アプリデータをPCで保存する必要なし「購入済み」機能を上手に使おう

iPhoneやiPadを長く使い続けているとアプリが増え、同期するにつれPCの空き容量がどんどん無くなっていきますが、
APPSTOREにある「購入済み」機能を使えばアプリデータをPCに保存する必要がなく、いつでもiPhone・iPadから直にアプリを再ダウンロードすることができます。

IMG_1536.jpgIMG_1537.jpg

iPhoneのAPPSTOREを開き<アップデート>→<購入済み>をタッチすると、これまで購入した全アプリが確認できます。
再ダウンロードしたい場合は雲アイコンをタッチすると即座にiPhone内にインストールできます。
また沢山購入すると古いものが下のほうで探せない場合は、上部の検索窓からアプリタイトルの一部を検索してやると抽出されます。


IMG_0052d.jpgIMG_0053d.jpg

iPadの場合は更に見やすくなっていて、タブから「iPhone用」「iPad用」タイトルが分けて確認できる他、今までに購入したアプリ数も表示されています。

この機能でPCに基本アプリデータを残す必要はありませんが注意点があります。
再ダウンロードできるのはメーカーがストアで配信していることが条件で、もし何らかの理由で配信停止になったアプリは
購入していても再ダウンロードができなくなるので注意が必要です。

2011y07m04d_211506802.jpgIMG_1538.jpg

例えば一時期パチ物ゲームとして無料配信されていた「東方綺麗夜」というアプリは現在配信停止になっていて、検索をかけても画像のように見つかりません。

大抵のアプリは配信停止になることはありませんが、高価なアプリや気にったアプリは同期しておいてPC側にもアプリデータを残しておいたほうが良いでしょう。




[ 2011/07/04 21:19 ] iPhone (基本操作) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/323-40e5b2d6