新型iPad対応 無料のコミックビューワー「MagicReader」使い方

新型iPadのRetinaディプレイに対応した無料のコミックビューワ「MagicReader」
手を使わずに顔の動きでページが捲れるということで何やらすごいと騒がれているようですが・・・

とりあえず使い方の方法を記載しました。
オススメかどうかは記事を読んでいただければわかります。

2012y04m03d_202014678.jpg

iPad専用アプリ:MagicReader  MagicReader - GimmiQ
ジャンル:ブック
配信日:2012年4月2日
価格:無料
その他:日本語対応

【1:アプリに自炊ファイルを入れる】

2012y04m03d_201051428.jpg

iPadをPCにUSB接続しiTunesを起動
デバイス-APP-MagicReaderを選択し右側の書類枠へZIPファイルをドラッグ&ドロップで入れる。
※pdfファイル、zipファイルで固めた画像に対応しています。


【2:アプリ起動】

※私の端末では起動時、垂れ幕画面で固まる→強制終了が4~5回ありましたが、何度も起動を繰り返しているうちに正常起動しました。
ファイルの容量が大きいと発生しやすいです。

IMG_0225.jpg

起動すると画面がこんな感じ。
アプリはシンプルでこのトップページだけで、フォルダ管理などのページはありません。
上が表紙のサムネイルになっていて、下に各ページのサムネイルになっています。

しかし元画像データが直に入っているにも関わらずサムネイルの読み込みが非常に長く、ずっと白ページのままになっていてイライラします。


IMG_0226_20120403203954.jpgIMG_0228_20120403203958.jpg

Reatina対応ということで画質だけは綺麗です。
画面中央をタップする度にページごとのサムネイルが表示されます。
また初期設定では右開きになっているので、マンガなどを見る場合は右下の設定から左開きに変更します。
設定も開く方向だけでフォントや文字の大きさ変更などは一切ありません。

IMG_0227_20120403204223.jpg
そして読んでいても度々発生するこの読み込み中表示。
数ページしか事前に読み込んでいないらしく、少しでもページを送ると真っ白表示です。
ハッキリいってまともに読めません・・・


機能がシンプルなので使い方はこれだけ。他になにも設定する箇所がありません。
巷では手を使わず顔の動きでページが捲れるという部分がクローズアップされて、すごいすごいと騒がれているようですが、肝心の画面表示がこの有様では使い物になりません。

当ブログではコミックビューワは「i文庫」推奨。 安くで済ませたいなら「ComicGlass」を使用することをオススメ。


※追記※メーカーさんから読み込み中についての情報ツイートをもらいましたので記載しておきます。

『正直なご意見ありがとうございます!MagicReaderは裏で画像を読み込んでからが早くなるので、最初は遅いのです(><) 一度読み込むと爆速になります!最初から素早く読めるように今後のアップデートで対応する予定です!!今はスロースターターで申し訳ないです。』


アップデートで改善されるなら期待ができそうです。
あとはオンラインストレージサービスとの連携やアプリ内からのフォルダ管理もできるようになれば、価格差でi文庫といい勝負になるのではないでしょうか。


【コミックビューワ関連記事】
2011y02m26d_003322833_20110226015646.jpgiPhone 進化したブックリーダー「i文庫S」の使い方
2011y02m15d_223940159.jpgiPad版 i文庫HDの簡単な使い方
2011y02m15d_222935774.jpg高解像度表示に対応「ComicGlass」の紹介
2011y02m15d_223105528.jpgiPhoneでコミックが見れるアプリ「iComic」の使い方紹介
2011y05m24d_212239153_20110524221313.jpgAndroidコミックビューワーの決定版「Perfect Viewer」の簡単な使い方

[ 2012/04/03 20:55 ] iPadアプリ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://app-roid.com/tb.php/506-8a4e8d5f