【株】ニッピ&仁丹利確、しばし優待クロスに専念

SBI0208.pngSBI0208A.png

ニッピ
→勝負のニッピ決算は、上方修正は7割ぐらい期待していたが、3Qは1Q並の利益水準となり、悪くは無いが通期は予想通り、若しくは若干上振れ程度での着地確率が高くなった。
そして株主優待変更があり、ニッピコラーゲン×3個→ニッピが厳選する自社製品となった。
当日期待上げしたこともあり、これは被弾確定を意識し、普通口座用の400株は成売注文を出しておき、少しでも狼狽売り軽減すべくヤフー掲示板に来期以降配当性向30%の買い煽り投稿した。
当日の寄りは、成売が湧いて一瞬スト安気配も見せたが、寄り付きは6050円で初値が付き、頭はくれてやれ利確となった。
NISA100株は恩株として残しておき今後は、今期ほどの利益改善は来期望めず、現状維持での配当性向30%頼りの計算となるので、利回り3.3%程度を基準として、それ以上は高値水準、それ以下は割安水準で見たい。
来期は配当200円と予想してるので、株価6000円をニュートラルポジションとし、それ以下は買いゾーンとする。

3月優待取りが終わるまでは100株維持にしておきたいけど、5500円以下は相当な割安となるので、もしここまで下がったら買い直したい。


森下仁丹
→場中決算で、上方修正は無いが通期進捗は3Qでほぼ達成しており、昨年同様本決算辺りで再上方修正があると思われる。
相変わらず乱高下するが、キッチリ日足25日線で下げ止まっていて、クセが強いけどチャートは秩序通りに動いている。
優待商品はイマイチであまり欲しくないので、ひとまず2440円でNISA100株は利確した。
75日線の2250円付近に長期指値を出しておき、引っかかったらラッキーぐらいで待つ。

石塚硝子
→結局25日線まで戻してほぼ全モ。
株主還元見直し思惑買いより、すでに還元策が発表されて利回りが高くなった銘柄中心に買われているので、割安指標でも中々安定しない。
不採算事業は撤収して、利益を出しやすい環境に生まれ変わってるし、円高になってもマイナスとはならないので、来期更に期待できるのはニッピより石塚なので、爆発力を秘めてるのはこっち。
4月決算時に十中八九発表される、中期経営計画で還元策が出ることを祈るばかり。
3月15日が優待権利日となるので、直前で優待貰える100株に一旦減らすかもしれない。

テイツー
→動き無しで一旦2000株はクロスしてNISA枠に振り替えた。クロスせず優待取りする。
1月の月次も不調で、1Qで発表した通期上方修正未達濃厚で、やっぱり下方修正するというみっともない発表になりそう。
まぁ配当4円減配しなければ、もう今期の通期数字にさほど意味は無く来期次第。
Switch2と今後売れそうな新作ソフトが発表されるかどうか。
ただSwitch2の8インチ大型化は、3DS LLみたいな感じで次世代機じゃなければ期待外れとなりそう。
ポケカは世代じゃ無いので、売れてるのかどうかさっぱりわからない。

藤商事
→今日の運試し100株決算跨ぎ。
3Qで通期予想を超過してるが、上方修正は無し。
とは言え、2Qの時点では進捗51%程度で、3Qで一気に伸びたので見栄えはよい。
スマスロ系なので、この数字でも出尽くしの可能性もあり当日までわからない。

2月優待クロスは16日権利分が、西松屋、平和堂、瑞光
月末分はクリレス、イオン北海道、薬王堂を獲得。
あとは在庫を意識しつつ、22日までにほぼゲットし、残るは当日在庫復活狙いで。

[ 2024/02/08 16:26 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/4139-35f0a4e7