Xperia1ⅱレビュー|指紋認証が使い辛いが、デザイン・エンタメ機能は一級品、カメラ・バッテリーも良し

au版Xperia1ⅱを1週間使っての感想です。
比較対象機はP40 Pro、GalaxNote10(小型版)で、ここ3年ほどはファーウェイとNoteシリーズしか購入していない。
Xperiaは、Z3以来の出戻り。
ここ数年はXperiaに辛辣でしたが、TVもレコーダーもヘッドホンも、全てソニーで統一する信者。

デザインは歴代シリーズでNo1


XPERIA1ⅱ

背面はピアノブラックで光沢があり指紋が目立ってしまうも、フレーム部分の質感、カールツァイスロゴの入ったカメラデザインはとてもカッコよく、初代Xperia Zが発売されたとき以上の美しさで見栄えは文句なしに歴代最高の機種。

これまで何度も書いてるけど、P40Proのカメラデザインは最悪で、このカメラサイズは横持ちで違和感が出てしまうので、絶対に縦一列のカメラ配置で無いとダメ。
カメラレンズの厚みも、Galaxy Note10(小型版)より少しあるかぐらいなので、裸で置いたとき若干ガタつくけど、ケースを付けなくても問題は感じない。


カメラは味付けなしの撮影で悪くない


すでにネット上で撮影画像は多数出ているけど、サムスンやファーウェイのようにソフト側で見栄え良く(明るめ)補正した画作りでは無く、現実に近い自然な色合いで撮影できるように感じられたので、Xperiaカメラの方向性はこのほうが違いができていいのかも。

XPERIA1ⅱAB (2)
XPERIA1ⅱAB (1)

Photo Proアプリは未完成で利用不可なのであまり撮影していないけど、パッと見はP40Proと遜色ないので、これならGMS導入で苦労するファーウェイを切り捨ててもいいと思える。


最大のデメリットが指紋センサーの使い辛さとイマイチな感度


Xperia1ⅱ唯一にして最大のデメリットが、サイドにある電源ボタン兼用の指紋センサー。

ハッキリ言って最悪の使いづらさで、現行の画面内蔵認証はおろか、背面認証センサーよりも使い勝手が悪い。
感度も最悪とまでは行かないけど、背面センサー時代のファーウェイやGalaxyより、認証感度が遥かに悪く、センサーを覆いかぶさるようにして指を置いているのに、センサーが反応してくれない。

このセンサー配置だと、机に置いたままの状態でセンサー解除は非常に困難(サッと触れて反応しないから)
縦長端末なので、パッと持ったときも、手の位置は端末下部1/3部分を持つことになるので、中央部分は意識しないと親指・人差し指では触れられないので、どの場面でも即解除は困難だと思う。

何一つ褒める部分が無い指紋センサーだけど救いはあり、SmartLock機能が搭載されているので、自宅など普段いる場所を登録しておけば指紋センサーに触れずともロック解除できる。
また、ダブルタップでスリープ解除機能もあるので、机置きでも電源押さずに解除可能。
残念ながら、持ち上げてスリープ自動解除機能は無かった。

あと、頻度はそれほど多くないけど、そんなに触れていないのに、なぜか「指定回数の30回以上超えました」のエラーが発生することがあり、PIN認証で解除を余儀なくされることもある。
これが発生したとき、SmartLock機能もおかしくなってしまったので、一度登録場所を解除して再起動し、再登録すれば治った。

こんな感じで、前モデルから不評だったらしい指紋センサーは、今作でもイマイチだと感じたので、ソフトウェアアップデートでの改善も期待薄かも。


充実のエンタメ機能は一級品


Xperiaといえばエンタメ。 実用面でイマイチな所があってもエンタメ機能だけはやはり一級品です。

【音楽】
Z3のころはWALKMANアプリだった気がするけど、今はミュージックアプリになっていた。

wa5eYwXU-1.jpg

UIはアルバム・アーティスト別にリスト表示されカバー画像も出ているので見栄えもよく使いやすい。
埋め込み歌詞表示できないみたいだが、曲を再生時メニュー-「詳細情報」から外部プラグインをストアから別途インストールできるが、「Walkman Lyrics」アプリを入れておくと、自動的に歌詞を取得してくれるので便利になっていた。

残念な点は、昔から変わらず個別曲毎にジャケット画像をファイルに埋め込んでいても、ミュージックアプリではアルバム全体で1曲目の画像が、2曲目以降も使われてしまう。

音質は流石にフロントステレオスピーカーだけあって、ファーウェイやGalaxyよりも遥かにいい音が鳴っている。
音設定も「Dolby Atmos」「DSEE Ultimate」をONにしてアップスケールできる。
イヤホンジャックもあるが、これは別にどちらでも良く、本気の聞き込みはバランス接続できるWALKMANで使い分け。


【動画】
21:9の比率が購入前は不安だったけど、縦持ちはそれほどサイズの小ささは気にならないし、横持ちでも左右の黒余白はそれほどだったので問題はなさそうだった。
動画もステレオスピーカーの利点が効いて聞き取りやすい。

XPERIA1ⅱA

特に便利なのが、Xperia独自機能の「21:9マルチウィンドウ」アプリ。
上下にYouTubeやブラウザなど、画面分割に対応しているアプリを組み合わせて表示できるが、このアプリを使うとYouTubeを再生しながら、ブラウザも操作できるので非常に便利。
画面サイズも上を狭く、下を広くはバーを動かすだけで簡単に調節可能。
他のAndroidスマホでも画面分割機能はあるが、上画面を操作しているとき、下画面は完全に動きが止まってしまうので、実際はYouTubeを見ながら何かをするということはできなかった。


【液晶】
Xperia1ⅱ 3,840×1,644 4k有機ELディスプレイ(疑似90Hz)
P40Pro 2,640x1,200 フルHD+有機EL OLED(90Hz)
Galaxy Note10(小型版) 2,280×1,080 フルHD+有機ELディスプレイ

購入直後感じたのは、ストアでインストールするときアプリアイコンの発色がめちゃくちゃキレイで、やっぱりこの液晶サイズでも4K解像度だと鮮やか。

XPERI1ⅱ (2)

デジカメで4:3で取った写真は、やっぱり左右の黒余白が広く大きく映せない。
液晶かソフト側かわからないけど、Googleドライブで表示させた画像の色合いも異なっていて、
P40Proはかなり陰影が強く出ていて、その反面Xperia1ⅱは比較的アッサリ。
ただ、保存してる画像をPCで表示してみると、P40Proと同じ陰影だったので、Xperiaの発色が違っているのかなぁ。

bhXXJ_cR-1.jpg

設定クリエイターモードとスタンダードモードを切り替えてみたが、静止画には影響しないのか見た目は変わらず。
ホワイトバランスは設定が難しそうなのでOFFのままだけど、ここをマニュアル設定で弄ったら静止画の色合いが変わるのかも。

XPERI1ⅱ (4)

ブラウザは縦長の分、文字が小さくなってリンクが押しづらいので、PCモードは不向き。
スマホモードなら縦長を生かして見やすかった。
あと株アプリも縦に広く使えるので、リストの一覧性が良くなって使いやすい。


【ゲーム】
oasaKjqq-1.jpg

ゲームエンハンサー機能があり、ゲームアプリを入れると全てこのフォルダの中に入り一括で管理できる。
(手動でゲームアプリ以外も追加できるので、どのアプリでもこの機能が使える)

Xperia1ⅱでは「HSパワーコントロール」機能が追加されていて、ゲームプレイ中に充電していても、バッテリーでは無くシステムに直接充電できるとのことで、発熱や動作に好影響?
ただ、充電無しでMJモバイルでも20分ぐらいしていると、背面がほんのり温かくなってくるので、発熱に関してはP40ProやGalaxyNote10よりあるような気がする。


バッテリーは意外と持ちスリープ中も安定


Xperia1ⅱ 4000mAh
P40Pro 4200mAh
GalaxyNote10 3500mAh

バッテリーの安定度はファーウェイが圧倒的だと思ってましたが、Xperia1ⅱも予想外に持ちが良く、普通にブラウザや株アプリ、麻雀ゲームぐらいの使用なら、1日の終わりで50%~60%ぐらいは残るし、スリープ中の安定度もかなり良い感じ。

ディスプレイは60Hzのディスプレイで、擬似的に90Hz相当の残像低減技術を実現しているようなので、この辺が効いているのかも。
スクロールしたときの滑らかさもP40Proとそんなに変わらない感じだったので、FPSとかゲームに拘る人以外なら同じと見ていいかと思います。


その他


【タスク全消去】
xperia1ⅱ5

一般的なスマホなら、タスク開いて画面下に「アプリ全消去」ボタンがあるけど、Xperia1ⅱには無く最初この機能が無いと思っていた。
しかし、開いているタスクの一番左端までスクロールすると「すべてクリア」ボタンがあり、タスク全消去できた。
私は結構こまめに消さないと気がすまない質なので、機能があって良かったが、なぜこんなわかりにくく使いづらい位置に配置したのか大きな疑問。


【HDMIテレビ出力は可能】
市販で売られている「USB Type C to HDMI交換ケーブル」を使えば、TVに出力することができます。

HDMI.jpg

TV出力時はスマホ側の音声は無音になり、音量ボタンはON/OFFの切り替えのみとなり、TV側から音が流れます。(音量の大きさはTV側のリモコンで行う)
SIMフリーで販売されるXperia1ⅱProは、マイクロHDMIポートが別途搭載されるみたいだけど、カメラから直接入力できると記載があるので、普通にスマホ画面をTV画面に出力させるだけなら、現行のものでもできます。


【DUALSHOCK 4対応】
C2NtoMTn-1.jpg

他社のAndroidスマホでもPS4コントローラーは接続して使えるので、Xperiaだけの独自機能ではありません。
ペアリング方法が画像付きで見れるだけ、久しぶりでも接続方法でど忘れせずできるぐらいでしょうか。


Xperia1ⅱは間違いなく名機、指紋センサーだけが課題


XperiaZ3で一度は見限ったソニー信者ですが、やはり発表会で感じ取った感性は正しかったようで、Xperia1ⅱは少なくとも近年では最も優れた機種で、間違いなく歴代シリーズでも、ark、Z3と並ぶ名機だと感じられたので嬉しい。

特にカメラサイズについては、P40Proのアレは非常に悪く、今後いくらカメラ性能がアップしても、あのサイズでは使いたくないと思ったぐらいなので、Xperiaは何としても今のカメラデザインのまま性能を高めていってほしいところ。
形状も板状のフラットは好みとは言えないのだけど、arkのような尖ったデザインを求めるには酷かもしれないので、今の路線を貫いて、二度とXZ2/3みたいな一つ目出べそデザインに戻らなければいいかな。

次のXperia1ⅲに求めるのは唯一つ、指紋認証センサーを廃止し液晶内蔵センサーに切り替えることだけ。(勿論感度も重要)
どうしても指紋認証を外せないのなら、せめて顔認証と併用できるようにすること。
これだけ達成すれば、Xperia1シリーズ一つの完成形として真の名機となるはず。

最後に手持ち3機種のジャンル別個人評価は
【デザインの美しさ】
Xperia>>GalaxyNote10>>>>>>>P40Pro
【実用性】
GalaxyNote10>>Xperia>P40Pro
【エンタメ】
Xperia>>>GalaxyNote10>P40Pro
【カメラ】
P40Pro>Xperia>>GalaxyNote10
【指紋認証感度】
P40Pro>>>GalaxyNote10>>Xperia1ⅱ
【バッテリー】
P40Pro>Xperia>>GalaxyNote10

<関連記事>
【Z3以来】au版Xperia1ⅱを回線契約せず端末のみ購入|楽天LINKも認証できて楽天モバイルの動作は問題なし
P40Proレビュー|Mate30Proから大幅な進化感じず、むしろデザイン劣化で愛着がもてない

[ 2020/05/31 15:00 ] Xperia1ⅱ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/3187-9bc86767