【株】STREAM口座から完全撤収、再びSBI証券口座一本へ

0922.png

先週末引成持ち越しした、がっちりマンデー作戦のライフコーポは、祝日挟み日経先物も弱かったが、始値は15円高く寄り付き微益でも勝利。
銀行株下がれと念じるも一向に下がら無いが、クロス売してる優待系は軒並み下がっているので、ここ数週間は銀行が圧倒的に強く、自動車もソコソコ強いと言った感じで、買われるセクターがハッキリ分かれている。

保有はIPOで当選した6228ジェイイーティー100株のみ。(NISA枠で受け取った)
補欠当選報告が多かったので、繰上当選されると公募割れの危険性があったが、補欠での繰上当選報告は見かけないので、少なくとも初値は公募価格以上となりそう。
値幅が10円刻みになる5000円が初値意識されそうだけど、寄った後上下どちらに動くかは何とも言えない。
これまで3回のIPO当選はいずれも公募価格より初値が高く寄り付いたので、即売り判断しやすかったが、今回はセカンダリー色の強いIPOなので売却判断が難しい。

優待クロスは16銘柄に加え、週末注文でモスフード、いなげや、平和、神奈川中央、GSI、イエローハットを確保済み。
あとは当日昼休みの在庫復活早押し勝負にかける。(今年こそカッパ取りたい)
制度は早稲田アカデミーを忘れずに取る。
まんだらけは逆日歩発生確率高いので、現物裸単騎で100株持ち越すつもり。


stream1.png

1年ほど売買で使ってきた、完全手数料無料のSTREAM証券口座から全て現金出金し完全撤退。
10月からは売買手数料無料になる、SBI証券口座のみで全て運用できるので、優待時期に合わせて資金移動を意識しなくてすむ。

STREAM口座との相性は良く
昨年は+426,116円
今年は+123,390円

現物手数料無料なので、この1年売買手法が結構変わり、一度に売り買いせず小刻みに利確損切りできるようになったので、守りに強い投資法ができた。
その反面、握力が非常に弱くなったので、少しの上下でアッサリ手放してしまうことが増えたので、以前のような6桁利確が殆どできなくなり、大勝ちする爆発力が一気に衰えてしまった。

今年は特にそういう傾向が強く、何も弄らず東京きらぼし銀行をずっと持ち続けていれば、昨年並の利益が出ている株価に上昇してるので、セコい投資法に成り下がってしまったと感じる。

[ 2023/09/24 08:22 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/4026-c3c37103