPhone

Androidはカスタマイズすることによって色々なホーム画面の表示が可能なので、いじったりして自分仕様にするのが好きな人にはたまらないと思います。
またAndroidには「戻るボタン」と「メニューボタン」がありますが、これも慣れてくれば全く違和感なく操作できるようになるので特に気にすることはなかったです。




【アプリの質】

【アプリデザイン】

iPhoneの勝ち


iPhoneのほうがアイコンの見た目もいいしアプリのUIも使いやすく非常にデザインがいいので、これは今後もAndroidの勝ち目はなさそう。
なんというかAndroidのアプリって四角で角張ったUIが多い気がします。

【実用アプリ】

Androidのほうが便利


実用アプリの質はiPhoneも悪く無いですが、Androidは無料が当たり前でダウンロードすることができるのが魅力。
例えばAppstoreの場合、様々な形式が再生できる動画再生アプリ「AVPlayer」350円
Flashが再生できるブラウザ「sky fire」350円と、有料が当たり前ですが、Androidマーケットでは無料な上、アプリの機能も非常に優秀です。
あとAppstoreでは審査で便利なアプリも急に配信停止されてしまうことが度々ありますが、Androidでは自由度が高く制限がほとんどないので今後もディープなアプリが配信されそう。

【ゲームアプリ】

iPhoneが今後も豊富に配信される


本体のスペックはAndroidも互角なので面白そうなゲームが出てもおかしくないですが、やはり無料が当たり前なAndroidマーケットではメーカーが敬遠してしまい全部Appstoreに流れてしまうと思います。
ユーザーもAndroidはビジネス用で使う人が多いのであまりゲームは流行らない感じ。
ですが、Appstoreでは有料配信されているゲームがAndroidマーケットでは無料配信されているものもあるので隠れたお得となっています。
例えば「Angrybirds全シリーズ」「逆転裁判」「Slice It」など


[ 2011/05/27 13:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/300-9ac9d42c