ついに無料通話サービスが開始になった「カカオトーク」使い方

メッセンジャーアプリとしてはLINEよりも1年早く登場していた「カカオトーク」が
1月31日のアップデートでついに無料通話サービス機能が加わりLINEと同じ土俵に上がりました。

現時点ではAndroidアプリのみの対応ですが、今後iOSアプリも同様の機能が追加されるようなので、AndroidとiPhone端末で通話が可能になります。

今回は登録までの流れを紹介します。


2012y02m03d_211734790.jpg

Android版:カカオトーク (Androidマーケット)
iOS版:カカオトーク KakaoTalk カカオトーク KakaoTalk - Kakao Corp.
ジャンル:通信
現在のVER:2.8.0(Android版)
価格:無料




FZ66.jpg

初回起動すると認証の為、携帯番号入力が必要です。
すでに入力済みとなっているので「次へ」で進みます。


FZ67.jpg

次に認証番号の入力になりますが、この認証番号がSMSメッセージとして受信されるので、そこから4桁の数字が確認できます。
※ARROWS ZではSMSメッセージがCメールとして届かなかったので以下の「ボイスコール認証番号要請」で確認しました。


FZ68.jpg

もしSMSメッセージが届かなければ「ボイスコール認証番号要請」をします。
ボイスコールはもちろん料金がかかることはなく、自動音声で番号をお知らせしてくれます。


FZ69.jpg

要請して数秒後に通話がかかってきます。
1回しか要請できないようなので聞き漏らしがないようにしましょう。


FZ70.jpg

前の画面で認証番号を入力して通過したら利用規約画面。
料金が発生することはないのでチェックを入れて「同意」


FZ71.jpg

次に名前入力。 これは通話で使うIDではなく連絡先に表示される名前なのでわかりやすく本名やニックネームがいいでしょう。


fz72.jpg

ホーム画面に入れるので、まずは「設定」タブから「マイプロフィール」を作ります。


fz73.jpg

「ID作成」からカカオトークで通話するためのIDを作成します。
これは一度決めたら変更できないので慎重に決めます。

このIDを通話したい人に教えて双方が登録すれば無料通話が可能な状態になります。
親しい人だけで使用したい場合は「ID検索許可」のチェックを外します。
そうするとID検索から見ず知らずの人に申請される心配がなくなります。


fz74.jpg

「オススメ」タブを開き「もっと見る」をタッチすると、カカオトーク公式のカカともが追加できます。
とりあえず練習としてカカともに追加してみましょう。


fz75.jpg

連絡帳にあたる「カカとも」ページでこのように追加されます。
もし削除したい場合は、削除する人の欄を長押しして「ブロック」を選択すれば削除できます。


fz77.jpg

カカともに追加した人を選ぶと「1:1トーク」項目が表示されます。
公式カカともでは通話ではなくお知らせチャットのような感じでメッセージが表示されます。
まだ開始されたばかりなのでメッセージが1つしかありません。

まだ試していませんが「1:1トーク」から無料通話ができるはずです。



以上がカカオトークの紹介になります。
今後はLINEと並ぶ無料通話アプリの定番となりそう。LINEのベッキーCMに対抗して芸能人を使用したCMがあると一気にユーザー数が増えそうです。
SkypeやViberのような無機質なものと違いオシャレ感があるのがいいですね。


[ 2012/02/03 22:10 ] Android(アプリ) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/459-a7530b3b