【株】森下仁丹謎のカチ上げ、PBR1倍割れ解消推進ETF

SBI0115.png

いつもは閑散で板がスカスカの森下仁丹が、寄り付き前から謎の大口成行買いがあり特買いスタート。
よくある寄り天かと思いきや、158円高の2389円で寄り付いた後も、節目に2000~5000株の普段見られない大きな買い指値が湧き出て、終始強い動きで一時2500円まで上昇し終値2430円で引けた。
掲示板でも特に材料が出ている様子でも無く、急騰した理由がわからないが、決算発表日並の出来高を伴っているので、何かしら好材料が漏れてる可能性もありそう。


東証がPBR対策企業を一覧で公表するという材料があり、それが理由で今日はスタンダード銘柄も比較的強かった。
ザラ場で低PBRで良い銘柄ないか探したものの結局見つからず、PBR銘柄全体を投資できるものが無いか探すと、「2080 PBR1倍割れ解消推進ETF」というのがあり、チャートも良好だったので1000株購入した。

K0125 (2)

大きく値動きするETFでも無いし流動性も高いので、ローリスク・ローリターン系。

「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応」に関する開示企業一覧表の公表について

引け後に発表されたのは、PBR対策を「開示済み」と「検討中」を分けただけの一覧。
どちらが評価されるのかわからないが、検討中や入ってない企業の方が今後是正開示思惑があるので、値上がり妙味はそっちを狙ったほうがいいのかもしれない。

テイツーの3Q決算があったが、営業利益が直近3年間の中では最も悪く、月次からは予測しにくいところなので、かなりの悪材料。
今期は1Qで早々通期上方修正を出しておきながら、下期急減速で未達懸念はかなり心象が悪い。
これが2Qだったら相当売り込まれるが、この時期は今期数字は織り込んでるし、配当取りもあるのでこれで悪材料出尽くし可能性は極僅かにある。
2月はニンテンドーダイレクトが行われるはずで、そこで大型タイトルの情報が出てくればテイツーにもプラスとなる。
※マリオカートは2017年を最後に新作が出ていない(19年のスマホ版除く)ので今年辺りそろそろ

[ 2024/01/15 22:28 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/4118-83b267be