現在使ってる用途別クレカ・電子マネーの組み合わせ

外為どっとコムカード 還元率2%(1年間3%)】

外為どっとコムカードの還元仕様がハッキリせず不正検知感度が高すぎる点がネック

昨年8月末に登場した、基本還元率2%(発行から1年間は3%還元)の高還元クレカで、日常の買い物などなど基本全てこれで決済。
還元の仕組みは恐らく月間合計額から3%だと思うのだけど、これまでピッタリ3%だったことは無く、2.5%~2.9%ぐらいの還元になっていてイマイチ仕様がハッキリしない。
また、発行して2ヶ月ぐらいはチャージやECサイトでのPOSAギフト購入で不正検知がすぐ発動して、その都度電話解除していたが、引き落とし実績がついたおかげか、現在は全く不正検知されず使えている。

Twitter勢がさほど宣伝しないお陰で当面改悪の心配も無く、特殊な還元ポイントの使い道の意味さえわかっていたら、現時点で最強のクレカ。


ANA Payトヨタウォレット経由決済】

クレカ → ANA Pay → トヨタウォレットのチャージ経由で、総還元2.5%~となる黄金の組み合わせ。
ANA Payチャージの対象外クレカは少ないので色々使えるが、
TカードPrime 1%還元(日曜だと1.5%還元)で、総還元2.5%~3%にできるのでほぼこれ一択。
(外為どっとこむカードはノーコメント)

三井住友ゴールドNLはANA Pay対象外だが、Kyash → ANA Payと挟むことによって可能。
また、iPhoneを保有してる場合だと
三井住友金やエポス金 → au PAY(Apple Pay) → ANA Pay → トヨタウォレット
でいけるはず。
ただ年間利用100万円使用しないと1.5%還元スタートとならないので難しい。

トヨタウォレットのバーチャルカードかiD決済で出口となるが、
トヨタウォレット → モバイルICOCA(Suicaも)
トヨタウォレット → 楽天Edy → 楽天キャッシュ
も可能。

なおクレカチャージ対応が予定されてる、JAL Payは24年1月現在もまだ未対応。
対応すればANA Payと同様に使えるはず。


【Apple Pay利用したau PAY → nanaco または WAON経由決済】

Androidは不可で、iPhone必須となるが、Apple Payを経由を利用して限定した用途で使っている

クレカ(エポスか三井住友) → au PAY → Apple Pay nanaco
コンビニで国保の税金支払いする際、少しでも還元を受けたいので、この方法で払っている。
年金は楽天ペイのコード決済ができるのでそれで。
※住んでいる市によって税金のコード決済対応は異なる

クレカ(エポスか三井住友) → au PAY → Apple Pay WAON → ミニストップで楽天キャッシュ購入
最近はあまり買いに行かなくなったけど、ミニストップはPOSA購入をWAONですると1%還元となるので、クレカ分と合わせて2重取り可能。


イオンカードオーナーズカード使用しキャンペーン併用】

イオンの買い物では、特定日に開催されるキャンペーン日にカード併用して使っている。
狙うキャンペーンは主に3つで、

20日・30日イオンお客様感謝デー5%OFF
毎月5日WAON POINT支払いで10%還元
・直営売場でイオンカード支払いで10%還元(連休で実施しやすい不定期開催)

お客様感謝デーとイオンカード支払いキャンペーン、普通の買い物なら別にどっちの日でも一緒だが、ある物を購入する際は、イオンカード支払い10%キャンペーン時を狙う必要がある。
そして溜まったポイントは毎月5日のキャンペーンで使う。
株主オーナーズカードもどれが対象商品になるのか、しっかり記載を読めばあとから返金してもらえる。


以上4つが用途別に使ってる方法。
外為どっとコムカードが登場する前は、トヨタウォレット経由決済が多く、チャージが大変だったけど、今はとりあえず外での買い物は外為でいいかとなるので楽になった。

[ 2024/01/08 11:46 ] マネー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/4113-bf2f4e87