毎日一つ無料セールが行われる「Amazon Appstore」の登録・使い方

米国のAmazonでAndroidアプリがダウンロードできるサービス「Amazon Appstore」が開始されています。
このサービスの目玉は、1つの有料アプリが無料になるという日替わり無料セールが現在実施されています。

もちろん日本のAmazonではこのようなサービスはなく米国Amazonのアカウントを習得しないとダウンロードできません。
しかし多少入力箇所は多いですが、適当なメールアドレスさえ一つあれば、あとはクレジットカードの登録は必要なく簡単にアカウント作成できます。

※実際はクレジット入力箇所はありますが、実物の番号を入力する必要はなく、クレジット会社が用意しているサンプル番号で登録できるので安心して行えます。
但し有料アプリ及び商品購入する場合は実際のクレジットカードと住所の入力をしてください。

今回は米国Amazonアカウント作成からAmazon Appstoreを使用して無料ダウンロードするまでの方法を紹介します。

2011y10m22d_172332068.jpg

ダウンロード先:Amazon Appstore for Android

※このアプリはAndroidマーケットで配信されていないので、Amazonから直接ダウンロードします。
インストール方法などはこの後の手順で説明します。




【ステップ1:米国Amazonアカウントの習得】

まず予めアカウントで使用してよいメールアドレスを1つ用意してください。
yahooやgmailなど何でもいいですが、日本Amazonで使用しているメールアドレスだけは避けてください。

Amazon.com
上記のリンク先から米国Amazonに入ります。

2011y10m22d_164834680.jpg

サイト右上のほうにある<Hello Sign in>タブを押して<New customer? Start here>をクリックして新規アカウントページに進みます。


2011y10m22d_164903156.jpg

アカウントIDに使用するメールを入力して、<No.I am~>にチェックを入れて<Sign in~>をクリックします。


2011y10m22d_165043390.jpg

このようにもう一度入力します。
nameは本名ではなく適当なニックネームでOK(英字で) MY mobile phoneの項目は入力しなくてOK
あとはパスワードを設定してください。
最後に<Create account>をクリックして確定させます。

次のページでWelcome+ニックネームが表示されていればアカウントの作成ができました。





【ステップ2:クレジットカード及び住所の設定】

次にクレジットカードと住所を設定する必要がありますが、これらは全て実際の物を使用せずダミーのもので登録します。
もちろん違法性はなく、AppstoreやPSSTOREなど海外ストアのアカウント作成に利用されている方法なので安心です。

※今回はあくまで無料アプリのダウンロードをするためダミー登録していますが、有料アプリや商品を購入する場合は必ず正しい住所とクレジットカードの登録をしてください。

2011y10m22d_165158960.jpg

Amazonのトップページに戻ると右上に<Hello ニックネーム>で表示されていてログイン状態であることがわかります。
次は<Your Account>をクリックします。


2011y10m22d_165231536.jpg

アカウントページが開きますが上から2番目のPayment項目の<Add a Credit or Debit Card>をクリック。
次のページではダミー用の住所とクレジットカード入力をします。

ダミー住所の作成:Fake Name Generator
サンプルクレジット番号:Test Credit Card Account Numbers

作成に当たっては上記のサイトを利用します。
ダミー住所については国を「アメリカ合衆国」にして<生成>を押すたびに適当なユーザー名が作成されます。
サンプルクレジットについてはどれを使用してもかまいません。

次に入力箇所を一つ一つ説明すると長くなるので、画像を開いてもらって同色で囲んでいる部分をそのまま入力してください。
画像の住所は登録しているので、自分で作成したダミー住所で行なってください。
Credit or~の部分はサンプルクレジット番号を入力します。
Make this~は一応チェックを入れました(入れなくてもいいのかも)

ダミー住所を作成したもの
2011y10m22d_165436779.jpg

Amazonでの入力画面
2011y10m22d_170207440.jpg

最後に<Use this address>を押して確定させます。


2011y10m22d_170259888.jpg

このような画面になればamazon側での登録は全て終了です。





【ステップ3:Amazon Appstore for Androidのインストール】

記事の最初に作成したアプリ配布ページからアプリをダウンロードします。
Android端末から開くと直接SDカードに入ると思いますが、PCでダウンロードした場合はファイルを端末のSDカードにいれます。(フォルダはどこでもOK)

20111022081027.jpg20111022081106.jpg

端末でSDカード内を見ると.apkファイルが入っているのでタッチして<インストール>からアプリを入れます。
Androidマーケット以外から入手したアプリについては、本体設定の<アプリケーション>-<提供元不明のアプリ>にチェックを入れないとインストールできません。


20111022081143.jpg

アプリを起動してステップ1で登録したアカウントとパスワードを入力してログインします。


20111022081240.jpg

amazon app storeに入ることができました。
トップページの中央目立つところにその日の日替わり無料セールが表示されているので<FREE>をタッチしてインストール画面に進みます。


20111022081258.jpg

なお一番最初だけインストールが開始されずこのような画面になります。
<1-click settings>部分をタッチするとブラウザが開くの改めて登録の確認をする必要があります。


20111022081332.jpg20111022081454.jpg
20111022081528.jpg20111022081549.jpg

最初の画面ではもう一度ステップ1のIDとパスワードを入力してログインします。
次の画面では<Use this~>をタッチ
その後の2画面も変更する箇所はなく<Continue>をタッチ。


20111022081604.jpg

この画面では<1 Click settings>項目の枠内にステップ2ダミー住所作成で表示された電話番号をハイフンなしで入力します。
そのあと<Tune 1-Click ON>をタッチします。

この後特に画面が切り替わりませんが設定は完了していますのでブラウザを終了して再度Amazon Appstoreアプリを起動します。


20111022081944.jpg

もう一度ダウンロードを試みると、メッセージは表示されずダウンロードが開始されました。
ダウンロード完了後に<アプリケーション選択>ウインドウが開くので<パッケージインスーラ>からアプリをインストールします。


20111022082059.jpg20111022082126.jpg

アプリ一覧画面にアイコンが表示されダウンロードできました。
アプリも起動できます。(日本向けのアプリは少なそうなのであまり使えるアプリはないかもしれません)


以上が「Amazon Appstore」の登録・使い方の紹介になります。
今回は複雑な登録方法になりますので一応自己責任という形で行なってください。




[ 2011/10/22 18:31 ] Android(アプリ) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/399-1c694396