トミカリミテッドヴィンテージNEOを収集することに決めた

トミカ収集を開始する前に、ここ数週間トミカのことを色々調べた結果、トミカにも色々シリーズがあるようで、1990年以前の車のラインナップが多く、1台3000円~程度の大人向けの「トミカリミテッドヴィンテージNEO」と「トミカリミテッドヴィンテージ(昭和30年代車」を集めることにした。

このシリーズに決めた理由は


【箱がレトロ、サイズは1/64スケールで良い】

tomika.png

スーパーなどで売られている普通のトミカは、実物がパッケージに載っていて子供向けだけど、これはレトロっぽい絵で描かれているので、箱と実物両方を見て楽しめそう。
イオンやJoshinなどでは通常トミカとトミカプレミアムしか見かけないのだが、これは専門店やヨドバシぐらいの大店舗しか取り扱ってないのかも。

そして車のサイズはすべて1/64スケールで統一されている。(なのでトラックなどは少し大きい)
去年初めてミニカー収集を思い立ち、オートアートの1/18スケールミニカーを買ったものの、精巧だけど想像以上にサイズが大きく、置き場所に困ってしまったので、3台購入したところで価格も高く収集をやめてしまったが、このサイズ感なら数十台ぐらい買っても収納に困らないので◎


【まんだらけの買取価格データが多い】

まんだらけ買取検索では、「トミカ」と入力すると2071件見つかり、内「トミカリミテッドヴィンテージNEO」は518件で最も多い。

定価の何倍もするプレミアはそんなに無いけど、5年~10年ほど前に発売された車種でも定価近辺での買取価格が多く、手放すときでもある程度回収しやすいのは良い。

子供向けトミカは初回限定仕様を除き、通常版は数年以上に渡って廃盤になるまで店頭に並ぶので、レアになりにくいが、ヴィンテージNEOはヨドバシネットでも現在予約・在庫品合わせて80台しか購入できないので、廃盤が早く今から収集を始めても、それなりに今後レア化する車を買える可能性がありそう。


【1ヶ月に新車は4~5台発売】

今後の新商品一覧にはすでに24年5月までのラインナップが決まっていて、大体1ヶ月に4~5台新発売されてる。
価格が乗用車なら3000円台、バスなど大型車は1~2万円ほどするが、好みの車種を絞った収集なら、毎月1~2台買っても散財せず収集できそう。

LV-N137c トヨタ クレスタ スーパールーセント ツインカム24(ベージュ)86年式
この車は好きなので買いたい。
定価は3300円だが、Joshinでは2475円(5%還元)で予約受け付けしてるので、実際の販売価格は更にお手頃価格で買えるし、クーポンなど駆使してある程度まとめて予約したほうが購入単価下げられてよさそう。


【通常トミカは気に入ったものだけ買う】

先日、手探りでジョーシン・エディオン限定販売トミカが少し価値高いことがわかって、コペンと光岡ロックスターを購入してみたが、このシリーズは自分向きじゃ無いことがわかったので、今後はよほど気に入った車じゃ無い限りは買わないことにした。

[ 2023/12/07 15:13 ] ミニカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/4089-d2719ba9