【株】12月優待に向けて資金温存、年間収支はプラスでフィニッシュ濃厚

sbi1215.png

今週はユタカ技研など、株1GP相乗り銘柄を全て損切り。今年はAVILEN除き失敗だった。
優待クロスは、初日のすかいらーくに続き、今週木曜日にGMOでロイヤルを確保し、金曜にOATを確保。
12月は金利コストが嵩むので、来週木曜日まで引き付けてから注文を出したい。
SBIは今年に入って在庫を小出しにしている傾向があり、マクドも早々品切れになったが、これは当日在庫復活で容易なので問題なし。
東京都競馬の優待価値が高いので、優待通はそれを狙う。

物語コーポは今週末のがちマン放送持ち越し作戦。
有名な焼肉チェーン店で新鮮味はあまりないので100株のお遊び。
12月優待銘柄でもあり、どのみちクロスとなるので、週明け5円でも高く寄り付けば儲けもの。


SBI側は優待クロスによって売買損失となっているので、ニッピは現物クロスをして益出しをした。
本来は信用買いクロス後現引をして益出しをするのだけど、僅かでも金利かかるの嫌なので、手数料が無料になったことだし、面倒でも現物同士のクロスを数日に渡って行い益出しをする。
(特定口座の仕様上、現物クロス益出しは取得単価の平均化される)

NIPI.png

ニッピは四季報発売までヨコヨコキープと予想していたが、ここまで正にその通りの動きで、丁度25日線の乖離が無くなった状態で、月曜日の発売を迎える。
ここで注目され先回り買いされると見ているが無反応の場合は、3Q決算まで更にヨコヨコの可能性あり。
とはいえ株価6000円タッチの予想は微動だに変えず、ここまでブレない自信銘柄は久々。

MANDA_2023121522485110d.png

それよりも、今更まんだらけが高値更新していて悲しい。
4月頭に買い出した時の業績予想は、現在までほぼ当たっていたわけで、結局今思えば週足の乖離を抑えるために、夏~秋にかけてチャート職人が相場をつくっていたのかなぁ。
ニッピの今のチャートも週足は乖離が広がってるので、同じような動きをされると厄介だが、ニッピの場合配当性向30%確約されてる点が心強いが。

一先ず今年の売買もほぼ終了で、トータルでは何とか10万円弱はプラスでフィニッシュできそうな気配。

[ 2023/12/15 23:07 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/4097-7c630d4d